【わいたこら/新庄剛志】感想と要約

読むと、新庄を阪神の監督にしたくなります(笑)。

「わいたこら」。北九州の方言。「なんじゃこりゃ」みたいな意味だとか。

驚いたり、あきれたりしたときに、思わずでる言葉。

スーパースター新庄剛志の著書です。

本書によると新庄は字がちゃんと読めないので、ライターに話をして書き起こした本だそう。

「僕は文字をきちんと読むことができない。読もうとすると、文字が’’もわーん‘’となって頭が混乱してしまう。たった1p読むのにものすごく時間がかかる。マンガをちゃんと読むこともできない。漢字なんて読めなくてもプロ野球選手にはなれる」

▼広告▼


新庄の生い立ち、大きなしくじり、現役時代の逸話が楽しく語られてます。矢沢永吉の本みたいなかんじ。大金を詐欺されたのも同じ。

そういえば矢沢永吉は子どもに対して、「お前たちには敵がいる。それは苦労したことがないこと。そいつは後で牙をむいて来るぞ」といいましたが、新庄の子ども時代は超貧乏だったそうです。家の窓ガラスが割れても冬はビニールを貼って窓をふさぐ。車の窓も同じようにビニール貼ってたと。お父さんは造園の仕事してたけど、夜は居酒屋を飲み歩いてたそうです。

大きなしくじりとは何か?TVでも語ったそうですが、お金を使い込まれたこと。お金の管理を知り合いに任せていた。その人が20億円ほど使い込んだという話。

新庄は生涯で50億円ほど稼いだ。半分ほど税金で持っていかれて、フェラーリやカウンタックや豪邸で使っても、20億円ほど残ってたはずだった。

2006年34歳で新庄は引退します。2010年38歳で新庄はバリ島移住を決意。お金の管理を任せてた人に、「今までありがとうございました。今後お金はこっちで管理することにします。今いくら残ってるんですか?」「2200万円」「わいたこら」・・

弁護士を通じて話して結局8千万円が返ってきた。そのお金でバリに移住。2017年「しくじり先生」でこの話をする。人にこの話ができるようになるのに7年かかったと。

交通事故みたいなもんです。その人は母方の知り合いで、会社を何社も経営してるお金持ちの偉い人。18歳のころから応援してもらってた。

阪神に入団して4年目、活躍して年棒が2千万円を超えた。母ちゃんに言われた。「たくさんもらったお金をちゃんと管理しないといけないよ。Aさんに任せなさい」。Aさんなら大丈夫と思った。それから17年間一度もチェックせずに預けていた。

「芸能人が事務所の人にお金を持ち逃げされた話は知ってた。だけど自分はAさんとは家族のようなつきあいだった。MLB行きをたった1人相談したのもAさんだった。家族みたいな人を疑うという発想はこれぽっちもなかった」

Aさんは会社をいくつも経営して赤字になっていた。新庄のカネをその穴埋めに使っていたようだ。

以下にその他の読書メモを。

▼広告▼


MLBでのいじめ

「今だから言えるけど、アメリカに行った最初のころ、僕はなかなか友達ができなかった。ロッカールームでも仲良く話をする選手はいなかった。でもテレビカメラの前では僕は選手と仲がいい感じに見せていた。日本のみんなが見てると思うと、一人ぼっちの姿なんでみせられなかった。日本で応援してくれてる人たちに勇気を与えたかったから。

あるとき試合が終わって自分のロッカーを開けると、汚れたスパイクが詰め込まれていた。英語もしゃべれないし、体も細いし、はっきりいって見下されていたんだろう。最初はそういうちょっかいも無視していた。1人でロッカーと向き合って、ずっとイヤホンをつけて。でもしばらくして、これじゃダメだと思った」

「僕は考え方を変えた。ちょっかいを出してくるということは、僕に興味があるからだ。おちょくられるのは、仲良くなれるチャンスだ。ぼくはいじめられたらリアクションを仕掛けた。汚れたスパイクを投げつけられたら、前の日から準備していたブラシを使って磨きまくる。からかってきたらカタコトの下ネタを言い返す。相手のお知りに指を突き立てて「カンチョ―」をやってみる。

だけどこういうのは相手を選ばないといけない。ぼくは考えて狙いを絞りに絞った。なんといってもラテンの選手はやりやすい。ノリがいいし楽しむことを知ってる。ラテン系の中でも一番体格がよくて、みんなから尊敬されてるタイプがねらい目だ。それで周りに認められるようになる」

「そうしてコミュニケーションを取り始めたら、チームの人気者になった。一緒に食事に行くうようになって、トレーニングで遅れると、席に着くまで待ってくれるような関係になった。こういう仲の良さは、野球をするとき必ずつながる。やっぱり明るく行動した方がいい。絶対にいいことが起きる」

バリーボンズを叩いても怒られない信頼関係は、どうやって築いたのか?

ある日試合の10分前になっても、ロッカールームでバリーが寝たいた。そこにマイナーから上がってきたばかりのルーキーがトコトコ歩いて行って、バリーに「サインプリーズ」と声をかけた。

周りのみんなは「おいおい、マジで起こすの?」みたいな顔で2人を見ている。バリーは気むずかしいタイプで、チーム内でちょっと浮いていたし、そもそも寝起きで機嫌がわるい。

案の定ボンズは起こされたことを怒って、周りの椅子を蹴散らしてすごい音を立てた。ぼくはそれが頭にきて、ボンズの後ろから頭を思いっきりはたいた。ボンズはあわてて、「どうした、シンジョ―?」「ザッツ・ノー・グッド」チームの若手からサインを求められただけなのに、あの態度はなんなんだ。そのマナーが許せなかった。

バリーはこれを怒るどころか逆に面白がってくれた。バリーにマジで説教をするやつなんて1人もいなかったから、彼も本当は1人ぼっちで孤独だったのかもしれない。そのときから「俺のバディ(相棒)」といってくれるようになった。

なぜ僕だけバリーを叩けたのか?それは普段から野球のプレーで信頼関係をつくっていたからだ。シーズンに入る前に、ぼくはバリーに約束した。「お前の左に飛んだ打球は全部俺がキャッチする。お前は右方向だけを追えばいい。あとは打つことに集中しろ」

一度レフトに高いフライが上がったときバリーを見たら、全然動こうとしない。ボールの軌道はバリーの一歩左に落ちる打球だった。僕は必至でダッシュして彼の真横でキャッチした。約束だから守らないわけにはいかない。その年、バリーは自身初の首位打者を獲得した。

シーズンが終わってバリーはマスコミにこう言った。「俺がタイトルを獲得できたのはジャック(新庄のこと)のおかげだ。あいつの守備を見てみろ。俺の左の打球は全部とってくれる。彼のおかげで俺は打席に集中できた」

つまり明るくすることも大事だけど、真剣に約束を守ることも大事。人から信頼されるようになれば、何をやってもうまくいくうようになる。

センスがないから野球を辞める、といったのは何故か?

阪神で5年目、突然引退表明をした。一番の理由は監督との対立だった。あの年ぼくは足首を痛めて二軍落ちした。事件があった日はランニングもできない状態だった。グラウンドには出ず室内でトレーニングをする予定だった。その予定が首脳陣に伝わってなかった。

練習開始時間にトレーナー室に行くと「どうしたんだ。みんなグラウンドに集合してるぞ」という。わけがわからないままグラウンドに出ると「お前、遅刻だ」とカミナリが落ちてきた。僕は二軍監督だった藤田平さんから、グラウンドの真ん中で正座するように命令された。1時間あまり正座して釈然としない気持ちになってきた。

そもそも足首を痛めてる選手に正座はないんじゃないか。足が使い物にならなくなったら、誰が責任をとってくれるんだろう。いいプレーをして勝つという目標のために、なぜ正座が必要なのか?

その後藤田さんが一軍の監督をするようになり、僕との溝は深まっていく。ひじの痛みを訴えるぼくに、黒潮リーグ(秋の教育リーグ)への参加を強制されたとき、とうとう気持ちの糸が切れてしまった。それは僕がひじが壊れてまでやるべきことなのか?

ぼくは契約交渉の場で不満をぶちまけた。「どうしても納得できない。監督が辞めるか、僕が辞めるか、はっきりして欲しい」そうまでいっても球団の態度は煮え切れない。我慢の限界で「じゃあ僕が辞めます」と宣言した。

「センスがないから野球を辞める」

考え抜いての発言だった。「監督ともめたから辞める」とコメントすれば球団のイメージが悪くなる。監督にも言い分はある。辞めるのを誰のせいにもしたくない。だからといって「体力の限界」とか「成績不振」は年齢から無理がありすぎる。だったらセンスということにすればいいと考えた。僕にすれば球団への最大の礼儀だった。

親父は「もうちょっとがんばれ」とかいろいろ言った。最後は「お前が好きなようにしろ」と。しばらくすると母ちゃんから電話があった。「お父さんが倒れたよ」。僕のせいで親父が倒れた。あのころはまだ親父のためにプレーをしてるという意識があったんだと思う。「俺が間違っていた。もう一度タイガースでプレーするから、体を早く治してほしい」

実家にそう連絡すると、ぼくは球団にもう一度プレーさせてほしいと謝りに行った。

じつは親父の体調が悪いのを、母ちゃんが「倒れた」と大げさに言って、引退を思いとどまらせようと芝居を打ったらしかった。わいたこら。

イヤモニ不調で演奏ストップさせてる。2009年矢沢60歳の東京ドームライブ。

(関連記事)
【キャプテンシー/鳥谷敬】~なぜMLBに行かなかったのか?
https://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2016-06-04

【阪神タイガース暗黒のダメ虎史/山田隆道/2009年12月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2010-09-26

【阪神タイガース暗黒時代再び/野村克也/12年12月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2013-02-26

スーパームーン@甲子園~月に吠える
https://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2015-09-29

▼広告▼


シェアする

フォローする

『【わいたこら/新庄剛志】感想と要約』へのコメント

  1. 名前:青山実花 投稿日:2018/12/01(土) 12:53:03 ID:95d895e92

    新庄さんがお金を使い込まれていた事は、
    先日ネットで読みました。
    俳優の穂積隆信さんも、
    似たような形で、
    全財産を失ったようですね。

    お金は人に預けない、
    預けるとしても、全部ではなく一部、
    そして、マメにチェックするが鉄則だと思いました。
    (人にお金を預ける事など、生涯ないとは思いますが(笑))

  2. 名前:song4u 投稿日:2018/12/01(土) 21:21:25 ID:aa9939a78

    donさん、こんばんは。
    新庄がこんな本を書いてたんですね、全然知りませんでした。

    「わいたこら」。
    これって、本当に北九州の方言なのかなあ?
    新庄は北九州にはほとんど縁がないと思うんだけど?
    (※「北九州」と「北部九州」とはまったく意味が違います)
    ま、そんなことはどうでもいいですね(笑)

    分割するとすれば、わいた・こら、でしょうか。
    最初の「わいた」は、あいた~って感じですね。
    あとの「こら」は拍子みたいなものです、大した意味はありません。
    「わいたこら」=「あちゃー!」ってことだと思います、たぶん。

    新庄のイメージはというと・・・
    焼けサロンで焼いたような黒い肌。そして不自然なほど白い歯。
    総じて言うならば、人工的な外観+分かりやす過ぎるほどの軽薄さ―
    というところでしょうか。
    あまり好きなタイプではありませんが、気になる種類には属すヤツ。
    そんなところではないでしょうか。

    日ハムにいた頃は、やや窮屈な感じがしていました。
    そういう意味では阪神ではどうなんだろう、案外受け入れてもらえるかな?
    などと思ってましたが、黒幕は藤田平でしたか。
    何の変哲もなくて、面白くもナンともないモンね、藤田平。
    新庄とは対極に位置するようなカタブツ職人のように感じます。

    仰木さん時代の阪急だったらどうだったんだろうなあ?
    三原さん時代の西鉄に置いてやったら、縦横無尽にやったんじゃないか?
    わけもなく、そんなことが頭の中を横切りました。

  3. 名前:サンフランシスコ人 投稿日:2018/12/02(日) 04:43:00 ID:755d94c5c

    新庄剛志…….サンフランシスコ・ジャイアンツに来ました….

    http://www.sfgate.com/sports/shea/article/Shinjo-to-see-Japantown-in-S-F-tour-2878070.php

  4. 名前:don 投稿日:2018/12/02(日) 12:56:59 ID:ed3d28ac5

    青山実花さん、こんにちは~
    俳優の穂積隆信さん、知らない人でしたが、
    積木くずしのモデルの人みたいですね。

    おカネって大事ですよね。
    命や家族、信頼に次いで大事なものかも。
    ぼくも大金とは縁がまったくないです。

    ハロウィンジャンボも外れました。
    すぐに年末ジャンボ買いましたが(笑)

  5. 名前:don 投稿日:2018/12/02(日) 13:04:30 ID:ed3d28ac5

    song4uさん、こんにちは~
    「わいたこら」のご解説、ありがとうございます(笑)。

    軽薄な外見というか、まあ自分の好きに生きてる人でしょうか。
    今は歌が下手だけど、歌の練習をしてるそうです。
    シンガーになりたいみたいですね。
    ロック歌手っぽいですしね(笑)

    ノムさんの新刊本「巨人阪神失敗の本質」読んでたら、
    新庄のことが書かれてました。
    あの槇原から打った、敬遠球のサヨナラ打。
    あれは打っていいかと聞いてきたからOKしたが、
    やっぱり不意打ちみたいでよくなかったと後悔してるそうです。
    タイトル負けというか、あんまりおもしろくなかったのでボツ本ですが。

  6. 名前:don 投稿日:2018/12/02(日) 13:08:50 ID:ed3d28ac5

    サンフランシスコ人さん、こんにちは~
    シスコではあんまり活躍できなかったですよね。
    ワールドシリーズの最終打席で、本塁打打ってたら、人生変わったかも。

  7. 名前:しろくま 投稿日:2018/12/02(日) 15:20:07 ID:55ac7f59a

    donさん、こんにちは^^

    新庄の、MLBで仲間を作るコツと努力、
    すごいですね~! MLBでは、やはりアジア系は
    人種差別もあるし大変だと聞いたことがあります。

    以前ヒューストン・アストロズにいた松井稼頭央も、
    いじめにあっていたとか?!

    そのハンデを、どうポジティブに変えていくか、
    何事にも通じそうですねー。

    いま、フォープレイの「snowbound」
    を聴いて、早々と気分を高めております )^o^(

  8. 名前:サンフランシスコ人 投稿日:2018/12/03(月) 04:38:13 ID:85113a2b6

    ファンによると、新庄のせいでサンフランシスコ・ジャイアンツは、2002年のワールドシリーズ優勝を果たせなかったらしいです….

  9. 名前:don 投稿日:2018/12/03(月) 12:30:47 ID:efdd95f6f

    しろくまさん、こんにちは~
    松井稼頭央もそうだったんですか。
    いじめというか、うまく言語が話せなかったら、
    やっぱからかいの対象になりますよね。
    大谷みたいに成績で黙らせることができたら別でしょうけど。

    今年も、あっという間にクリスマスですね。

  10. 名前:don 投稿日:2018/12/03(月) 12:31:43 ID:efdd95f6f

    サンフランシスコ人さん、こんにちは~
    あの究極の場面で打ってたら、男になれたんですけどね。

  11. 名前:Speakeasy 投稿日:2018/12/03(月) 21:38:04 ID:c2cb6495c

    新庄にそんな事が起こっていたんですね~

    バリー・ボンズとのエピソードはグッと来ました!
    彼は気分屋という事でここ日本でも有名でしたよね。

    サンフランシスコのAT&Tパークでボンズのスプラッシュ・ヒットをキャッチする人達を思い出しました。

  12. 名前:don 投稿日:2018/12/04(火) 12:27:49 ID:b6c57d645

    Speakeasyさん、こんにちは~
    2002年のバリーはすごかったです。
    どこへ投げても打ってたというか。だれも止められない
    とくにワールドシリーズ。

  13. 名前:サンフランシスコ人 投稿日:2018/12/11(火) 08:19:13 ID:9394949d7

    大リーグ移籍を目指す菊池雄星投手がサンフランシスコ・ジャイアンツを選択する???

    http://www.mlbtraderumors.com/2018/12/pitching-rumors-bosox-ottavino-giants-kikuchi-rangers.html

    http://www.mccoveychronicles.com/2018/9/28/17914578/seibus-lefty-pitcher-yusei-kikuchi-scouted-by-sf-giants

  14. 名前:don 投稿日:2018/12/11(火) 20:01:41 ID:944f22adb

    こんばんは~
    菊池はローテーションに入れるのでしょうか。
    エンゼルファンが菊池はエンゼルスに行くべきだと。
    まあ同じチームに日本人2人はいらないですが。。

  15. 名前:サンフランシスコ人 投稿日:2018/12/12(水) 08:16:15 ID:d0f3b5f20

    名門球団のサンフランシスコ・ジャイアンツ…….今の所、投手が余りいないのでローテーションに入れると思います…. バスター・ポージー捕手は2016年にゴールドグラブ賞….

  16. 名前:don 投稿日:2018/12/12(水) 12:21:59 ID:5186b3164

    ということは、すんなりジャイアンツで決まるかもですね。

  17. 名前:サンフランシスコ人 投稿日:2018/12/13(木) 03:21:03 ID:490279dd4

    「すんなりジャイアンツで決まるかもですね…..」

    http://www.nbcsports.com/bayarea/giants/yusei-kikuchi-scouting-report-what-know-about-likely-giants-target

    Yusei Kikuchi scouting report: What to know about likely Giants target
    By Jessica Kleinschmidt December 11, 2018 4:52 PM

  18. 名前:don 投稿日:2018/12/13(木) 12:24:47 ID:0f6f1f1ec

    マリナーズが6年66億円を提示したみたいですね。
    マネーゲームですね。日本では考えられない金額です。

  19. 名前:サンフランシスコ人 投稿日:2018/12/14(金) 03:37:52 ID:5ed6a1f4d

    菊池雄星を称賛 獲得目指すジャイアンツのボウチー監督.
    2018.12.13 13:32スポーツMLB

    http://www.sankei.com/sports/news/181213/spo1812130017-n1.html

  20. 名前:don 投稿日:2018/12/14(金) 12:31:49 ID:a14dd6623

    ケガがなければ10勝はしそうですよね。

  21. 名前:サンフランシスコ人 投稿日:2018/12/15(土) 04:11:16 ID:e4c8d83e3

    「マリナーズが6年66億円を提示した…..」

    マリナーズ….一度もワールドシリーズに出場したことない…..サンフランシスコ・ジャイアンツ….過去9シーズン3度も優勝…

  22. 名前:don 投稿日:2018/12/15(土) 15:14:39 ID:27335d7f3

    マリナーズ弱いんですね・・
    シアトルはいい街だと思いますが。

  23. 名前:サンフランシスコ人 投稿日:2018/12/16(日) 04:14:58 ID:33e3aa3c4

    「 バスター・ポージー捕手は2016年にゴールドグラブ賞….」

    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/12/15/kiji/20181214s00001007221000c.html

    ジャイアンツ秘策あり 雄星口説く!ポージー投入 メジャーNo.1捕手面談同席検討

    [ 2018年12月15日 08:10 ]

  24. 名前:サンフランシスコ人 投稿日:2018/12/16(日) 04:38:21 ID:33e3aa3c4

    バスター・ポージー捕手は、米国トヨタのコマーシャルにも”出場”……

    http://www.youtube.com/watch?v=5hM_8ttZUeI

    大仰天….(サンフランシスコ・ジャイアンツの)ボウチー監督も投入…..

  25. 名前:サンフランシスコ人 投稿日:2018/12/16(日) 05:06:03 ID:33e3aa3c4

    この動画を見ると、日本人投手はバスター・ポージー捕手(2016年にゴールドグラブ賞)のサンフランシスコ・ジャイアンツに入団したくなる?