金融機関のAI導入、具体事例は?「日経ビジネス」より

銀行AI導入

投資銀行は、AIやら統計学を使って何をしてるのか?

このイメージがよくわかってなかったんですよ。金融関係の本を読んでると以下のようなことが4~5年前から書かれてます。

『大銀行も新規採用を控えている。採用しても仕事に慣れるころには、多くの仕事場がなくなるからである。 銀行員は現在全国で25万人ほどであるが、おそらく今後は5000人前後となる。近い将来、AIの活用で、トレーダーですら要らなくなるといわれている。問題はリスクをどこまで計算に入れるかなどの判別である。これは人間でないと難しい。その判断を行う人間は、5000人もいれば十分である。日本全国の銀行すべてで5000人である。余った人間はサービス産業など、新たな市場へと転換しなければならない』 by長谷川慶太郎

『ハイフリクエンシートレーディング。ロボットトレーディングのこと。ハイフリは今や100万分の1秒で取引を繰り返す。ロボットトレーディングはマーケットを侵食している。為替市場は1日に600兆円が取引される世界だが、そのうち60%がハイフリ。ハイフリは取引回数という数によって、相場につきものの時間のリスクを殺す。ハイフリを使える立場のトレーダーはごく一部で、ヘッジファンドのインド人が多い。彼らはコロケーションといって、取引所の中の特別の場所にコンピュータを置いて、外部の目に触れることはない。HFTを動かす側からすると、上昇でも下落でも方向性はどちらでもいい。とにかく価格が変動することが儲けにつながる。HFTの連中は、自分で相場を動かしにかかってる。ゆくゆくは市場が破壊される』 by副島隆彦



日経ビジネスを購読してるんですが、今の連載小説「EXIT」が異様に面白いです。過去5年の連載小説はまったく読まなかったのですが、これだけは読んでます。2月24日号を読んでると、大手投資銀行でAIをどう使ってるか具体事例が描写されてました。

・AIのプロを雇う(ヘッドホンを首から下げたのIT系の若者)。

・大手投資銀行(ゴールドマンとか)は、人工衛星の回線を20個ほど押さえてる。

・宇宙から特定の場所をモニターする専用回線。

・青年がキーボードを叩くと、リアルタイム映像が見れる。

・そのために莫大なコストを払っている。

・例えば流通業の旗艦店舗をモニターする。

・駐車場につながる道路を映すと。

・ファインダーの中で焦点が合った部分にかかる緑色の枠が次々と動く。

・モールに入る客の車の台数をチェックする。

・モールの利用客数を毎日数える。

・モールの利用客数がわかれば、モールのおおよその売上高が把握できる。

・会社側が四半期決算を発表する前に、大まかな数字が把握できる。

・大まかではなく、かなり正確に調べられる。

・ヘッドホンの青年がマウスを動かす。

・モニターの画面が2分割される。

・左側は車両がチェックされ、右側は表計算ソフト。

・衛星を使って車両を数えるのは他社も導入してる。

・その先を行くには車種を特定するAI。

・例えばプリウス。想定世帯年収400万円以下。

・400万円以下世帯の代表的な購買動向のサンプルを掛け合わせる。

・統計学を駆使すれば、かなり正確な売上が予測できる。

・会社発表に先んじて株式を売買すればインサイダー規制にも抵触しない。

どうやって銀行はAIで稼ぐのか

年会費2万6千円で50冊。週刊です。1冊あたり520円。定期購読はこちらから。

↓↓↓

昔から情報を先に得たものが世の中を牛耳る、ということなんでしょうけど。やってることが覗きというのは…。

Daryl Hall & John Oates – Private Eyes (Live In Dublin)

(関連記事)

【人工知能と社会 2025年の未来予想】書評と要約
https://book-jockey.com/archives/6042

「AIで仕事がなくなる」論のウソ|書評と要約
https://book-jockey.com/archives/1370

ゴールドマンサックスが解れば世界経済を操る大謀略が見えてくる
https://book-jockey.com/archives/8240

【統計学が最強の学問である】要約まとめ
https://book-jockey.com/archives/8227

PC用関連コンテンツ

シェアする

『金融機関のAI導入、具体事例は?「日経ビジネス」より』へのコメント

  1. 名前:サンフランシスコ人 投稿日:2020/03/01(日) 03:32:50 ID:31fb2c063

    「金融関係の本を読んでると以下のようなことが4~5年前から書かれてます….」

    米国では、昭和時代から話題ですが…..

  2. 名前:don 投稿日:2020/03/01(日) 10:02:00 ID:3d6efcc1d

    そうなんですか。
    さすが基軸通貨国。