図書館の民営化、デメリットは?|生まれて初めて市役所に苦情メールした。その2

今回はその1からの続きです。(その1⇒https://book-jockey.com/archives/3984)

前回記事では、図書館民営化によるサービス低下(購入申請が通らなくなった)に関するクレームを市役所に送ったところまで。今回はその返事が来たので記録として残しておきます。

木で鼻をくくったような回答だったので、再メールしましたが。

▼広告▼


市役所の担当課から1回目のメール回答

『平素より○○図書室をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。また、この度は該当図書について、購入リクエストのご希望に添えられず、大変申し訳ありませんでした。お問い合わせの件につきまして、施設管理者へ状況確認を行いましたので回答いたします。

購入リクエストについては、リクエスト各書を各分野の蔵書数や類書の有無、図書室の適合性、今後広く市民の皆様に貸し出しされる本であるかなどを含めて精査させていただいております。また○○市の他施設での購入、近隣市町村での所蔵がありましたら、○○図書室で貸出をする対応をさせていただいております。

全てのリクエストにお応えしたいという気持ちではありますが、精査の結果、類書を所蔵している等の場合に、お応えできていないという現状にあります。今後も近隣図書館と連携を図り、できる限りリクエストにお応えできるよう努めてまいります。引き続き、○○図書室をどうぞよろしくお願い申し上げます』

何も変更するつもりはないとの回答です。ポイントは以下。

①これまで10年以上購入申請はほぼ100%通ってた。

②業務委託会社が入札で変わった途端、購入申請が通らなくなった。ちなみに2冊連続。

③回答を読むとできる範囲でがんばります。こちらの要望に何も手を打ってくれていない。

図書館民営化に関する市役所への2回目のメール

『ご回答ありがとうございます。以下のご検討をお願い致したく。

①中央図書館の購入申請書を、○○図書室にも置いてほしい

現状は新刊購入申請は図書館に出向いて行います。この前までの○○図書室の運営者の場合は、ほぼすべての購入申請が通ってましたが、現行の運営者では予算やスペースがなく購入できないとのことなので、中央図書館へ購入申請したいです。ただし家から場所が遠いので、通いやすい○○図書室に購入申請書を置いてください。○○図書室は予算やスペースの具合で蔵書を自館で購入できない場合、○○市の中央図書館に申請書を転送してください。

②購入申請をネット予約できるようにしてほしい。

運営上の問題やシステム改造費用がかかるので、無理な場合は上記①の対応でいいです。①ならコストはかかりません。

新しい指定管理業者さんになって、現状のままでは購入申請がとおりません。サービスが低下してとにかく悲しいです。これは中央図書館だと通りやすいとのことなので、上記方策をお願いします。もしくは新刊購入の予算は○○市としてまとめて管理してほしいです。そうでないと同じ○○市内で、地域間の格差ができてしまいます。なお①の方策が無理な場合は、その理由をご教示いただければ幸甚です』

市役所から返事がくれば、続報します。さて、どんな返事がくることやら。

ちなみに図書館民営化。2019年6月24日付日経ビジネスに記事が出ていました。

・本を買うための税金を運営費に回した。

・職員がやめた

図書館民営化は批判を浴びて、地域住民から訴えられたりしてるようです。茨城県では19年4月に図書館民間委託を止めて公営図書館に戻したそう。同じやん。市民の購入リクエストに応えてくれへんって。ぜひうちの市も公営に戻してほしい。

ぼくを放置しないで♪

めっちゃ待ってるし♪

スーパートランプでウェイティング・ソー・ロング♪


▼広告▼


シェアする

フォローする

『図書館の民営化、デメリットは?|生まれて初めて市役所に苦情メールした。その2』へのコメント

  1. 名前:song4u 投稿日:2019/06/26(水) 21:53:26 ID:d1c863c8e

    donさん、こんばんは。
    随分なご無沙汰でございましたm(__)m

    図書館のこととなると、さすがのdonさんもやや冷静さを欠いておられるようで。
    でもね、①が出来ない時はその理由を説明しろ、はちょっと言い過ぎですよ、donさん。

    皆さんとっくにご承知のことと思いますが、民間委託の最大の目的はコスト削減です。
    もちろん、前提としては「サービスの質を落とさない範囲で」、ということではありますけれど。
    とは言え、そんな耳触りの良いご託をいくら並べたところで、従来予算をオーバーするようでは
    とても議会(委員会)のコンセンサスは得られません。

    従来予算からいくら削減できるのか? これが最大の関心事、一番の訴求ポイントであって、
    サービス低下を招かないようにというのは、所詮枕詞、飾り言葉に過ぎません。
    なぜなら、そんなことはいくらでも詭弁が利くし、逃げ口上が使えるからです。

    どこぞの自治体では、水道事業まで民間に託すなどと随分寝ぼけたことまで言ってました。
    自治体と会社の違いも分からないのか? もはや自治体としての責任放棄ですよ。
    呆れ果てますね。開いた口が塞がりません。

  2. 名前:don 投稿日:2019/06/28(金) 12:26:34 ID:7a67b4917

    song4uさん、ご無沙汰しております<_ _>
    お元気でしたでしょうか。

    ちょっと言いすぎましたでしょうか。
    1回目の回答が木で鼻をくくったような回答だったので、強めに出てしまいました。
    読んだ市の職員さんは、不快になったかもです。

    >サービス低下を招かないようにというのは、所詮枕詞、飾り言葉
    やっぱり「あきらめるべし」なんでしょうか・・・