テイラースウィフト 新作「evermore」全15曲を和訳。Deepl翻訳やけど。

2020年12月11日。テイラースイフトは9枚目の新作アルバムを発売。

「フォークロア」の姉妹盤という位置づけ。前作からわずか5カ月という短い期間での発売となった。曲を書くのがやめられなかったそう。美少女だったテイラーも12月13日で31才になります。

以下に全曲の英語歌詞と和訳(Deepl翻訳)を。フォークロア同様、全15曲を1ページにまとめました。下のスクロール長いよ~(笑)。まずサブスクのAmazonMusic貼っときます。

それとすぐ消えるかもやけど、フルアルバム。

(追記)ミュージックマガジン2月号の「エヴァーモア」評です。

エヴァ―モア

willow

I’m like the water when your ship rolled in that night
Rough on the surface but you cut through like a knife
And if it was an open/shut case
I never would’ve known from that look on your face
Lost in your current like a priceless wine

私はその夜、あなたの船が転がり込んできたときの水のようなものです
表面は荒れているが、あなたはナイフのように切り裂く
そして、もしそれが単純明快だったとしたら
あなたの顔を見て知らなかったわ
あなたの現在に失われたものは、高価なワインのように

The more that you say, the less I know
Wherever you stray, I follow
I’m begging for you to take my hand
Wreck my plans, that’s my man

あなたが言えば言うほどわからなくなる
あなたが迷子になっても、私は従います
私はあなたが私の手を取るために懇願しています
私の計画を台無しにして、それは私の男です

Life was a willow and it bent right to your wind
Head on the pillow, I could feel you sneaking in
As if you were a mythical thing
Like you were a trophy or a champion ring
And there was one prize I’d cheat to win

人生は柳そしてあなたの風に正しく曲がりました
枕の上に頭を置いて、あなたがこっそり入ってくるのを感じました
神話のように
あなたがトロフィーやチャンピオンリングだったように
そして、私がズルをしてでも勝つ賞品がありました

The more that you say, the less I know
Wherever you stray, I follow
I’m begging for you to take my hand
Wreck my plans, that’s my man
You know that my train could take you home
Anywhere else is hollow
I’m begging for you to take my hand
Wreck my plans, that’s my man

言えば言うほどわからなくなる
あなたが迷子になっても、私は従います
私はあなたが私の手を取るために懇願しています
私の計画を台無しにして、それは私の男です。
私の列車があなたを家に連れて帰ることができることを知っている
どこもかしこも空洞
私はあなたが私の手を取るために懇願しています
私の計画を台無しにして、それは私の男です

Life was a willow and it bent right to your wind
They count me out time and time again
Life was a willow and it bent right to your wind
But I come back stronger than a 90’s trend

人生は柳あなたの風にかがむ
彼らは何度も何度も私をカウントアウト(除外)しています
いのちは柳になりて風にかがむ
でも90年代のトレンドよりも強く帰ってくる

Wait for the signal and I’ll meet you after dark
Show me the places where the others gave you scars
Now this is an open/shut case
Guess I should’ve known from the look on your face
Every bait and switch was a work of art

信号を待てば日が暮れてから会おう
他の人があなたに傷をつけた場所を見せてください
これは一目瞭然です
あなたの顔を見て気づくべきだったな
からかいと切り替えはすべて芸術品だった

The more that you say, the less I know
Wherever you stray, I follow
I’m begging for you to take my hand
Wreck my plans, that’s my man
You know that my train could take you home
Anywhere else is hollow
I’m begging for you to take my hand
Wreck my plans, that’s my man

言えば言うほどわからなくなる
あなたが迷子になっても、私は従います
私はあなたが私の手を取るために懇願しています
私の計画を台無しにして、それは私の男です
私の列車があなたを家に連れて帰ることができることを知っている
どこもかしこも空洞
私はあなたが私の手を取るために懇願しています
私の計画を台無しにして、それは私の男です

The more that you say, the less I know
Wherever you stray, I follow
I’m begging for you to take my hand
Wreck my plans, that’s my man
You know that my train could take you home
Anywhere else is hollow
I’m begging for you to take my hand
Wreck my plans, that’s my man

言えば言うほどわからなくなる
あなたが迷子になっても、私は従います
私はあなたが私の手を取るために懇願しています
私の計画を台無しにして、それは私の男です。
私の列車があなたを家に連れて帰ることができることを知っている
どこもかしこも空洞
私はあなたが私の手を取るために懇願しています
私の計画を台無しにして、それは私の男です

Hey, that’s my man
That’s my man
Yeah, that’s my man
Every bait and switch was a work of art
That’s my man
Hey, that’s my man
I’m begging for you to take my hand
Wreck my plans, that’s my man

おい、そいつは私の男だ
さすがは私の男
ええ、それは私の男です
からかいと切り替えはすべて芸術品だった
さすがは私の男
おい、そいつは私の男だ
私はあなたが私の手を取るために懇願しています
私の計画を台無しにして、それは私の男です



champagne problems

You booked the night train for a reason
So you could sit there in this hurt
Bustling crowds or silent sleepers
You’re not sure which is worse

あなたは理由があって夜行列車を予約した
この傷の中に座っていても
賑やかな群衆か静かに眠ってる人
どっちが悪いかわからない

Because I dropped your hand while dancing
Left you out there standing
Crestfallen on the landing
Champagne problems
Your mom’s ring in your pocket
My picture in your wallet
Your heart was glass, I dropped it
Champagne problems

私は踊りながら手を落としたから
あなたを置き去りにして
着地点の意気消沈
シャンパンの問題
ポケットの中のお母さんの指輪
財布の中の私の写真
あなたの心はガラスだった 私はそれを落とした
シャンパンの問題

You told your family for a reason
You couldn’t keep it in
Your sister splashed out on the bottle
Now no one’s celebrating

理由があって家族に話したんでしょ?
あなたは、それを維持することができませんでした。
お姉ちゃんがボトルにはねたんだよ
今は誰も祝っていない

Dom Perignon, you brought it
No crowd of friends applauded
Your hometown skeptics called it
Champagne problems
You had a speech, you’re speechless
Love slipped beyond your reaches
And I couldn’t give a reason
Champagne problems

ドン・ペリニヨン、あなたはそれを持ってきました。
拍手喝采を浴びる仲間もいない
あなたの故郷の懐疑論者はそれを呼んだ
シャンパンの問題
スピーチをしていたくせに、言葉を失っている
愛はあなたの手の届かないところで滑った
そして、私は理由を与えることができませんでした。
シャンパンの問題

Your Midas touch on the Chevy door
November flush and your flannel cure
“This dorm was once a madhouse”
I made a joke “well, it’s made for me” how
Evergreen, our group of friends
Don’t think we’ll say that word again
And soon they’ll have the nerve to deck the halls
That we once walked through
One for the money, two for the show
I never was ready, so I watch you go
Sometimes you just don’t know the answer
Till someone’s on their knees and asks you
“She would’ve made such a lovely bride
What a shame she’s fucked in the head”, they said
But you’ll find the real thing instead
She’ll patch up your tapestry that I shred

シボレーのドアにあなたのミダスタッチ(触れるものすべてが黄金に変わる)
11月のフラッシュとあなたのフランネル治療
「この寮はかつて狂気の巣窟だった」
冗談を言ってみました 「まあ 私のために作られたものです”」なんて
エバーグリーン、私たちの仲間たち
その言葉は二度と言わないように
そしてすぐに彼らはホールを飾る勇気を持つだろう
私たちがかつて歩いてきたことを
一人は金のために、二人はショーのために
私は準備ができていなかったので、私はあなたが行くのを見ています
時には答えを知らないこともある
誰かが膝をついて聞いてくるまで
「彼女は素敵な花嫁になるだろう。彼女が頭をやられたのは残念だ」と彼らは言った
しかし、あなたは代わりに本物を見つけることができます
彼女は私がちぎったあなたのタペストリーを 繕ってくれるでしょう

And hold your hand while dancing
Never leave you standing
Crestfallen on the landing
With champagne problems
Your mom’s ring in your pocket
Her picture in your wallet
And you won’t remember all my
Champagne problems

踊りながら手を握って
置き去りにしてはならない
着地点の意気消沈
シャンパンの問題で
ポケットの中のお母さんの指輪
財布の中の彼女の写真
そして、あなたは私のすべてを覚えていないでしょう
シャンパンの問題

You won’t remember all my
Champagne problems

あなたは私のすべてを覚えていないでしょう
シャンパンの問題

gold rush

Gleaming
Twinkling
Eyes like sinking ships
On waters so inviting
I almost jump in

煌びやか
キラキラ光る
沈没船のような目
魅惑的な海の上で
飛び込みそうになる

I don’t like a gold rush, gold rush
I don’t like anticipating my face in a red flush
I don’t like that anyone would die to feel your touch
Everybody wants you
Everybody wonders what it would be like to love you
Walk past, quick brush
I don’t like slow motion double vision in rose blush
I don’t like that falling feels like flying till the bone crush
Everybody wants you
But I don’t like a gold rush

ゴールドラッシュは嫌だ、ゴールドラッシュ
顔が真っ赤になるのを予想するのは好きではない
私は誰もがあなたのタッチを感じるために死ぬのが好きではありません。
誰もがあなたを欲しがっている
誰もがあなたを愛することを不思議に思う
通り過ぎたところを歩いて、素早いブラシ
スローモーションは好きじゃない バラ色の頬がかすんで見える
落下は骨が砕けるまで飛ぶような感じが好きではない
誰もがあなたを欲しがっている
でもゴールドラッシュは嫌だ

What must it be like
To grow up that beautiful?
With your hair falling into place like dominos
I see me padding across your wooden floors
With my Eagles t-shirt hanging from the door
At dinner parties
I call you out on your contrarian shit
And the coastal town
We wandered round had never
Seen a love as pure as it
And then it fades into the gray of my day old tea
‘Cause you know it could never be

どうしたものか
あんなに綺麗に育つために?
髪の毛がドミノ倒しのように 落ちてきて
私はあなたの木の床の上を歩いているのが見えます
イーグルスのTシャツをドアにぶら下げて
食事会で
お前の逆鱗に触れたことを 罵ってやろう
そして、海岸沿いの町
ぶらぶらしたことがなかった
純粋な愛を見た
そして、それは私の日の古いお茶の灰色に消えていく
それはありえないと知っているから

‘Cause I don’t like a gold rush, gold rush
I don’t like anticipating my face in a red flush
I don’t like that anyone would die to feel your touch
Everybody wants you
Everybody wonders what it would be like to love you
Walk past, quick brush
I don’t like slow motion double vision in rose blush
I don’t like that falling feels like flying till the bone crush
Everybody wants you
And I don’t like a gold rush

ゴールドラッシュは嫌いだからな
顔が真っ赤になるのを予想するのは好きではない
私は誰もがあなたのタッチを感じるために死ぬのが好きではありません。
誰もがあなたを欲しがっている
誰もがあなたを愛することを不思議に思う
通り過ぎたところを歩いて、素早いブラシ
スローモーションは好きじゃない バラ色の頬がかすんで見える
落下は骨が砕けるまで飛ぶような感じが好きではない
誰もがあなたを欲しがっている
ゴールドラッシュも嫌だし

What must it be like
To grow up that beautiful?
With your hair falling into place like dominos
My mind turns your life into folklore
I can’t dare to dream about you anymore
At dinner parties
I won’t call you out on your contrarian shit
And the coastal town
We never found will never
See a love as pure as it
‘Cause it fades into the gray of my day old tea
‘Cause it will never be
Gleaming
Twinkling
Eyes like sinking ships
On waters so inviting
I almost jump in

に綺麗に育つために?
髪の毛がドミノ倒しのように 落ちてきて
私の心はあなたの人生をフォークロア(古くからの風習)に変える
もう君のことを夢見る勇気はない
食事会で
お前のコントのクソっぷりには 触れないよ
そして、海岸沿いの町
私たちは決して見つけることはできません。
ピュアな愛を見る
それが私の古いお茶の灰色に消えていくから
だって、それは決して
煌びやか
キラキラ光る
沈没船のような目
魅惑的な海の上で
飛び込みそうになる

‘tis the damn season

If I wanted to know
Who you were hanging with
While I was gone, I would’ve asked you
It’s the kind of cold
Fogs up windshield glass
But I felt it when I passed you
There’s an ache in you
Put there by the ache in me
But if it’s all the same to you
It’s the same to me

知りたいと思ったら
誰と一緒にいたの?
私がいない間に、私はあなたに尋ねただろう
そういう寒さなんだよ
フロントガラスを曇らせる
でも、あなたとすれ違った時に感じたの
痛い目に遭った
私の中の痛みでそこに置かれる
しかし、それがすべてあなたにとって同じであれば
それは私にも同じ

So we could call it even
You could call me “babe” for the weekend
‘Tis the damn season
Write this down
I’m staying at my parents’ house
And the road not taken looks real good now
And it always leads to you and my hometown

だから、私たちはそれをさらに呼び出すことができます。
週末は「ベイブ」と呼んでくれてもいいんだよ
季節の変わり目
これを書き留めて
実家に泊まる
そして、道なき道は、今では本当に良いように見えます。
そして、それはいつもあなたと私の故郷につながる

I parked my car
Right between the Methodist and the school that used to be ours
The holidays linger like bad perfume
You can run but only so far
I escaped it too
Remember how you watched me leave
But if it’s okay with you
It’s okay with me

車を駐車しました。
メソジスト(プロテスタントの大教派)と私たちの学校の間にある
休日は悪香水のように長引く
走れども遠からず
私も逃げてきました
私が去っていくのを見ていたことを覚えているか
でも、あなたが良ければ
それは私と一緒に大丈夫です

We could call it even
You could call me “babe” for the weekend
‘Tis the damn season
Write this down
I’m staying at my parents’ house
And the road not taken looks real good now
Time flies
Messy as the mud on your truck tires
Now I’m missing your smile, hear me out
We could just ride around
And the road not taken looks real good now
And it always leads to you and my hometown

私たちはそれをさらに呼び出すことができます
週末は「ベイブ」と呼んでくれてもいいんだよ
季節の変わり目
これを書き留めて
実家に泊まる
そして、道なき道は、今では本当に良いように見えます
時は流れていく
あなたのトラックのタイヤの泥のように汚い
今は君の笑顔が恋しくてたまらない、最後まで聞いてくれ
走り回ればいいんだよ
そして、道なき道は、今では本当に良いように見えます
そして、それはいつもあなたと私の故郷につながる

Sleep in half the day
Just for old times’ sake
I won’t ask you to wait
If you don’t ask me to stay
So I’ll go back to LA
And the so-called friends who’ll write books about me if I ever make it
And wonder about the only soul who can tell which smiles I’m faking
And the heart I know I’m breaking is my own
To leave the warmest bed I’ve ever known

半日寝る
昔のよしみで
待ってくれとは言わない
私に居てくれと言わなければ
だから、私はLAに戻ります。
そして、もし成功したら私のことを本に書いてくれる、いわゆる友人たち
そして、私がどの笑顔を偽っているかを見分けることができる唯一の魂を不思議に思う
壊しているのは自分自身の心だ
今までで一番暖かいベッドを去るために

We could call it even
Even though I’m leaving
And I’ll be yours for the weekend
‘Tis the damn season

私たちはそれをさらに呼び出すことができます
私がいなくなっても
週末はあなたのものになるわ
季節の変わり目

We could call it even
You could call me “babe” for the weekend
‘Tis the damn season
Write this down
I’m staying at my parents’ house
And the road not taken looks real good now
Time flies
Messy as the mud on your truck tires
Now I’m missing your smile, hear me out
We could just ride around
And the road not taken looks real good now
And it always leads to you and my hometown
It always leads to you and my hometown

私たちはそれをさらに呼び出すことができます
週末は「ベイブ」と呼んでくれてもいいんだよ
季節の変わり目
これを書き留めて
実家に泊まる
そして、道なき道は、今では本当に良いように見えます
時は流れていく
あなたのトラックのタイヤの泥のように汚い
今は君の笑顔が恋しくてたまらない、最後まで聞いてくれ
走り回ればいいんだよ
そして、道なき道は、今では本当に良いように見えます
そして、それはいつもあなたと私の故郷につながる
それはいつもあなたと私の故郷につながる



tolerate it

I sit and watch you reading with your
Head low
I wake and watch you breathing with your
Eyes closed
I sit and watch you
I notice everything you do or don’t do
You’re so much older and wiser and I

私は座って あなたが頭を低くして読書してるのを見てる
目が覚めて あなたが目を閉じて息をしているのを見てる
私は座ってあなたを見ています
してもしてもしなくても気がつく
あなたはとても年上で賢くて、私は

I wait by the door like I’m just a kid
Use my best colors for your portrait
Lay the table with the fancy shit
And watch you tolerate it
If it’s all in my head tell me now
Tell me I’ve got it wrong somehow
I know my love should be celebrated
But you tolerate it

子供のようにドアの前で待っている
あなたの肖像画のために私の最高の色を使用してください
派手なクソとテーブルを並べる
そして、あなたがそれを我慢するのを見て
頭の中にあるのなら今すぐ言ってくれ
勘違いしていると言ってくれ
愛を謳歌すべきなのはわかっている
しかし、あなたはそれを容認している

I greet you with a battle hero’s welcome
I take your indiscretions all in good fun
I sit and listen
I polish plates until they gleam and glisten
You’re so much older and wiser and I

バトルヒーローの歓迎でお迎えします
あなたの軽率な行動を私はすべての良い楽しみのために受け止めています。
私は座って聞いています
皿をピカピカに磨く
あなたはとても年上で賢くて、私は

I wait by the door like I’m just a kid
Use my best colors for your portrait
Lay the table with the fancy shit
And watch you tolerate it
If it’s all in my head tell me now
Tell me I’ve got it wrong somehow
I know my love should be celebrated
But you tolerate it

子供のようにドアの前で待っている
あなたの肖像画のために私の最高の色を使用してください
派手なクソとテーブルを並べる
そして、あなたがそれを我慢するのを見て
頭の中にあるのなら今すぐ言ってくれ
勘違いしていると言ってくれ
愛を謳歌すべきなのはわかっている
しかし、あなたはそれを容認している

While you were out building other worlds, where was I?
Where’s that man who’d throw blankets over my barbed wire?
I made you my temple, my mural, my sky
Now I’m begging for footnotes in the story of your life
Drawing hearts in the byline
Always taking up too much space or time
You assume I’m fine
But what would you do if I

あなたが他の世界を作っている間 私はどこにいたの?
有刺鉄線の上から毛布を投げた男はどこにいた?
私はあなたを私の寺院にした 私の壁画 私の空
今、あなたの人生の物語の脚注をお願いしています。
傍線にハートを描く
常にあまりにも多くのスペースや時間を占有している
私が大丈夫だと思ってるの?
でも、もし私が

Break free and leave us in ruins
Took this dagger in me and removed it
Gain the weight of you then lose it
Believe me, I could do it
If it’s all in my head tell me now
Tell me I’ve got it wrong somehow
I know my love should be celebrated
But you tolerate it
I sit and watch you

自由になって、私たちを廃墟に置いていく
この短剣を私の中に入れて取り出した
あなたの重量を得て、それを失う
信じてくれ、私にもできる
頭の中にあるのなら今すぐ言ってくれ
勘違いしていると言ってくれ
愛を謳歌すべきなのはわかっている
しかし、あなたはそれを容認している
私は座ってあなたを見ています

no body, no crime

He did it
He did it

彼はそれをした
彼はそれをした

Este’s a friend of mine
We meet up every Tuesday night for dinner and a glass of wine
Este’s been losing sleep
Her husband’s acting different and it smells like infidelity
She says, “that ain’t my merlot on his mouth”
“That ain’t my jewelry on our joint account”
No, there ain’t no doubt
I think I’m gonna call him out
She says

エステは私の友達
毎週火曜日の夜に集まって 夕食とワインを飲む
エステは寝不足になっている
旦那の態度が変わって不倫の匂いがする
“私のメルローじゃない “と言う
“共同口座にあるのは私の宝石じゃない”
間違いない
私は彼を呼び出すと思います
彼女が言うには

I think he did it but I just can’t prove it
I think he did it but I just can’t prove it
I think he did it but I just can’t prove it
No, no body, no crime
But I ain’t letting up until the day I die
No, no
I think he did it
No, no
He did it

彼がやったと思うが 証明できない
彼がやったと思うが 証明できない
彼がやったと思うが 証明できない
いいえ、死体も犯罪もありません
しかし、私は私が死ぬまで諦めない
いやいや
彼がやったんだと思う
いやいや
彼はそれをした

Este wasn’t there
Tuesday night at Olive Garden at her job or anywhere
He reports his missing wife
And I noticed when I passed his house his truck has got some brand new tires
And his mistress moved in
Sleeps in Este’s bed and everything
No, there ain’t no doubt
Somebody’s gotta catch him out
‘Cause

エステはそこにいなかった
火曜日の夜、彼女の仕事場でもどこでもオリーブ園でも
彼は彼女の妻は行方不明と報告している
彼の家を通り過ぎた時に気付いたの 彼のトラックは新品のタイヤを履いていた
そして、彼の愛人が引っ越してきた
エステのベッドで寝ることも、何もかも
間違いない
誰かが彼を捕まえる必要があります
なぜなら

I think he did it but I just can’t prove it (He did it)
I think he did it but I just can’t prove it (He did it)
I think he did it but I just can’t prove it
No, no body, no crime
But I ain’t letting up until the day I die
No, no
I think he did it
No, no
He did it

やったと思うけど、証明できないだけ(彼がやった)
やったと思うけど、証明できないだけ(彼がやった)
彼がやったと思うが 証明できない
いいえ、死体も犯罪もありません
しかし、私は私が死ぬまで諦めない
いやいや
彼がやったんだと思う
いやいや
彼はそれをした

Good thing my daddy made me get a boating license when I was 15
And I’ve cleaned enough houses to know how to cover up a scene
Good thing Este’s sister’s gonna swear she was with me (“She was with me dude”)
Good thing his mistress took out a big life insurance policy

15歳の時に父が船の免許を取らせてくれてよかった
そして、私は現場を隠す方法を知っている 十分な家をきれいにしてきた
エステの妹は私と一緒にいたと誓うだろう(「彼女は私と一緒にいた」)
愛人が大きな生命保険に入って良かった

They think she did it but they just can’t prove it
They think she did it but they just can’t prove it
She thinks I did it but she just can’t prove it
No, no body, no crime
I wasn’t letting up until the day he
No, no body, no crime
I wasn’t letting up until the day he
No, no body, no crime
I wasn’t letting up until the day he
Died

彼女がやったと思っているが 証明できないだけだ
彼女がやったと思っているが 証明できないだけだ
彼女は私がやったと思っているけど、彼女はそれを証明することができない。
いいえ、死体も犯罪もありません
あの日まで私は諦めていなかった
いいえ、死体も犯罪もありません
あの日まで私は諦めていなかった
いいえ、死体も犯罪もありません
彼が死ぬまで私は諦めていなかった

happiness

Honey, when I’m above the trees
I see this for what it is
But now I’m right down in it
All the years I’ve given
Are just things we’re dividing up
Showed you all of my hiding spots
I was dancing when the music stopped
And in the disbelief
I can’t face reinvention
I haven’t met the new me yet

ハニー、私が木の上にいるとき
私はそれが何であるかについてこれを見るが、今私はその中にいる
私が与えてきたすべての年
割り切っているだけのものなのか
私の隠れた場所を全部見せた
音楽が止まると踊っていた
そして、不信感の中で
改革に直面できない
新しい自分にはまだ出会っていない

There’ll be happiness after you
But there was happiness because of you
Both of these things can be true
There is happiness
Past the blood and bruise
Past the curses and cries
Beyond the terror in the nightfall
Haunted by the look in my eyes
That would’ve loved you for a lifetime
Leave it all behind
And there is happiness

後にも先にも幸せが待っている
でも、あなたのおかげで幸せがあった
どちらにも当てはまる
しあわせありき
血とあざを越えて
呪いと叫びを越えて
夕暮れの恐怖を超えて
目に映るものに取り憑かれて
それはあなたを一生愛していただろう
すべてを後にして
そして、そこには幸せがある

Tell me, when did your winning smile
Begin to look like a smirk?
When did all our lessons start to look like weapons pointed at my deepest hurt?
I hope she’ll be a beautiful fool
Who takes my spot next to you
No, I didn’t mean that
Sorry, I can’t see facts through all of my fury
You haven’t met the new me yet

教えてください、あなたの勝利の笑顔はいつのものですか?
微笑みのように見えるようになったのか?
いつから私たちのレッスンが武器のように見えるようになったの?私の最も深い傷に向けられた武器のように?
彼女が美しい愚か者になることを願っている
誰があなたの隣の私の場所を取る
いや、そういう意味じゃなくて
すみません、私の怒りのあまり、事実が見えなくなってしまいました。
あなたはまだ新しい私に会っていない

There’ll be happiness after me
But there was happiness because of me
Both of these things I believe
There is happiness
In our history
Across our great divide
There is a glorious sunrise
Dappled with the flickers of light
From the dress I wore at midnight
Leave it all behind
And there is happiness

私の後には幸せが待っている
でも、私がいたからこその幸せがあった
どちらも私は信じています。
しあわせありき
私たちの歴史の中で
大きな隔たりを越えて
輝かしい日の出がある
揺らめく光に彩られて
深夜に着ていたドレスから
すべてを後にして
そして、そこには幸せがある

I can’t make it go away by making you a villain
I guess it’s the price I pay for seven years in heaven
And I pulled your body into mine every goddamn night now I get fake niceties
No one teaches you what to do
When a good man hurts you
And you know you hurt him too

あなたを悪役にしてもどうにもならない
天国での七年間の代償だと思う
私は毎晩あなたの体を私の中に引きずり込んで 偽物の優しさを手に入れた
だれもあなたに何をすべきか教えられない
良い人があなたを傷つけるとき
あなたも彼を傷つけたことを知る

Honey, when I’m above the trees
I see it for what it is
But now my eyes leak acid rain
On the pillow where you used to lay your head
After giving you the best I had
Tell me what to give after that
All you want from me now
Is the green light of forgiveness

ハニー、私が木の上にいるとき
あるがままの姿を見ている
でも今、私の目は酸性雨を漏らしています
あなたが頭を置いていた枕の上で
私が持っている最高のものを与えた後
そのあと何をあげればいいのか教えて
あなたが今の私に望むことは 赦しの緑の光

You haven’t met the new me yet
And I think she’ll give you that
There’ll be happiness after you
But there was happiness because of you too
Both of these things can be true

あなたはまだ新しい私に会っていない
そして、彼女はあなたにそれを与えると思います
後にも先にも幸せが待っている
でも あなたがいたからこその幸せもあった
どちらにも当てはまる

There is happiness
In our history
Across our great divide
There is a glorious sunrise
Dappled with the flickers of light
From the dress I wore at midnight
Leave it all behind
Oh, leave it all behind
Leave it all behind
And there is happiness

しあわせありき
私たちの歴史の中で
大きな隔たりを越えて
輝かしい日の出がある
揺らめく光に彩られて
深夜に着ていたドレスから
すべてを後にして
ああ、すべてを置き去りにして
すべてを後にして
そして、そこには幸せがある




dorothea

Hey Dorothea
Do you ever stop and think about me?
When we were younger
Down in the park
Honey, making a lark of the misery
You got shiny friends since you left town
A tiny screen’s the only place I see you now
And I got nothing but well wishes for ya

ねえ ドロシー(注:セレーナゴメスがモデルの事実とフィクションの創作人物)
立ち止まって私のことを考えたことは?
私たちが若かった頃
公園に降りる
ハニー、不幸の戯れを作る
町を出てからピカピカの友達ができた
小さな画面だけが今の君を見る場所だ
そして、私はあなたに幸運を祈るだけです。

Oooh
This place is the same as it ever was
Oooh
But you don’t like it that way

おぉぉ
ここは昔から変わらない
おぉぉ
しかし、あなたはそれが好きではない

It’s never too late
To come back to my side
The stars in your eyes
Shined brighter in Tupelo
And if you’re ever tired of being known
For who you know
You know, you’ll always know me
Dorothea
Dorothea

今からでも遅くはない
私の側に戻ってくるために
目の中の星
トゥペロ(小さな町)でより明るく輝いていた
そして、知られることに飽きてしまったら
あなたが知っている人のために
あなたはいつも私のことを知っている
ドロシー
ドロシー

Ooh, you’re a queen
Selling dreams
Selling make up and magazines
Ooh, from you I’d buy anything

ああ、あなたは女王だ
夢を売る
メイクアップや雑誌の販売
あなたからなら何でも買いますよ

Hey Dorothea
Do you ever stop and think about me?
When it was calmer
Skipping the prom
Just to piss off your mom
And her pageant schemes
And damn, Dorothea
They all wanna be ya
But are you still the same soul?
I met under the bleachers, well

ねえ ドロシー
立ち止まって私のことを考えたことは?
もっと落ち着いていた時に
プロムをスキップする
お母さんを怒らせるために
そして、彼女のページェントの計画
そして、くそ、ドロシー
みんな君になりたがってる
しかし、あなたはまだ同じ魂なのですか?
私は観覧席の下で会った

Oooh
I guess I’ll never know
Oooh
And you’ll go on with the show

おぉぉぉ
知る由もない
おぉぉぉ
そして、このまま番組を続けて

But it’s never too late
To come back to my side
The stars in your eyes
Shined brighter in Tupelo
And if you’re ever tired of being known
For who you know
You know, you’ll always know me

遅すぎることはない
私の側に戻ってくるために
目の中の星
トゥペロでより明るく輝いていた
そして、知られることに飽きてしまったら
あなたが知っている人のために
あなたはいつも私のことを知っている

Dorothea
Dorothea

ドロシー
ドロシー

Oooh
Oooh
Ooh-woo-ooh-ooh-ooh, ooh-ooh-ooh-ooh
Oooh
Oooh
Ooh-woo-ooh-ooh-ooh, ooh-ooh-ooh

Dorothea

coney island

Break my soul in two
Looking for you but you’re right here
If I can’t relate to you anymore
Then who am I related to?
And if this is the long haul
How’d we get here so soon?
Did I close my fist around something delicate?
Did I shatter you?

私の魂を二つに分けて壊す
あなたを探していますが、あなたはここにいます
もし、これ以上、あなたに共感できないのであれば
では、私は誰と関係があるのでしょうか?
そして、もしこれが長い道のりだとしたら
どうやってこんなに早く来たんだろう?
繊細なものに拳を近づけたかな?
あなたを粉々にしてしまった?

And I’m sitting on a bench in Coney Island wondering where did my baby go?
The fast times, the bright lights, the merry go
Sorry for not making you my centerfold

私はコニーアイランドのベンチに座っている
私のベイビーはどこに行ってしまったのだろうか?
速い時間、明るい光、陽気な旅
センターフォールド(セクシーな男)にしなくてごめんね

Over and over
Lost again with no surprises
Disappointments, close your eyes
And it gets colder and colder
When the sun goes down

何度も何度も
驚きもなくまた迷走
失望、目を閉じて
そして、どんどん寒くなっていく…
日が落ちると

The question pounds my head
“What’s a lifetime of achievement?”
If I pushed you to the edge
But you were too polite to leave me
And do you miss the rogue
Who coaxed you into paradise and left you there?
Will you forgive my soul
When you’re too wise to trust me and too old to care?
‘Cause we were like the mall before the Internet
It was the one place to be
The mischief, the gift wrapped suburban dreams
Sorry for not winning you an arcade ring

疑問が頭をよぎる
“生涯の成果とは?”
もし私があなたを限界まで追い込んだら
しかし、あなたはあまりにも礼儀正しいので、私を置いていくことができませんでした。
そして、あなたはローグを見逃していますか?
誰があなたを楽園に誘い、そこに置き去りにしたのか?
私の魂を許してくれるだろうか?
私を信頼するには賢くて年を取りすぎた時?
‘私たちはインターネットの前にモールのようなものだったから
それは、一つの場所であった。
いたずら、プレゼントに包まれた郊外の夢
ゲーセンのリングが当たらなくてごめんね

Over and over
Lost again with no surprises
Disappointments, close your eyes
And it gets colder and colder
When the sun goes down

何度も何度も
驚きもなくまた迷走
失望、目を閉じて
そして、どんどん寒くなっていく…
日が落ちると

Were you waiting at our old spot
In the tree line by the gold clock
Did I leave you hanging every single day?
Were you standing in the hallway
With a big cake, happy birthday
Did I paint your bluest skies the darkest gray?
A universe away
And when I got into the accident
The sight that flashed before me was your face
But when I walked up to the podium
I think that I forgot to say your name

あなたは私たちの古い場所で待っていましたか?
金時計のそばの木のラインで
私は毎日、あなたを吊るしっぱなしにしていましたか?
廊下に立っていたのか?
大きなケーキで、お誕生日おめでとうございます
君の青い空を暗い灰色に塗ったかな?
離れた宇宙
そして、事故に遭った時
目の前に閃いたのは君の顔だった
しかし、私が演壇に上がると
あなたの名前を言い忘れていたと思います。

I’m on a bench in Coney Island wondering where did my baby go?
The fast times, the bright lights, the merry go
Sorry for not making you my centerfold
Over and over

コニーアイランドのベンチに座っています
私のベイビーはどこに行ったのでしょう?
速い時間、明るい光、メリーゴー
センターフォールドにしなくてごめんね
何度も何度も

Lost again with no surprises
Disappointments, close your eyes
And it gets colder and colder
When the sun goes down
When the sun goes down

驚きもなくまた迷走
失望、目を閉じて
そして、どんどん寒くなっていく…
日が落ちると
日が落ちると

The sight that flashed before me was your face
When the sun goes down
But I think that I forgot to say your name
Over and over
Sorry for not making you my
Making you my
Making you my centerfold

目の前に閃いたのは君の顔だった
日が落ちると
しかし、私はあなたの名前を言うのを忘れていたと思います。
何度も何度も
あなたを私のものにしなくてごめんなさい
あなたを私のものにする
あなたを私のセンターフォールド(雑誌の見開きなどのヌード写真)にする

ivy

How’s one to know?
I’d meet you where the spirit meets the bones
In a faith forgotten land
In from the snow
Your touch brought forth an incandescent glow
Tarnished but so grand

どうやって知るんだ?
魂と骨が出会うところで会おう
信仰の忘れられた土地で
雪の中から
あなたのタッチは白熱した輝きをもたらした
褐色になっているが、とても壮大だ

And the old widow goes to the stone every day
But I don’t, I just sit here and wait
Grieving for the living

そして老いた未亡人は毎日石のところに行く
でも私はここに座って待っています
生きている人のために嘆くこと

Oh, goddamn
My pain fits in the palm of your freezing hand
Taking mine, but it’s been promised to another
Oh, I can’t
Stop you putting roots in my dreamland
My house of stone, your ivy grows
And now I’m covered in you

何てこった
私の痛みはあなたの凍える手のひらにフィットします
私のを取るが、別の人と約束している
ああ、私はできません
私の夢の国に根を張るのを止めて
私の石の家にはツタが生えている
そして今、私はあなたに覆われています

I wish to know
The fatal flaw that makes you long to be
Magnificently cursed
He’s in the room
Your opal eyes are all I wish to see
He wants what’s only yours

知りたい
憧れを抱かせる致命的な欠陥
壮絶に呪われている
彼は部屋にいる
あなたのオパールの目は私が見たいすべてです
彼は自分だけのものを欲しがっている

Oh, goddamn
My pain fits in the palm of your freezing hand
Taking mine, but it’s been promised to another
Oh, I can’t
Stop you putting roots in my dreamland
My house of stone, your ivy grows
And now I’m covered

何てこった
私の痛みはあなたの凍える手のひらにフィットします
私のを取るが、別の人と約束している
ああ、私はできません
私の夢の国に根を張るのを止めて
私の石の家にはツタが生えている
そして今、私は覆われています

Clover blooms in the fields
Spring breaks loose, the time is near
What would he do if he found us out?
Crescent moon, coast is clear
Spring breaks loose, but so does fear
He’s gonna burn this house to the ground

畑に咲くクローバー
春はゆるゆる、時は近し
私たちのことがバレたらどうするんだろう?
三日月の月 海岸は澄んでいる
春が来れば怖くもなる
彼はこの家を焼き払うつもりだ

How’s one to know?
I’d live and die for moments that we stole
On begged and borrowed time
So tell me to run
Or dare to sit and watch what we’ll become
And drink my husband’s wine

どうやって知るの?
私たちが盗んだ瞬間のために生きて死ぬだろう
借りても借りても
逃げるように言ってくれ
それとも私たちが何になるかを見守る勇気があるのか
夫のワインを飲んで

Oh, goddamn
My pain fits in the palm of your freezing hand
Taking mine, but it’s been promised to another
Oh, I can’t
Stop you putting roots in my dreamland
My house of stone, your ivy grows
And now I’m covered in you
And I’m covered in you

何てこった
私の痛みはあなたの凍える手のひらにフィットします
私のを取るが、別の人と約束している
ああ、私はできません
私の夢の国に根を張るのを止めて
私の石の家にはツタが生えている
そして今、私はあなたに覆われています
そして、私はあなたに覆われている

So yeah, it’s a fire
It’s a violent blaze in the dark
And you started it
You started it
So yeah, it’s a war
It’s the fiercest fight of my life
And you started it
You started it

そうそう、それは火事だ
闇の中での激しい炎上である
あなたが始めたのね
あなたはそれを始めた
そうそう、それは戦争だ
人生で最も激しい戦いだった
あなたが始めたのね
あなたはそれを始めた

Oh, I can’t
Stop you putting roots in my dreamland
My house of stone, your ivy grows
And now I’m covered
In you
In you
Now I’m covered in you
In you

ああ、私はできません
私の夢の国に根を張るのを止めて
私の石の家にはツタが生えている
そして今、私は覆われています。
あなたの中で
あなたの中で
今、私はあなたに覆われています
あなたの中で




cowboy like me

And the tennis court was covered up
With some tent-like thing
And you asked me to dance
But I said, “dancing is a dangerous game”
Oh, I thought
This is gonna be one of those things
Now I know
I’m never gonna love again

そして、テニスコートは覆われていました。
何かのテントのようなもので
踊ろうって言ってくれたのに
でも私は「ダンスは危険な遊び」って言ったの
ああ、私は思った
これは、そのうちの一つになりそうです。
今、私は知っています。
もう二度と恋はしない

I’ve got some tricks up my sleeve
Takes one to know one
You’re a cowboy like me

袖に仕掛けがある
知るには知るが如し
あなたは私のようなカウボーイ

Never wanted love
Just a fancy car
Now I’m waiting by the phone
Like I’m sitting in an airport bar

愛を求めたことはない
ただの派手な車
今は電話で待っています
空港のバーに座っているような

You had some tricks up your sleeve
Takes one to know one
You’re a cowboy like me

袖に仕掛けがあったんだな
知るには知るが如し
あなたは私のようなカウボーイ

Perched in the dark
Telling all the rich folks anything they wanna hear
Like it could be love
I could be the way forward
Only if they pay for it
You’re a bandit like me
Eyes full of stars
Hustling for the good life
Never thought I’d meet you here
It could be love
We could be the way forward
And I know I’ll pay for it

暗闇の中に佇む
金持ちが聞きたいことを何でも話す
愛があるように
私は前に進むべき道かもしれない
彼らがそれを支払う場合にのみ
あなたは私のような盗賊です
星がいっぱいの目
良い生活のため 違法に金を稼ぐ
ここで会えるとは思わなかった
恋かもしれない
私たちは前進することができました
そして、私はそれを支払うことを知っています

You’re a cowboy like me

あなたは私のようなカウボーイ

Perched in the dark
Telling all the rich folks anything they wanna hear
Like it could be love
I could be the way forward
Only if they pay for it
You’re a bandit like me
Eyes full of stars
Hustling for the good life
Never thought I’d meet you here
It could be love
We could be the way forward
And I know I’ll pay for it

暗闇の中でペッタンコになって
金持ちが聞きたいことを何でも話す
愛があるように
私は前に進むべき道かもしれない
彼らがそれを支払う場合にのみ
あなたは私のような盗賊です
星がいっぱいの目
良い生活のため 違法に金を稼ぐ
ここで会えるとは思わなかった
恋かもしれない
私たちは前進することができました。
そして、私はそれを支払うことを知っています。

And the skeletons in both our closets
Plotted hard to mess this up
And the old men that I’ve swindled
Really did believe I was the one
And the ladies lunching have their stories about
When you passed through town
But that was all before I locked it down

クローゼットの中の骸骨も
これを台無しにするために苦労してプロットされています
私が騙し取った老人たちは
私がそうだと信じていた
そして、ランチをしている女性たちには、それぞれの体験談があります。
町を通り過ぎた時
しかし、それは私がそれをロックする前のことでした。

Now you hang from my lips
Like the Gardens of Babylon
With your boots beneath my bed
Forever is the sweetest con

いまあなたは私の唇にぶら下がってる
バビロンの庭のように
ベッドの下にブーツを置いて
いつまでも甘いものは食べられない

I’ve had some tricks up my sleeve
Takes one to know one
You’re a cowboy like me
And I’m never gonna love again
I’m never gonna love again
I’m never gonna love again

袖に仕掛けがあった
知るには知るが如し
あなたは私のようなカウボーイ
もう二度と恋はしない
もう二度と恋はしない
もう二度と恋はしない

long story short

Fatefully
I tried to pick my battles
Til the battle picked me
Misery
Like the war of words I shouted in my sleep
And you passed right by
I was in the alley surrounded on all sides
The knife cuts both ways
If the shoe fits, walk in it
Til your high heels break

運良く
私は自分の戦いを選択しようとした
戦いが私を選ぶまで
不幸
眠っている間に叫んだ言葉の戦争のように
そして、あなたはすぐそばを通り過ぎた
四方を囲まれた路地にいました。
ナイフは両方の方法をカットします。
靴が合うなら履いて歩け
あなたのハイヒールが壊れるまで

And I fell from the pedestal
Right down the rabbit hole
Long story short, it was a bad time
Pushed from the precipice
Clung to the nearest lips
Long story short, it was the wrong guy
Now I’m all about you
I’m all about you
I’m all about you

そして私は台座から落ちた
うさぎの穴を右下に
長い話、それは悪い時代だった
断崖絶壁から突き落とされた
唇にしがみついて
手短に言えば、それは間違った男だった
Now I’m all about you
私はあなたのことがすべてです
私はあなたのことがすべてです

Actually
I always felt I must look better in the rear view
Missing me
At the golden gates they once held the keys to
When I dropped my sword
I threw it in the bushes and knocked on your door
And we live in peace
But if someone comes at us
This time I’m ready

実際には
いつも後ろ姿の方がよく見えるようにしないといけないと思っていました
寂しい
黄金の門では、かつて彼らが鍵を握っていた
剣を落とした時
藪の中に投げ入れてドアをノックした
そして、私たちは平和の中で生きている
でも、もし誰かが私たちに向かってきたら
今回は準備ができています

‘Cause I fell from the pedestal
Right down the rabbit hole
Long story short, it was a bad time
Pushed from the precipice
Clung to the nearest lips
Long story short, it was the wrong guy
Now I’m all about you
I’m all about you
I’m all about you

台座から落ちたから
うさぎの穴を右下に
長い話、それは悪い時代だった
断崖絶壁から突き落とされた
唇にしがみついて
手短に言えば、それは間違った男だった
Now I’m all about you
私はあなたのことがすべてです
私はあなたのことがすべてです

No more keeping score
Now I just keep you warm
No more tug of war now
I just know there’s more
No more keeping score
Now I just keep you warm
And my waves meet your shore
Ever and evermore

これ以上スコアを維持することはありません
今、私はあなたを暖かくしています。
これ以上の綱引きはしない
まだまだあると思っています
これ以上スコアを維持することはありません
今、私はあなたを暖かくしています。
私の波があなたの岸辺を満たしている
いつまでも、いつまでも

Past me
I wanna tell you not to get lost in these petty things
Your nemeses will defeat themselves
Before you get the chance to swing
And he’s passing by
Rare as the glimmer of a comet in the sky
And he feels like home
If the shoe fits, walk in it
Everywhere you go

過ぎ去りし者
くだらないことに夢中になるなと言いたい
あなたの敵は自分自身を打ち負かす
スイングする機会を得る前に
そして、彼は通り過ぎていく
空に彗星のきらめきのように珍しい
そして、彼は家のように感じています。
靴が合うなら履いて歩け
どこに行っても

And I fell from the pedestal
Right down the rabbit hole
Long story short, it was a bad time
Pushed from the precipice
Climbed right back up the cliff
Long story short, I survived
Now I’m all about you
I’m all about you
I’m all about you
I’m all about you
I’m all about you
I’m all about you

そして私は台座から落ちた
うさぎの穴を右下に
長い話、それは悪い時代だった
断崖絶壁から突き落とされた
崖を右に登って戻ってきた
長い話をすると、私は生き残った
Now I’m all about you
私はあなたのことがすべてです
私はあなたのことがすべてです
私はあなたのことがすべてです
私はあなたのことがすべてです
私はあなたのことがすべてです

Long story short, it was a bad time
Long story short, I survived

長い話、それは悪い時代だった
長い話をすると、私は生き残った

marjorie

Never be so kind, you forget to be clever
Never be so clever, you forget to be kind

やさしさを忘れて 賢さを忘れてしまう
賢くても やさしさを忘れてはいけない

And if I didn’t know better
I’d think you were talking to me now
If I didn’t know better
I’d think you were still around
What died didn’t stay dead
What died didn’t stay dead
You’re alive, you’re alive in my head
What died didn’t stay dead
What died didn’t stay dead
You’re alive, so alive

もし私がもっとよく知らなかったら
今の私に話しかけていると思っていたが
知らなかったら
まだいたと思っていたが
死んだものは死なず
死んだものは死なず
あなたは生きている、あなたは私の頭の中で生きている
死んだものは死なず
死んだものは死なず
あなたは生きている、生きている

Never be so polite, you forget your power
Never wield such power, you forget to be polite

礼儀正しくしないと力を忘れてしまう
威張ってはいけない、礼儀を忘れてはいけない

And if I didn’t know better
I’d think you were listening to me now
If I didn’t know better
I’d think you were still around
What died didn’t stay dead
What died didn’t stay dead
You’re alive, you’re alive in my head
What died didn’t stay dead
What died didn’t stay dead
You’re alive, so alive

もし私がもっとよく知らなかったら
今の私の話を聞いていたのかと思うと
知らなかったら
まだいたと思っていたが
死んだものは死なず
死んだものは死なず
あなたは生きている、あなたは私の頭の中で生きている
死んだものは死なず
死んだものは死なず
あなたは生きている、生きている

The autumn chill that wakes me up
You loved the amber skies so much
Long limbs and frozen swims
You’d always go past where our feet could touch
And I complained the whole way there
The car ride back and up the stairs
I should’ve asked you questions
I should’ve asked you how to be
Asked you to write it down for me
Should’ve kept every grocery store receipt
‘Cause every scrap of you would be taken from me
Watched as you signed your name Marjorie
All your closets of backlogged dreams
And how you left them all to me

目が覚める秋の寒さ
琥珀色の空が好きだったんですね
長い手足と凍った泳ぎ
あなたはいつも私たちの足が触れるところを通り過ぎた
そして、私はそこに行くまでずっと文句を言っていた
車での往復と階段の上り下り
訊くべきだった
どうすればいいのか聞いておくべきだった
私のためにそれを書いてくれと頼んだ
雑貨屋のレシートは全部取っておくべきだった
あなたの全ての欠片が私から奪われるからだ
マジョリーという名前のサインを見ていた
夢の詰まったクローゼット
そして、あなたはそれらのすべてを私に残した

What died didn’t stay dead
What died didn’t stay dead
You’re alive, you’re alive in my head
What died didn’t stay dead
What died didn’t stay dead
You’re alive, so alive
And if I didn’t know better
I’d think you were singing to me now
If I didn’t know better
I’d think you were still around
I know better
But I still feel you all around
I know better
But you’re still around

死んだものは死なず
死んだものは死なず
あなたは生きている、あなたは私の頭の中で生きている
死んだものは死なず
死んだものは死なず
あなたは生きている、生きている
もし私がもっとよく知らなかったら
今は歌ってくれていると思っていたが
知らなかったら
まだいたと思っていたが
私の方がよく知っている
しかし、私はまだあなたのすべての周りに感じる
私の方がよく知っている
しかし、あなたはまだ近くにいます




closure

It’s been a long time
And seeing the shape of your name
Still spells out pain
It wasn’t right
The way it all went down
Looks like you know that now

お久しぶりです
あなたの名前の形を見て
それでも痛みは消えない
それは間違っていた
落ちていく様を見て
知っているようだな

Yes, I got your letter
Yes, I’m doing better
It cut deep to know ya
Right to the bone
Yes, I got your letter
Yes, I’m doing better
I know that it’s over
I don’t need your “closure”
Your “closure”

はい、お手紙をいただきました
はい、良くなってきました
知っていると心が痛む
骨に向かって右
はい、お手紙をいただきました
はい、良くなってきました
終わったことを知っている
あなたの “閉鎖 “は要らない
あなたの “閉鎖”

Don’t treat me like some situation that needs to be handled
I’m fine with my spite
And my tears
And my beers and my candles
I can feel you smoothing me over

私を処理する必要がある状況のように扱わないでください。
恨みっこなし
そして私の涙
私のビールとキャンドルも
私はあなたが私を滑らかにするのを感じることができます

Yes, I got your letter
Yes, I’m doing better
It cut deep to know ya
Right to the bone
Yes, I got your letter
Yes, I’m doing better
I know that it’s over
I don’t need your “closure”
Your “closure”
Your “closure”
Your “closure”

はい、お手紙をいただきました
はい、良くなってきました
知っていると心が痛む
骨に向かって右
はい、お手紙をいただきました
はい、良くなってきました
終わったことを知っている
あなたの “閉鎖 “は要らない
あなたの “閉鎖”
あなたの “閉鎖”
あなたの “閉鎖”

I know I’m just a
Wrinkle in your new life
Staying “friends”
Would iron it out so nice
Guilty, guilty reaching out across the sea
That you put between you and me
But it’s fake
And it’s oh so unnecessary

私はただの
新生活のシワ
“友達 “のままで
それはとても素敵なアイロンをかけるだろう
海を越えて手を伸ばす罪悪感
あなたが私とあなたの間に置いたこと
しかし、それは偽物です。
そして、それはとても不必要です。

Yes, I got your letter
Yes, I’m doing better
It cut deep to know ya
Right to the bone
Yes, I got your letter
Yes, I’m doing better
I know that it’s over
I don’t need your “closure”
“Closure”
Your “closure”
Your “closure”

はい、お手紙をいただきました
はい、良くなってきました
知っていると心が痛む
骨に向かって右
はい、お手紙をいただきました
はい、良くなってきました
終わったことを知っている
あなたの “閉鎖 “は要らない
“閉鎖”

あなたの “閉鎖”
あなたの “閉鎖”

evermore

Gray November
I’ve been down since July
Motion capture
Put me in a bad light

灰色の11月
7月から落ち込んでる
モーションキャプチャー
私に悪い影響を与える

I replay my footsteps on each stepping stone
Trying to find the one where I went wrong
Writing letters
Addressed to the fire

飛び石のたびに自分の足音を再生する
間違った場所を見つけようとしている
手紙の書き方
火事へのあて先

And I was catching my breath
Staring out an open window
Catching my death
And I couldn’t be sure
I had a feeling so peculiar
That this pain would be for
Evermore

私は息を引き取っていた
開いた窓を見つめて
私の死をキャッチ
確信が持てなかった
妙な予感がしたので
この痛みは、そのためのものだと
エバーモア(※永久に いつも)

Hey December
Guess I’m feeling unmoored
Can’t remember
What I used to fight for

やぁ十二月
抜けそうな気がする
思い出せない
昔は何のために戦っていたのか

I rewind the tape but all it does is pause
On the very moment all was lost
Sending signals
To be double crossed

テープを巻き戻すが一時停止しかしない
すべてが失われた瞬間に
信号の送信
二重に交差すること

And I was catching my breath
Barefoot in the wildest winter
Catching my death
And I couldn’t be sure
I had a feeling so peculiar
That this pain would be for
Evermore
(Evermore)

私は息を引き取っていた
大自然の冬に裸足で
私の死をキャッチ
確信が持てなかった
妙な予感がしたので
この痛みは、そのためのものだと
エバーモア
(エバーモア)

Can’t not think of all the cost
And the things that will be lost
Oh, can we just get a pause?
To be certain we’ll be tall again
Whether weather be the frost
Or the violence of the dog days
I’m on waves, out being tossed
Is there a line that I could just go cross?

すべてのコストを考えることはできません
そして、失われるものは
ちょっと間を空けてくれないか?
また背が高くなることを確信するために
厳寒でも猛暑でも
私は波に乗っていて、投げられています
越えてもいいラインってあるのかな?

And when I was shipwrecked (Can’t think of all the cost)
I thought of you (All the things that will be lost now)
In the cracks of light (Can we just get a pause?)
I dreamed of you (To be certain we’ll be tall again)
(If you think of all the costs)
It was real enough (Whether weather be the frost)
To get me through (Or the violence of the dog days)
(Out on waves being tossed)
I swear (Is there a line that we could just go cross?)
You were there

で、難破した時に(費用を全部考えられない)
君のことを思っていた(今は無くなるものは全て)
光の割れ目の中で(ちょっと間を空けてもいいかな?)
君を夢見て(また背伸びをすることを確信するために)
(全ての費用を考えれば)
それは十分に現実的でした(天気が厳寒であるかどうか)
私を乗り越えるために(または猛暑)
(投げられる波に出て)
誓う(このまま渡れそうなラインがあるのか?)
あなたはそこにいた

And I was catching my breath
Floors of a cabin creaking under my step
And I couldn’t be sure
I had a feeling so peculiar
This pain wouldn’t be for
Evermore
Evermore
Evermore
This pain wouldn’t be for evermore
Evermore

私は息を引き取っていた
足元で軋むキャビンの床
確信が持てなかった
妙な予感がしたので
この痛みは
エバーモア
エバーモア
エバーモア
この痛みは永遠に続くものではない
エバーモア

(関連記事)

テイラースウィフト 新作「Folklore(大衆音楽)」全16曲を和訳
https://book-jockey.com/archives/11046

PC用関連コンテンツ

シェアする