「デオコおじさん」になってみた。そんなエエ匂いか?

全国のドラッグストアで、ロート製薬のボディソープ「デオコ」が爆売れしているようです。この商品には、若い女子に特有の「甘い香り」成分が配合されているということで、日本中のおじさんが殺到。「デオコおじさん」現象を引き起こしてるとか。なおロート製薬の株価は横ばい。

▼広告▼


ヨーカドーにデオコ買いに行ったよ♪

さっそく買いに行きました。飲み会で自慢したいし。

げっ!めっちゃ高いやん。ボディソープが980円。しかも250mlしか入ってへん。ビオレとかふつうのん300円台で340mlぐらい入ってるやろ。デオコ値段3~4倍するやん。ボディソープは家にいっぱいあるし今度のことにしょう。

ボディソープじゃなくて、デオドランドにしよう。そのほうがなんとなくコスパがよさそう。これはローラータイプとスティックタイプがある。両方ともヨーカドーで972円なり。横にニベアの類似品があって700円ぐらいで売ってました。同じようにスティックとロールオンがあったんでお試しした。スティックって固い。ロールオンのほうが液体がいっぱい出てくる。使いやすい。はるかむかしにこんなんでソックタッチってあったなあ(遠い目)。

使い方はこんなかんじ。わきにスーっと塗る。CMおいときます。わずか15秒CMですがどうやって使うか一目瞭然。

▼広告▼


買ってきたよ。匂いの感想は?

ほい。買ってきた。ちょっとわくわく。お?シシャモのベストがアマゾンミュージックにアップされてる。これでも聞きながら身も心も女子高生になってみるか。

げっ、アマゾンのほうが安い。945円税&送料込み。

プレスによると『ロート製薬の研究員が「女性特有の甘い匂い」が幻想ではなく現実のものとして存在し、その成分がラクトンC10(ピーチの香り)とラクトンC11(ココナッツの香り)であることを発表』

なんでしょう。乳臭い香りっていうのか。ふつうの石鹸の香りっていうのか。インパクトはないです。「いい香り~」ともならない。おっさんがこの匂いで爽快感を感じるかといわれれば微妙です。

若い女の子の香りかどうか?これは周りにティーン女子がいないので真偽はわかりません。記憶にある女の子の香りって、シャンプーの香りだった気がする。

使い勝手の面では、ワキにデオドランドする習慣ないし、ボディソープとしては高いと思う。

そもそも最近は体を石鹸で洗わない方がいいって風潮もある。ローラや福山雅治が実践。「湯シャン」「ノー洗顔」「ノー石鹸」。ぼくも冬の乾燥肌から「ノー石鹸」始めました。昨冬は痒みが止まった。もちろん耳の後ろ、首周り、脇の下、股間とかは石鹸使ってますが。

シシャモ聞くと乙女な気分になれるよ♪

Amazonアンリミテッドの聴き放題。

デオコが呼び水になって、なんかインパクトのある「香り」が欲しくなった。最近は買ってないですが、むかし何度か使ったことのある好きな香りはケルン4711(柑橘系)です。1792年に誕生した世界初のオーデコロン。

▼広告▼


シェアする

フォローする