なぜケイシー・マスグレイヴスはグラミー最優秀アルバム賞を受賞したのか?2つの理由

2月11日発表された2019年(第61回)グラミー賞。
主要4部門の受賞者は以下となりました。

<最優秀新人賞>
デュア・リパ。デュア・リパ(23歳)はイギリスの女性シンガー・ソングライター。

<最優秀レコード賞(レコード制作に関わった人に贈られる賞)>
チャイルディッシュ・ガンビーノ「ディス・イズ・アメリカ」

<最優秀楽曲賞(作詞作曲家に贈られる賞)>
チャイルディッシュ・ガンビーノ「ディス・イズ・アメリカ」。作家のルドウィグ・ゴランソンとドナルド・グローヴァー(チャイルディッシュ・ガンビーノの本名)が受賞した。

<最優秀アルバム賞>
ケイシー・マスグレイヴス「ゴールデン・アワー」

NYタイムスから動画を拝借。まとめ記事は会員じゃないと読めないかも。↓↓↓

https://www.nytimes.com/2019/02/10/arts/music/grammy-awards.html?module=inline

▼広告▼


個人的な予想は以下でした。ぜんぶハズレ(笑)。
・新人賞⇒グレタ・ヴァン・フリート
・レコード賞と楽曲賞⇒ドレイクのゴッズプラン
・アルバムオブジイヤー⇒ジャネール・モネイか、ブラックパンサー

デュア・リパの16億回再生、2017年のヒット曲。とはいえ楽曲に魅力はない(笑)

ガンビーノの2冠ソング、ディスイズアメリカ♪ アメリカの銃社会を皮肉った歌。セールスだけ意識するとドレイクの圧勝なんですが。一瞬ビルボードの1位になったようです。

びっくりしたのが最優秀アルバム賞。今回のトピック。個人的には一番リスペクトしてる賞です。30歳のほぼ無名の女性カントリー歌手が受賞するとは思ってもなかった。wikiによると受賞アルバムは2019年1月時点で14万枚ほどしか売れてない。ビルボード4位になった時点ではわずか実売3.9万枚(ストリーミングを加算しても4.9万枚)。なぜケイシー・マスグレイヴスは歴史あるアルバムオブジイヤーを受賞したのか?

さっそく受賞アルバムを2回通してアンリミテッドで聴いてみました。声はいいのですが楽曲に光るものはなかった。歌詞は吟味してないのでよくわかりません。本人曰く親日家でジブリ作品を見て育ったそう。2018年に初来日。「日本に行くのが夢だった」と。それはそれで日本人としてはうれしいのですが。アルバムの1曲目。初来日のときのライブから。

ここまで貼ったアマゾンはアマゾンミュージックアンリミテッド会員はクリック即聴けます。

グラミー投票権を持つ会員は、カントリーファンが多い

サブスク(ストリーミング)時代になって、セールスで音楽を評価できなくなった。グラミー賞の投票権を持つのは、全米レコード芸術科学アカデミー(NARAS)約1万3000人の会員です。年齢層が高くてカントリーブロックが最大票田だそう。だからグラミー主要4部門のロック系はいつもカントリーロックやフォークロックになる(少なくとも過去10年はそう)。ボンイヴェール、ザックブラウン、マムフォードなど。

白人マイノリティ化への危機感と、音楽業界主流派のノスタルジー

60年代アメリカの音楽は商業面でUKにやられます。世にいう第一次ブリティッシュインベージョン。70年代になってSSWとカントリーロックが、商業音楽の主流をアメリカに取り戻す。デヴィッド・ゲフィンやアーヴィン・エイゾフがマネジメントの中心になった。

エイゾフなんかちょっと前まで、世界最大の音楽企業(18年3月期売上約1兆円=103億ドル)ライブネイション会長で音楽業界影響力世界一位だった。経歴や交友関係から単純にカントリーロックやSSWが好きな人といえる。そこを否定したらエイゾフの人生の否定になる。

昨今白人マイノリティ化の危機もあります。白人の危機感や、商業音楽主流派の古き良き時代へのノスタルジーが、白人系音楽=カントリーロックを必要以上に推してるかなあなんて思ってます。それにしても今回のグラミーは世間とズレすぎた。

(関連記事)

【音楽業界の動向とカラクリがよくわかる本/大川正義/17年12月初版】
https://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2018-04-07

【誰が音楽をタダにした?/スティーブン・ウィット/16年9月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2017-04-18

【グリン・ジョンズ/サウンド・マン】要約読書メモ
https://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2016-07-02

トラップ(音楽)とは?【USヒップホップの現在】要約まとめ
https://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2017-08-29

▼広告▼


シェアする

フォローする

『なぜケイシー・マスグレイヴスはグラミー最優秀アルバム賞を受賞したのか?2つの理由』へのコメント

  1. 名前:しろくま 投稿日:2019/02/15(金) 12:27:36 ID:350fee2d9

    donさん、こんにちは^^

    白人マイノリティー化への危惧、たしかにあると思います。
    ヒスパニックは以前は出産支援金?!だかがあってアメリカでも
    5人子どもがいる、みたいなヒスパニックすごく多いなと思ってました~

    自分のことになりますが、ちょっとブログには割くエネルギーが
    なくなりまして、ブログは辞めることにします。

    思えばアメリカで書いていたとき、あれが一番ブログ人生では
    楽しい時期で、獏さんがいなくなり、ずっと喪失感もあって。
    まぁ、なんでも諸行無常ですよね。

    獏さんsong4uさんdonさん、付かず離れずの
    時折お互いにちょっと絡みつつ、みたいなのが
    すごく拝見してて癒されてました~(笑)

    今後もちょくちょくこちらにはお邪魔して、
    楽しく拝見させてもらったり、時折つぶやいたり、
    させていただくかと思います☆ 

    ご自身の心の平穏のためにも、書かれていると思いますが、
    いつも面白い記事、そして交流いただきまして、
    ありがとうございます>^_^<

  2. 名前:don 投稿日:2019/02/16(土) 12:04:16 ID:3e07f3686

    しろくまさん、こんにちは~
    獏さん、いなくなりましたよね。あれは衝撃でした。何があったのか。
    個人的にはソネットでいうと、heroherosrさんも更新が途絶えて何があったのかと・・

    ネットの中だけですが、コメントをやり取りしてる人が急にいなくなると、寂しくなります。
    ぼくの場合もう10年ほど書いてるので、本当にたくさんの人が通り過ぎていきました。
    この人は一緒に酒飲んだら、楽しい人なんだろうなあっていう人もいました。

    おっしゃるように諸行無常。
    楽しいことは永遠に続きません。

    幸福とは不幸と不幸の合間って、誰の言葉だったか。
    しろくまさんにとっても、穏やかで楽しい日々が続くこと、祈念します。