テイラースウィフト 新作「Folklore(大衆音楽)」全16曲を和訳。Deepl翻訳やけど。

テイラースイフト

(追記)2020年12月11日発売「ever more」の全15曲和訳はこちらからどうぞ。
https://book-jockey.com/archives/12074

2020年7月24日(金)に発売されたテイラー・スウィフト(30歳)8枚目のニュー・アルバム「フォルクローレ(大衆音楽、民族音楽)」。

この新作は発売情報がまったくなくて、7月23日にテイラー自身が、SNSで緊急発売を発表しました。アルバムのリリースについてテイラー・スイフトは次のように述べています。

「今年より前は、アルバムをリリースするにあたって完璧なタイミングはいつか考え過ぎていたと思う。けれど、今暮らしている時代は何も保証などないことを私に思い出させてくれた。直感が、大好きなものを作ったのなら、すぐに世に出すべきだって言ってくれたの。そういう不確実性には乗ってみることにした。みんなのことがすごく大好きだわ」

今作はカントリーや、近作のトラップ風ポップとも違うかんじ。なんていうか水墨画のような雰囲気。ある時期のエンヤとか、トラッシュキャンシナトラズなんかが思い出されました。全編がピアノを中心とした落ち着いた雰囲気。

朝から3回ほど通しで聞いてますが、けっこういい作品です。なので全曲の和訳が読みたいと思いました。細部は別として大意がわかればいい。なのでGoogle翻訳より賢い、Deepl翻訳してみました。

以下に全曲の英語歌詞と和訳を。PCで見るにしても1ページにまとまってた方が見やすい。なのでページを分けず全16曲このページにまとめました。いちいち検索せんですむ。

the 1

Taylor Swift – the 1 (Official Lyric Video)

I’m doing good, I’m on some new shit
Been saying “Yes” instead of “No”
I thought I saw you at the bus stop, I didn’t though

I hit the ground running each night
I hit the Sunday matinee
You know the greatest films of all time were never made

I guess you never know, never know
And if you wanted me, you really should’ve showed
And if you never bleed, you’re never gonna grow
And it’s alright now

But we were something, don’t you think so?
Roaring twenties, tossing pennies in the pool
And if my wishes came true
It would’ve been you
In my defense, I have none
For never leaving well enough alone
But it would’ve been fun
If you would’ve been the one

I have this dream you’re doing cool shit
Having adventures on your own
You meet some woman on the Internet and take her home
We never painted by the numbers, baby
But we were making it count
You know the greatest loves of all time are over now

I guess you never know, never know
And it’s another day, waking up alone

But we were something, don’t you think so?
Roaring twenties, tossing pennies in the pool
And if my wishes came true
It would’ve been you
In my defense, I have none
For never leaving well enough alone
But it would’ve been fun
If you would’ve been the one

Hey, yeah-yeah
Persist and resist the temptation to ask you
If one thing had been different
Would everything be different today?

We were something, don’t you think so?
Rosé flowing with your chosen family
And it would’ve been sweet
If it could’ve been me
In my defense, I have none
For digging up the grave another time
But it would’ve been fun
If you would’ve been the one

順調だよ、新しいことを始めたんだ
“No “ではなく “Yes “と言ってきた
バス停で見かけたと思ったんだけど 違うんだよね

毎晩のように走り回っていた
日曜のマチネでは
史上最高の映画が作られなかったことを知っているでしょ

あなたにはわからないでしょうね
私が欲しければ、あなたは本当に示すべきだった
血を流さなければ 成長もしないし
今はそれでいいんだけど

でも私たちは何かを持っていた、そう思わない?
轟く20代、プールで小銭を投げ合う
願いが叶うとしたら
それはあなただった
私には何の弁明もないけど
ひとりぼっちじゃないから
でも、楽しかっただろうな
もしあなたがその人だったら

あなたがカッコいいことをしている夢を見たわ
一人で冒険している
インターネットで知り合った女性を家に連れて行く
数で勝負したわけじゃないけど
しかし、私たちはそれをカウントしていた
史上最高の恋はもう終わったの

あなたにはわからないでしょうね
そして また別の日 一人で目を覚ます

でも私たちは何かを持っていた、そう思わない?
轟く20代、プールで小銭を投げ合う
願いが叶うとしたら
それはあなただった
私には何の弁明もないけど
ひとりぼっちじゃないから
でも、楽しかっただろうな
もしあなたがその人だったら

ねえ、ねえ
あなたに聞きたい 誘惑に負けずに頑張る
もしも一つのことが違っていたら
今日のすべてが変わっていたかな?

私たちは何かを持っていた、そう思わない?
選ばれた家族とロゼが流れる
そしてそれは甘美だったでしょう
もしそれが私であったなら
私には何もありません
墓穴を掘るのはまたの機会に
でも、楽しかっただろうな
もしあなたがその人だったら

ソングミーニングの解釈(Deepl翻訳)

彼女は最高の人生を送っていて、最高のことをしていて、とても幸せだと話しています。彼女はこのブレイク・アップの曲では、穏やかでリラックスしていて新鮮に聞こえます。彼女は元恋人に直接話しかけ、彼に欠けているものを全て見せようと最善を尽くしています。元恋人の浮気を非難しながらも、「彼がその人だったら楽しかったのに」と冒険的に語っています。

cardigan

Taylor Swift – cardigan (Official Music Video)

テイラーが監督したこの新曲動画。「ピアノの森」のオマージュやん。

Vintage tee, brand new phone
High heels on cobblestones
When you are young, they assume you know nothing
Sequin smile, black lipstick
Sensual politics
When you are young, they assume you know nothing

But I knew you
Dancing in your Levi’s
Drunk under a streetlight, I
I knew you
Hand under my sweatshirt
Baby kiss it better, right

And when I felt like I was an old cardigan under someone’s bed
You put me on and said I was your favorite
A friend to all is a friend to none
Chase two girls, lose the one
When you are young, they assume you know nothing

But I knew you
Playing hide-and-seek and
Giving me your weekends
I, I knew you
Your heartbeat on the High Line
Once in twenty lifetimes, I

And when I felt like I was an old cardigan under someone’s bed
You put me on and said I was your favorite

To kiss in cars and downtown bars
Was all we needed
You drew stars around my scars
But now I’m bleeding

‘Cause I knew you
Stepping on the last train
Marked me like a bloodstain, I
I knew you
Tried to change the ending
Peter losing Wendy
I, I knew you
Leaving like a father
Running like water, I
When you are young, they assume you know nothing

But I knew you’d linger like a tattoo kiss
I knew you’d haunt all of my what-ifs
The smell of smoke would hang around this long
‘Cause I knew everything when I was young
I knew I’d curse you for the longest time
Chasing shadows in the grocery line
I knew you’d miss me once the thrill expired
And you’d be standing in my front porch light
And I knew you’d come back to me
You’d come back to me
And you’d come back to me
And you’d come back

And when I felt like I was an old cardigan under someone’s bed
You put me on and said I was your favorite

ヴィンテージTシャツ、新品の携帯電話
石畳にハイヒール
若い時は何も知らないと思われる
スパンコールの笑顔、黒い口紅
官能的な政治
若い時は何も知らないと思われる

でも私はあなたを知っていた
Levi’sで踊っていた
街灯の下で酔っぱらった私
私はあなたを知っていた
スウェットの下に手を入れて
Baby kiss it better, right

誰かのベッドの下にある 古いカーディガンのような気がしたとき
あなたは私に着せ、私はあなたのお気に入りだと言った
みんなの友達は みんなの友達じゃない
二人の女を追いかけ 一人を失う
若いうちは何も知らないと思われがちだけど

でも私はあなたを知っていた
かくれんぼをしたり
あなたの週末をください
私は 私はあなたを知っていた
ハイラインでのあなたの鼓動
二十年に一度の人生 私は

誰かのベッドの下にある 古いカーディガンのような気がしたとき
あなたは私に着せ、私はあなたのお気に入りだと言った

車の中や街のバーでキスをする
必要なのはそれだけ
私の傷跡に星を描いてくれた
でも今は血が出ている

あなたを知っていたから
終電に乗って
血痕のように私をマークした、私は
あなたを知っていたから
エンディングを変えようとした
ウェンディを失ったピーター
私は 私はあなたを知っていた
父親のように去っていく
水のように流れる私
若い頃は何も知らないと思われがちだけど

でもあなたは タトゥーのキスのように残ると思っていた
あなたは、私の仮説を悩ますことは知っていた
煙の匂いがこんなにも長く残るなんて
若い頃は何でも知っていたから
あなたを呪うことになるだろうと思ったんだ
食料品店の列で影を追う
ドキドキ感がなくなると寂しくなるのはわかっていたけど
玄関先の明かりの中に立っていると
あなたは必ず戻ってくると信じていたよ
あなたは私の元に戻ってくる
あなたは私に戻ってくる
そしてあなたは戻ってくる

誰かのベッドの下にある 古いカーディガンのような気がしたとき
あなたは私に着せ、私はあなたのお気に入りだと言った

ソングミーニングの解釈(Deepl翻訳)

ヴィンテージTシャツと新品の携帯電話を持った彼女のクラスについて語っています。この曲では、彼女は自分の欠点を笑い飛ばしているように、とても大人びていて、責任感があります。曲のタイトルは今ではとても意味のあるものになっていて、彼女は元恋人を非難し、拒絶、失恋、憂鬱について語っています。彼女は前に進んだけど、彼のベッドの下で古いカーディガンを着ていた頃の涙を忘れていないことを示しています。

TIMEのこの曲への考察

熱心なリスナーはよく知っているように、Swiftは過去のリフが大好きです。また、彼女は昔の音楽への言及を織り交ぜることも大好きで、ファンが時代から時代へと辿っていくためのパンくずのような痕跡を残しています。「車やダウンタウンのバーでキスをすることが必要だった」と歌う “カーディガン “は、恋人の “コーネリア・ストリート “の彼女の歌詞のエコーによく似ています。また、同じ曲で “You drew stars around my scars “と歌われた時、親しいファンは “Lover “の “ギターの弦の傷跡 “を思い出すかもしれません。

the last great american dynasty

Taylor Swift – the last great american dynasty (Official Lyric Video)

Rebekah rode up on the afternoon train, it was sunny
Her saltbox house on the coast took her mind off St. Louis
Bill was the heir to the Standard Oil name, and money
And the town said “How did a middle class divorcée do it?”

The wedding was charming, if a little gauche
There’s only so far new money goes
They picked out a home and called it “Holiday House”
Their parties were tasteful, if a little loud
The doctor had told him to settle down
It must have been her fault his heart gave out

And they said “There goes the last great American dynasty”
Who knows, if she never showed up what could’ve been
There goes the maddest woman this town has ever seen
She had a marvelous time ruining everything

Rebekah gave up on the Rhode Island set forever
Flew in all the Bitch Pack friends from the city
Filled the pool with champagne and swam with the big names
And blew through the money on the boys and the ballet
And losing on card game bets with Dalí

And they said “There goes the last great American dynasty”
Who knows, if she never showed up, what could’ve been
There goes the most shameless woman this town has ever seen
She had a marvelous time ruining everything

They say she was seen on occasion
Pacing the rocks staring out at the midnight sea
And in a feud with her neighbor
She stole his dog and dyed it key lime green
Fifty years is a long time
Holiday House sat quietly on that beach
Free of women with madness
Their men and bad habits, and then it was bought by me

Who knows, if I never showed up what could’ve been
There goes the loudest woman this town has ever seen
I had a marvelous time ruining everything
I had a marvelous time
Ruining everything
A marvelous time
Ruining everything
A marvelous time
I had a marvelous time

レベッカは午後の列車に乗ってやってきた 晴れていた
海岸沿いの塩の箱のような家で、彼女はセントルイスのことを忘れていた
ビルはスタンダード・オイルの名前とお金を受け継いでいた
町では「中流階級のバツイチがよくやったな」と言われていた

結婚式は少々派手だったけど 魅力的だった
新しいお金はどこまでも続く
家を選んで “ホリデー・ハウス “と名付けた
パーティーは派手だけど センスがいい
医者は彼に落ち着くように言った
心が折れてしまったのは、彼女のせいに違いない

“アメリカ最後の大王朝の誕生だ “と言われたけど
もし彼女が現れなかったら……どうなっていただろう?
この町で一番狂った女が現れた
彼女は素晴らしい時間を過ごし全てを台無しにした

レベッカはロードアイランドのセットに永遠に見切りをつけた
都会からビッチパックな仲間たちを呼び寄せて
プールをシャンパンで満たし、大物たちと泳いだ
男の子とバレエでお金を使い果たしたけど
ダリとのカードゲームの勝負に負けて

そして、「アメリカ最後の偉大な王朝が消えた」と言われた
もし彼女が現れなかったら、どうなっていたか、誰にもわからない
この街で最も恥知らずな女が現れた
彼女はすべてを台無しにする素晴らしい時間を過ごし

彼女は時々目撃されたらしい
真夜中の海を眺めながら岩の上を歩き回ったり
隣人との確執から
彼の犬を盗んで キーライムグリーンに染めた
50年という時間は長い
ホリデーハウスはあの浜辺に静かに佇んでいた
狂気に満ちた女たちから解放され
男たちと悪い習慣から解放されていたそれを私が買ったのだ

私が来なければどうなっていたか 誰にもわからない
町一番の大声女の登場だ
すべてを台無しにして 楽しんだわ
私は素晴らしい時間を過ごした
すべてを台無しにして
素晴らしい時間
すべてを台無しにする
素晴らしい時間
私は素晴らしい時間を過ごした

LAタイムズのこの曲に関する考察(Deepl翻訳)

“The Last Great American Dynasty “は基本的にテイラー・スウィフトのロードアイランド大邸宅、前の所有者の社交界のレベッカ・ハークネスの物語。”ベティ “という名前と歌の中の妻の名前、レベッカ・ハークネスを結びつけるとファンは推測を始めます。



exile

Taylor Swift – exile (feat. Bon Iver) (Official Lyric Video)

I can see you standin’, honey
With his arms around your body
Laughin’ but the joke’s not funny at all
And it took you five whole minutes
To pack us up and leave me with it
Holdin’ all this love out here in the hall

I think I’ve seen this film before
And I didn’t like the ending
You’re not my homeland anymore
So what am I defendin’ now?
You were my town
Now I’m in exile seein’ you out
I think I’ve seen this film before

Hoo, hoo-ooh
Hoo, hoo-ooh
Hoo, hoo-ooh

I can see you starin’, honey
Like he’s just your understudy
Like you’d get your knuckles bloody for me
Second, third, and hundredth chances
Balancin’ on breaking branches
Those eyes add insult to injury

I think I’ve seen this film before
And I didn’t like the ending
I’m not your problem anymore
So who am I offending now?
You were my crown
Now I’m in exile seein’ you out
I think I’ve seen this film before
So I’m leavin’ out the side door

So step right out
There is no amount
Of cryin’ I can do for you

All this time
We always walked a very thin line
You didn’t even hear me out
You never gave a warning sign

All this time
I never learned to read your mind
I couldn’t turn things around  You never turned things around
‘Cause you never gave a warning sign  I gave so many signs
So many signs
So many signs  You didn’t even see the signs

I think I’ve seen this film before
And I didn’t like the ending
You’re not my homeland anymore
So what am I defending now?
You were my town
Now I’m in exile seein’ you out
I think I’ve seen this film before
So I’m leaving out the side door

So step right out
There is no amount
Of cryin’ I can do for you

All this time
We always walked a very thin line
You didn’t even hear me out  You didn’t even hear me out
You never gave a warning sign  I gave so many signs

All this time
I never learned to read your mind  Never learned to read my mind
I couldn’t turn things around  You never turned things around
‘Cause you never gave a warning sign  I gave so many signs

All this time  So many signs
I never learned to read your mind  So many signs
I couldn’t turn things around
‘Cause you never gave a warning sign  Never gave a warning sign

あなたが立っているのが見えるわ
彼の腕をあなたの体に巻きつけて
笑っていてもジョークは全く笑えない
あなたが5分もかかったのは
荷物をまとめて私を置いていくのに
この愛をホールに持ち出して

この映画は前に見たことがあるような気がする
結末が気に入らないんだ
あなたはもう私の祖国ではない
じゃあ何を守ればいいの?
あなたは私の町でした
今は亡命してあなたを見送っています
この映画は前に見たことがあるような気がする

Hoo, hoo-ooh
Hoo, hoo-ooh

あなたが主演しているのが見えるわ、ハニー
彼はただの代役のように
私のために拳を握って血を流すように
2回目、3回目、100回目のチャンス
枝を折ってバランスをとる
その目は傷をさらに悪化させる

この映画を見たことがあるような気がする
エンディングが気に入らないんだ
私はもうあなたの問題ではない
今は誰を怒らせているの?
あなたは私の王冠だった
今は亡命してあなたを見送っています
この映画は前に見たことがあるような気がする
だからわたしはドアから出て行く

だから右に出て
どれだけ泣いても
あなたのために泣いても

これまでずっと
私たちはいつも細い線を歩いていた
あなたは私の話を聞いてもくれなかった
あなたは警告のサインを出さなかった

今までずっと
私はあなたの心を読むことを学ばなかった
私は事態を好転できなかった あなたも事態を好転できなかった
あなたが警告のサインをしなかったから 私は多くのサインをした
たくさんのサイン
たくさんのサイン あなたはそのサインに気づかなかった

この映画は前に見たことがあるような気がする
結末が気に入らないの
あなたはもう私の祖国ではない
じゃあ今の私は何を守ればいいの?
あなたは私の町だった
今は亡命してあなたを見送っている
この映画は前に見たことがあるような気がする
だから横のドアから出て行くんだ

だから右に出て
どれだけ泣いても
あなたのために泣いても

今までずっと
私はあなたの心を読むことを学ばなかった 私の心を読むことを学ばなかった
私は事態を好転できなかった あなたも事態を好転できなかった
あなたが警告のサインを出さないから 私は多くのサインを出した

今までずっと
私はあなたの心を読むことを学ばなかった 私の心を読むことを学ばなかった
私は事態を好転できなかった  あなたも事態を好転できなかった
あなたが警告のサインを出さないから 私は多くのサインを出した

今までずっと、たくさんのサインを出してきた
私はあなたの心を読むことを学ばなかったので、多くのサインを
振り返ることができなかった
あなたが警告のサインを出さなかったから 警告のサインを出さなかったから

TIME(Deepl翻訳)

別れの痛みを感じさせる曲。

my tears ricochet

Taylor Swift – my tears ricochet (Official Lyric Video)

We gather here
We line up weeping in a sunlit room
And if I’m on fire
You’ll be made of ashes, too

Even on my worst day
Did I deserve, babe
All the hell you gave me?
‘Cause I loved you
I swear I loved you
Till my dying day

I didn’t have it in myself to go with grace
And you’re the hero flying around saving face
And if I’m dead to you why are you at the wake?
Cursing my name
Wishing I stayed
Look at how my tears ricochet

We gather stones
Never knowing what they’ll mean
Some to throw
Some to make a diamond ring
You know I didn’t want to
Have to haunt you
But what a ghostly scene
You wear the same jewels
That I gave you
As you bury me

I didn’t have it in myself to go with grace
‘Cause when I’d fight, you used to tell me I was brave
And if I’m dead to you why are you at the wake?
Cursing my name
Wishing I’d stayed
Look at how my tears ricochet

And I can go anywhere I want
Anywhere I want
Just not home
And you can aim for my heart, go for blood
But you would still miss me in your bones
And I still talk to you
When I’m screaming at the sky
And when you can’t sleep at night
You hear my stolen lullabies

I didn’t have it in myself to go with grace
And so the battleships will sink beneath the waves
You had to kill me, but it killed you just the same
Cursing my name
Wishing I stayed
You turned into your worst fears
And you’re tossing out blame
Drunk on this pain
Crossing out the good years
And you’re cursing my name
Wishing I stayed
Look at how my tears ricochet

私たちはここに集まる
日の当たる部屋で泣きながら並ぶ
もし私が燃えていたら
あなたも灰になってしまうよ

最悪の日でも
あなたが私に与えた全ての地獄に 私は値していた?
あなたを愛していたから
誓ってあなたを愛していた
死にゆく日まで

私は自分の中では優しさを持ってなかった
あなたは顔を守るために飛んでいるヒーローだ
私が死んだのならなぜお通夜にいるの?
私の名前を罵りながら
残っていればよかったのに
私の涙がどう跳ね返るか見て

私たちは石を集める
その意味を知らずに
あるものは投げるために
ダイヤの指輪を作るために
私はあなたを悩ませたくなかったの
あなたを悩ませたくなかった
しかし、なんという幽霊のような光景
あなたは同じ宝石を身に着けている
私があなたに与えたものと同じ
私を埋葬するように

私は自分の中に潔さを持っていなかった
喧嘩した時、あなたは私に勇気があると言っていたから
もし私が死んだのならなぜあなたは通夜にいるの?
私の名前を罵りながら
残っていればよかったと思いながら
涙がどう跳ね返ってくるか見て

私はどこへでも行ける
好きなところへ
ただ家には帰らない
私の心臓を狙ってもいい 血を求めてもいい
でも 骨の髄まで私が恋しいはず
そして 私はまだあなたに話す
空に向かって叫んでいても
あなたが夜眠れないときは
あなたは私の盗んだ子守唄を聞く

潔く行くことは自分にはできなかった
そうして戦艦は波の下に沈んでいく
私を殺さなければならなかったが あなたも同じように殺された
私の名前を罵り
残っていればよかったのに
あなたは最悪の恐怖に変わった
そして あなたは責任を投げ出している
この痛みに酔いしれて
楽しかった時代を消して
そしてあなたは私の名前を呪っている
残ることを願う
私の涙がどう跳ね返るか見てください

ソングミーニングの解釈(Deepl翻訳)

元恋人にプレゼントした宝石を身に着けたまま埋もれてしまった元恋人を追いかけるハンターの視点で語っています。彼女はこのトラックではとても成熟していて、ビートが落ちる頃には、彼女は芸術的なクローナーへと変貌しています。彼女は自分には優雅に行くことができなかったと言い、復讐心を持って元恋人の後を追うことを選択しました。この曲は、彼女の幅広いカタログの中でもトップレベルのブレイクアップ・アンセムやパワー・バラードの中でも、最も心に響く曲だ。この曲は完璧なビートを持っていて、彼女は元恋人の部屋に滑り込み、二人の間で共有された不潔な時間のすべての復讐をすることができます。大人っぽくて、内省的で、頭が良くて、きちんとした曲。この女にできないことはないと思わせてくれるし、自分の毒気を見直そうと思わせてくれる。

mirrorball

Taylor Swift – mirrorball (Official Lyric Video)

I want you to know
I’m a mirrorball
I’ll show you every version of yourself tonight
I’ll get you out on the floor
Shimmering beautiful
And when I break it’s in a million pieces

Hush
When no one is around, my dear
You’ll find me on my tallest tiptoes
Spinning in my highest heels, love
Shining just for you
Hush
I know they said the end is near
But I’m still on my tallest tiptoes
Spinning in my highest heels, love
Shining just for you

I want you to know
I’m a mirrorball
I can change everything about me to fit in
You are not like the regulars
The masquerade revelers
Drunk as they watch my shattered edges glisten

Hush
When no one is around, my dear
You’ll find me on my tallest tiptoes
Spinning in my highest heels, love
Shining just for you
Hush
I know they said the end is near
But I’m still on my tallest tiptoes
Spinning in my highest heels, love
Shining just for you

And they called off the circus
Burned the disco down
When they sent home the horses
And the rodeo clowns
I’m still on that tightrope
I’m still trying everything to get you laughing at me
I’m still a believer but I don’t know why
I’ve never been a natural
All I do is try, try, try
I’m still on that trapeze
I’m still trying everything
To keep you looking at me

Because I’m a mirrorball
I’m a mirrorball
I’ll show you every version of yourself
Tonight

あなたに知ってもらいたいのは
私はミラーボール
私は今夜 すべてのバージョンの自分を見せる
私はあなたを床の上に出す
煌めく美しさ
壊れたら100万個のピースになってしまう

シー(静かに)
誰もいない時は
あなたは精一杯つま先立ちの私を見つけることができる
最高のヒールで回転する愛
あなたのためだけに輝く
シー(静かに)
終わりは近いと言われてるけど
でも、私はまだつま先立って
最高のヒールで回転する愛
あなたのためだけに輝く

あなたに知ってもらいたい
私はミラーボール
私は自分のすべてを変えられる
あなたは常連客とは違う
仮面舞踏会の参加者は
酔っぱらって私の砕けた縁が光るのを見ている

シー(静かに)
誰もいない時は
あなたは精一杯つま先立ちの私を見つけることができる
最高のヒールを履いて回転する愛
あなたのためだけに輝く
シー(静かに)
終わりは近いと言われていたけど
でも私はまだ つま先立っている
最高のヒールを履いて回転する愛
あなたのためだけに輝く

そして彼らはサーカスを中止して
ディスコを燃やし
彼らが馬を家に送った時
ロデオピエロも
私はまだその綱渡りをしている
笑ってもらうために何でもやってみるよ
私はまだ信じているけど なぜだかわからない
私は一度も自然になれなかった
私がすることは、トライ、トライ、トライ
私はまだブランコに乗っている
私はまだすべてを試している
あなたが私を見続けるために

私はミラーボールだから
私はミラーボール
自分のすべてのバージョンを見せてあげる
今夜は

ソングミーニングの解釈(Deepl翻訳)

「ミラーボール」は、多くの異なる側面を持つ誰かについての歌です。誰もが人のすべての側面を見るのではなく、見たいものだけを見ます。スウィフトは「私はミラーボールです/今夜は自分のすべてのバージョンをお見せします」と歌っていますが、これは彼女があなたが見たいものだけを見せようとしていることを示しているだけです。彼女の視線はあなただけにありますが、彼女は「あなたのためだけに輝いています」。これは、スウィフトが自分自身の非常に多くのバージョンである必要がある方法です。一般の人、彼女の友人、および彼女の家族が知っている人。



seven

Taylor Swift – seven (Official Lyric Video)

7曲目がセブンなんやね。

Please picture me
In the trees
I hit my peak at seven
Feet
In the swing
Over the creek
I was too scared to jump in, but I, I was high
In the sky
With Pennsylvania under me
Are there still beautiful things?

Sweet tea in the summer
Cross your heart, won’t tell no other
And though I can’t recall your face
I still got love for you
Your braids like a pattern
Love you to the moon and to Saturn
Passed down like folk songs
The love lasts so long

And I’ve been meaning to tell you
I think your house is haunted
Your dad is always mad and that must be why
And I think you should come live with
Me and we can be pirates
Then you won’t have to cry
Or hide in the closet
And just like a folk song
Our love will be passed on

Please picture me
In the weeds
Before I learned civility
I used to scream
Ferociously
Any time I wanted

Sweet tea in the summer
Cross my heart, won’t tell no other
And though I can’t recall your face
I still got love for you
Pack your dolls and a sweater
We’ll move to India forever
Passed down like folk songs
Our love lasts so long

私の姿を思い浮かべて
木々の中で
私のピークは7歳
ブランコの上で揺れる足
小川の上で
怖くて飛び込めなかったけど、私は、私は、高かった
空には
ペンシルバニアの下で
美しいものはまだあるの?

夏の甘い紅茶
胸を張って 誰にも言わないよ
あなたの顔を思い出せなくても
あなたへの愛は変わらない
模様のようなあなたの三つ編み
月にも土星にも愛してる
民謡のように受け継がれていく
愛は長く続く

そして、私はあなたを伝えるためにしようとしている
あなたの家は幽霊が出ると思うの
あなたのお父さんはいつも怒っていて、それが理由に違いないわ
一緒に暮らそうよ
海賊になって一緒に暮らそうよ
そうすれば、泣かなくてもいいし
クローゼットに隠れる必要もない
そして民謡のように
私たちの愛は受け継がれていく

私の姿を想像してみて
雑草の中で
私が礼儀を学ぶ前
私はよく叫んだ
猛烈な勢いで
いつでも好きな時に

夏には甘い紅茶
心に誓って誰にも言わないよ
あなたの顔を思い出せなくても
あなたへの愛は変わらない
お人形とセーターを持って
インドで永遠に暮らそう
民謡のように語り継がれる
私たちの愛はとても長く続く

ソングミーニングの解釈(Deepl翻訳)

幼少期の友情がいかに無邪気なものであったか、想像力豊かなものであったかを思い出す歌です。何もかもが純粋で手つかずだった時代への頌歌です。スウィフトの幼少期への懐かしさを歌った曲です。アルバムの中でも特にエモーショナルな曲です。甘くてシンプルな曲ですが、スウィフトの青春時代が引き裂かれていく気持ちが伝わってきます。

august

Taylor Swift – august (Official Lyric Video)

8曲目が八月か。よう考えとる。

Salt air
And the rust on your door
I never needed anything more
Whispers
Of “Are you sure?”
“Never have I ever before”

But I can see us
Lost in the memory
August slipped away into a moment in time
‘Cause it was never mine
And I can see us twisted in bedsheets
August sipped away
Like a bottle of wine
‘Cause you were never mine

Your back
Beneath the sun
Wishing I could write my name on it
Will you call when you’re back at school?
I remember thinking I had you

But I can see us
Lost in the memory
August slipped away into a moment in time
‘Cause it was never mine
And I can see us twisted in bedsheets
August sipped away
Like a bottle of wine
‘Cause you were never mine

Back when we were still changing for the better
Wanting was enough
For me, it was enough
To live for the hope of it all
Cancel plans just in case you’d call
And say “Meet me behind the mall”
So much for summer love, and saying “Us”
‘Cause you weren’t mine to lose
You weren’t mine to lose
No

But I can see us
Lost in the memory
August slipped away into a moment in time
‘Cause it was never mine
And I can see us twisted in bedsheets
August sipped away
Like a bottle of wine
‘Cause you were never mine, mine

‘Cause you were never mine
Never mine
Do you remember?
Remember when I pulled up
And said “Get in the car”
And then canceled my plans
Just in case you’d call
Back when I was living for the hope of it all
For the hope of it all
“Meet me behind the mall”

(Remember when I pulled up)
(And said “Get in the car”)
(And then canceled my plans)
(Just in case you’d call)
(Back when I was living for the hope of it all)
(For the hope of it all)
(“Meet me behind the mall”)

Remember when I pulled up
And said “Get in the car”
And then canceled my plans
Just in case you’d call
Back when I was living for the hope of it all
(For the hope of it all)
For the hope of it all
For the hope of it all
For the hope of it all
For the hope of it all

潮風
あなたのドアの錆も
これ以上何もいらない
ささやき声
“本当にいいの?”
“今まで一度もなかった”

しかし、私は私たちを見ることができる
思い出の中に
8月は一瞬にして消えてしまった
それは私のものではなかったから
ベッドシーツに包まれた私たちの姿が目に浮かぶよう
8月は飲み干した
ワインのボトルのように
あなたは私のものではなかったから

あなたの背中
太陽の下で
自分の名前を書けたらいいのに
学校に戻ったら電話してくれる?
あなたがいると思っていたのに

しかし、私は私たちを見ることができる
思い出の中に消えた
8月は一瞬にして消えてしまった
それは私のものではなかったから
ベッドシーツに包まれた私たちの姿が目に浮かぶよう
8月は飲み干した
ワインのボトルのように
あなたは私のものではなかったから

あの頃、私たちはまだ良い方向に変化していた
欲望だけで十分だった
私にはそれで十分だった
全ての希望のために生きるために
あなたが電話してきたときのために、予定をキャンセルして
“モールの裏で会おう “と言って
夏の恋は終わり、”私たち “と言うことも終わり
あなたは元から私のものではなかった
あなたは元から私のものではなかった
いや

しかし、私は私たちを見ることができる
記憶の消失
8月は一瞬にして消えてしまった
それは私のものではなかったから
ベッドシーツに包まれた私たちの姿が見えるよ
8月は飲み干した
ワインのボトルのように
あなたは決して私のものではなかったから

あなたは決して私のものではなかったから
覚えていますか?
私が車を停めた時のことを
車を停めて、「車に乗れ」と言って
そして、予定をキャンセルして
あなたが電話してくると思って
希望に満ち溢れていたあの頃
すべての希望のために
“モールの裏で会おう”

車を停めた時を思い出して
“車に乗れ “と言った
そして予定をキャンセルして
あなたが電話してくるかもしれないから
あの頃、私は希望に満ち溢れていた
静流の声
モールの裏で待っててね

私がピックアップした時のことを覚えている
“車に乗れ “と言って
予定をキャンセルして
あなたが電話してくると思って
すべての希望のために生きていた頃
すべての希望のために
すべての希望のために

ソングミーニングの解釈(Deepl翻訳)

この曲の中でスウィフトは、最初から自分のものではなかった人を失うことがどのようなことなのかを考察しています。「8月は一瞬にして脱落した/それは私のものではなかったから」では、何かを失った時に、本当に自分のものでなくても、その一部になることができることを示しています。スウィフトの心の奥底を探った曲です。この曲は、彼女の記憶が解離していく中で、パンデミックの影響を最も受けている曲の一つです。それは彼女が取り戻そうとしているが、決して取り戻せないものである。

this is me trying

Taylor Swift – this is me trying (Official Lyric Video)

I’ve been having a hard time adjusting
I had the shiniest wheels, now they’re rusting
I didn’t know if you’d care if I came back
I have a lot of regrets about that
Pulled the car off the road to the lookout
Could’ve followed my fears all the way down
And maybe I don’t quite know what to say
But I’m here in your doorway

I just wanted you to know
That this is me trying
I just wanted you to know
That this is me trying

They told me all of my cages were mental
So I got wasted like all my potential
And my words shoot to kill when I’m mad
I have a lot of regrets about that
I was so ahead of the curve, the curve became a sphere
Fell behind all my classmates and I ended up here
Pourin’ out my heart to a stranger
But I didn’t pour the whiskey

I just wanted you to know
That this is me trying
I just wanted you to know
That this is me trying

At least I’m trying

And it’s hard to be at a party
When I feel like an open wound
It’s hard to be anywhere these days
When all I want is you
You’re a flashback in a film reel
On the one screen in my town

And I just wanted you to know
That this is me trying (Maybe I don’t quite know what to say)
I just wanted you to know
That this is me trying

At least I’m trying

調整に苦労している
私は最高のホイールを持っていたけど 今は錆びついている
私が戻ってきてもあなたが気にしてくれるかどうかわからなかった
後悔していることがたくさんある
展望台への道で車を停めた
怖いもの見たさで下まで行ってしまった
何を言えばいいのかわからないけど
でも、私はあなたの入り口にいる

あなたに知ってもらいたくて
これが私の試みだということを
私はあなたに知って欲しかった
これが私の試みだということを

檻の中はすべて精神的なものだと言われた
だから私は自分の可能性を無駄にしてしまった
怒ると言葉が乱れてしまう
後悔している
曲線が球体になってしまうほどの勢いで
同級生に遅れをとってここまで来てしまった
見ず知らずの人に心を打ち明けて
しかし、私はウイスキーを注いでいない

あなたに知ってもらいたかったのは
これが私の努力だと
私はただあなたに知って欲しかった
これが私の試みであることを

少なくとも私は努力している

パーティーに参加するのは大変だけど
開いた傷のように感じるとき
最近はどこにも行けなくなってしまった
私が欲しいのはあなただけなのに
あなたはフィルムリールのフラッシュバックで
私の町の一つのスクリーンで

あなたに知ってもらいたくて
これが私の試みだということを(多分、何を言っていいかよくわからない)
私はただあなたに知ってもらいたかった
これが私の試みであることを

少なくとも私は努力している

ソングミーニングの解釈(Google翻訳)

「これは私がやっている」は、パンデミックにおけるスウィフトの新しい現実への洞察を提供する曲です。スイフトは「最高のホイールを持っていたけど今では錆びている」。かつて光沢があり、新しいものが古いものです。他の私たちと同様に、スウィフトは彼女が私たちと同じようにパンデミックを乗り越えていることを示していますが、それはまだ進行中です。私たちはあきらめることはできませんが、すべてうんざりしています。私たちはこれからも最善を尽くしていきますが、現時点ではそれが私たち全員ができる最善のことです。



illicit affairs

Taylor Swift – illicit affairs (Official Lyric Video)

Make sure nobody sees you leave
Hood over your head
Keep your eyes down
Tell your friends you’re out for a run
You’ll be flushed when you return
Take the road less traveled by
Tell yourself you can always stop
What started in beautiful rooms
Ends with meetings in parking lots

And that’s the thing about illicit affairs
And clandestine meetings
And longing stares
It’s born from just one single glance
But it dies and it dies and it dies
…a million little times

Leave the perfume on the shelf
That you picked out just for him
So you leave no trace behind
Like you don’t even exist
Take the words for what they are
A dwindling, mercurial high
A drug that only worked
The first few hundred times

And that’s the thing about illicit affairs
And clandestine meetings
And stolen stares
They show their truth one single time
But they lie and they lie and they lie
…a million little times

And you wanna scream
Don’t call me kid
Don’t call me baby
Look at this godforsaken mess that you made me
You showed me colors you know I can’t see with anyone else
Don’t call me kid
Don’t call me baby
Look at this idiotic fool that you made me
You taught me a secret language I can’t speak with anyone else
And you know damn well
For you I would ruin myself
…a million little times

誰にも見られずに帰る
頭にフードをかぶる
目を伏せて
友達には走りに行くと言って
帰ってきたときには顔が真っ赤になっていると思う
道なき道を行く
いつでも止められると自分に言い聞かせる
美しい部屋で始まったことが
駐車場での出会いで終わる

不倫や密会のことは
密かな出会いと
憧れの眼差し
たった一度の視線から生まれるもの
でも、それは死んで、死んで、死んで
100万回もの繰り返し

棚に香水を置いて
彼のためだけに選んだ香水を
痕跡を残さないように
自分が存在していないかのように
その言葉をそのまま受け止める
枯れていくメルヘンチックな高揚感
最初の数百回だけ効いた薬
最初の数百回だけ

不倫や密会については
密かな出会い
盗まれた眼差し
彼らは一度だけ真実を見せる
しかし、彼らは嘘をつき、嘘をつき、嘘をつき
100万回も嘘をつく

叫びたくなる
Kidと呼ばないで
Babyと呼ばないで。 Babyと呼ばないで
あなたが作ったこの最悪の混乱を見てください
他の人には見えない色を見せてくれた
Kidと呼ばないで
Babyと呼ばないで  Babyと呼ばないで
あなたが作ったこのバカな私を見て
誰にも話せない秘密の言葉を教えてくれた
あなたはよく知っているはずだ
あなたのために私は自分を破滅させる
100万回も繰り返して

ソングミーニングの解釈(Google翻訳)

これは、テイラーが10代の愛の三角形として言及した曲の1つです。この曲は、男の子が浮気した女の子の視点からです。「不法行為」は、不法行為と嘘が「100万回」を殺す方法の歌です。これは、他の多くの曲に見られる道徳的優位性なしに不正行為の魅力を示す曲です。「不法行為」は、少女が自分が他の少女であることを知っている物思いに沈んだ歌ですが、関係を続ける理由はわかりません。彼女は何が起こったかを知っており、彼女はそれの一部を望んでいません。

invisible string

Taylor Swift – invisible string (Official Lyric Video)

Green was the color of the grass where I used to read at Centennial Park
I used to think I would meet somebody there
Teal was the color of your shirt when you were 16 at the yogurt shop
You used to work at to make a little money

Time
Curious time
Gave me no compasses
Gave me no signs
Were there clues I didn’t see?
And isn’t it just so pretty to think
All along there was some
Invisible string
Tying you to me?

Bad was the blood of the song in the cab on your first trip to LA
You ate at my favorite spot for dinner
Bold was the waitress on our three-year trip getting lunch down by the Lakes
She said I looked like an American singer

Time
Mystical time
Cutting me open, then healing me fine
Were there clues I didn’t see?
And isn’t it just so pretty to think
All along there was some
Invisible string
Tying you to me?

A string that pulled me
Out of all the wrong arms right into that dive bar
Something wrapped all of my past mistakes in barbed wire
Chains around my demons
Wool to brave the seasons
One single thread of gold tied me to you

Cold was the steel of my axe to grind for the boys who broke my heart
Now I send their babies presents
Gold was the color of the leaves when I showed you around Centennial Park
Hell was the journey but it brought me heaven

Time
Wondrous time
Gave me the blues and then purple pink skies
And it’s cool
Baby with me
And isn’t it just so pretty to think
All along there was some
Invisible string
Tying you to me?

センテニアル公園で本を読んでいたとき 芝生の色は緑だった
そこで誰かと出会うと思っていた
16歳の時 ヨーグルト屋さんで着ていたシャツの色は青緑色だった
少しでもお金を稼ぐために働いていた

時間
不思議な時間
羅針盤もなく
何の兆候もない
見えない手がかりがあるのかな?
考えることはとても素敵なことだと思わない?
ずっと前から
見えない糸が
あなたと私を結んでいたの?

初めてLAに行った時 タクシーの中で歌った曲はBad
私の好きな店で食事をした
3年前の旅で 湖畔でランチをとったときのウェイトレスがボールドだった
アメリカの歌手に似ていると言われた

時間
神秘的な時間
私を切り開き 治してくれる
気づかなかったヒントがあった?
考えることはとても素敵なことだと思わない?
ずっと前から
見えない糸が
あなたと私を結んでいたの?

紐が私を引っ張った
あのダイブ・バーに 引きずり込まれて
過去の過ちを有刺鉄線で巻きつけて
私の悪魔に鎖をつけて
季節を乗り越えるための毛糸
一本の金の糸が私とあなたを結んだ

私の心を傷つけた少年たちのために 私の斧の鉄は冷たくなった
今は彼らのbabyにプレゼントを送る
君をセンテニアル公園に案内した時の葉の色は金色だった
地獄のような旅でしたが、私に天国をもたらしてくれた

時間
不思議な時間
ブルースからパープルピンクの空へ
そして、それはクール
ベイビー・ウィズ・ミー
それはちょうどそれが思うにとてもかわいい
ずっと前から何かがあった
見えない糸が
あなたと私を結びつけていたの?

ソングミーニングの解釈(Google翻訳)

ここでスウィフトは彼女と彼女のパートナーの間に目に見えない糸が見えます。時間の経過とともに、彼らの道は何度も何度も交差します。最終的に、このスレッドは絡み合います。「四季折々の勇気を出す羊毛/一本の金の糸/私にあなたを結びつけて」という言葉で、これはそれらの間のユニークで貴重なつながりを示す目に見えない糸です。最終的にパスが何度も何度も出会うとき、避けられないつながりがあります。

mad woman

Taylor Swift – mad woman (Official Lyric Video)

What did you think I’d say to that?
Does a scorpion sting when fighting back?
They strike to kill and you know I will
You know I will

What do you sing on your drive home?
Do you see my face in the neighbor’s lawn?
Does she smile?
Or does she mouth “fuck you forever”?

Every time you call me crazy
I get more crazy
What about that?
And when you say I seem angry, I get more angry
And there’s nothing like a mad woman
What a shame she went mad
No one likes a mad woman
You made her like that
And you’ll poke that bear till her claws come out
And you find something to wrap your noose around
And there’s nothing like a mad woman

Now I breathe flames each time I talk
My cannons all firing at your yacht
They say “move on”
But you know I won’t
And women like hunting witches, too
Doing your dirtiest work for you
It’s obvious that wanting me dead has really brought you two together

Every time you call me crazy
I get more crazy
What about that?
And when you say I seem angry, I get more angry
And there’s nothing like a mad woman
What a shame she went mad
No one likes a mad woman
You made her like that
And you’ll poke that bear till her claws come out
And you find something to wrap your noose around
And there’s nothing like a mad woman

I’m taking my time
Taking my time
‘Cause you took everything from me
Watching you climb
Watching you climb
Over people like me
The master of spin
Has a couple side flings
Good wives always know
She should be mad
Should be scathing like me
But no one likes a mad woman
What a shame she went mad

You made her like that

私がそれに何と答えると思ったの?
サソリは反撃すると刺す?
彼らは殺すために攻撃し、あなたは私がすることを知っている
あなたは私がすることを知っている

帰りの車の中で何を歌うの?
隣家の芝生に私の顔が見える?
彼女は微笑む?
それとも「永遠にファックユー」と口にするの?

あなたが私をクレイジーと呼ぶたびに
私はもっとおかしくなる
それがどうしたの?
怒っているように見えると言われると もっと怒るし
狂った女に勝るものはないわ
彼女が狂ってしまったのは残念だ
狂った女は嫌われる
あなたがあんな風にしたのよ
爪が出るまで熊を突くのか
縄を巻きつけるものを探すんだ
狂った女にかなうものはない

話すたびに炎を吐くわ
私の大砲があなたのヨットに向けて発射される
人は “進め “と言うけど
でもあなたは私がそうしないことを知っている
魔女狩りをする女も好き
あなたのために最も汚い仕事をする
私の死を望んでいることは明らか あなたたち2人は本当に一緒になった

あなたが私をおかしいと言うたびに
私はもっとおかしくなる
それがどうしたの?
怒っているように見えると言われると もっと怒ってしまう
狂った女にかなうものはない
彼女が狂ってしまったのは残念だ
狂った女は嫌われる
あなたがあんな風にしたのよ
爪が出るまで熊を突く
縄を巻きつけるものを探すんだ
狂った女は嫌われる

じっくり時間をかけて
時間をかけて
あなたが私からすべてを奪ったから
あなたが登るのを見て
あなたが登るのを見ながら
私のような人を超えて
私のような人の上に
2人の浮気相手がいる
良妻賢母は知っている
彼女は怒るべきだ
私のように辛辣になるべき
しかし、誰も狂った女を好きにはならない
狂ってしまったのは残念だ

あなたが彼女をそんな風にしたのよ

ソングミーニングの解釈(Google翻訳)

スウィフトはこの曲を使用して、彼女のアルバムマスターをめぐる戦いを参照しています。これがビジネスを意味するところです。歌詞を添えて、「私は何と言ったと思いますか?スコーピオンは反撃の際に刺すのですか?」、スウィフトはここに立って反撃するためにここにいます。これは私たちが求めている強力なピアノバラードであり、ヒットスイフトソングで期待する怒りの国歌です。スイフトが歯ぎしりで歌う曲です。「マッド・ウーマン」は、スウィフトが人生の男性に怒っているように描かれていることを示していますが、彼女はそばに座らず、投げかけられた言葉が彼女を長い間押さえつけさせません。



epiphany

Taylor Swift – epiphany (Official Lyric Video)

Keep your helmet
Keep your life, son
Just a flesh wound
Here’s your rifle

Crawling up the beaches now
Sir, I think he’s bleedin’ out
And some things you just can’t speak about

With you, I serve
With you, I fall down
Down
Watch you breathin’
Watch you breathin’ out
Out

Something med school
Did not cover
Someone’s daughter
Someone’s mother

Holds your hand through plastic now
Doc, I think she’s crashin’ out
And some things you just can’t speak about

Only twenty minutes to sleep
But you dream of some epiphany
Just one single glimpse of relief
To make some sense of what you’ve seen

With you, I serve
With you, I fall down
Down (Down)
Watch you breathin’
Watch you breathin’ out
Out

With you, I serve
With you, I fall down (Down)
Down (Down)
Watch you breathin’
Watch you breathin’ out (Out)
Out

Only twenty minutes to sleep
But you dream of some epiphany
Just one single glimpse of relief
To make some sense of what you’ve seen

ヘルメットを持って
命を守れ
ただの肉の傷
これがあなたのライフル

浜辺を這うようにして
彼は出血していると思う
そして、あなたが話すことができないことがある

あなたと一緒に、私はあなたと一緒に奉仕する
私は倒れる
ダウン
呼吸に気をつけて
息を吐くのを見て
アウト

何かの学校
覆われていなかった
誰かの娘
誰かの母

プラスチックを通して手を握ることができるようになった
ドク、彼女は気絶していると思う
そして、あなたが話すことができないことがある

睡眠時間はたったの20分
しかし、あなたは何かの啓示を夢見ている
一瞬の安堵感があっただけで
見てきたことに意味を持たせるために

あなたと一緒に、私はあなたと一緒に奉仕する
私は倒れる
ダウン
呼吸に気をつけて
息を吐くのを見て
アウト

あなたと一緒に、私はあなたと一緒に奉仕する
私は倒れる
ダウン
呼吸に気をつけて
息を吐くのを見て
アウト

睡眠時間はたったの20分
しかし、あなたは何かの啓示を夢見ている
一瞬の安堵感があっただけで
見てきたことに意味を持たせるために

ソングミーニングの解釈(Google翻訳)

「エピファニー(悟り)」は、祖父のディーンをフィーチャーした曲です。「1942年にガダルカナル島に上陸」、「命を守る、命を守る、息子/肉の傷だけ、これがライフル/今すぐビーチを這う」という歌詞で、彼が戦った第二次世界大戦への言及です。これはあなたを悩ませ、あなたと一緒に部屋の精霊を感じることができる歌です。これは他人の視点からの歌であり、今日ほとんどの人が理解することのないものです。これは彼女の祖父の経験へのスウィフトのオードであり、彼女のできる限りの方法で彼の奉仕を記念しようとします。

betty

Taylor Swift – betty (Official Lyric Video)

Betty, I won’t make assumptions about why you switched your homeroom
But I think it’s ‘cause of me
Betty, one time I was riding on my skateboard when I passed your house
It’s like I couldn’t breathe
You heard the rumors from Inez
You can’t believe a word she says
Most times, but this time it was true
The worst thing that I ever did
Was what I did to you

But if I just showed up at your party
Would you have me?
Would you want me?
Would you tell me to go fuck myself
Or lead me to the garden?
In the garden would you trust me
If I told you it was just a summer thing?
I’m only seventeen
I don’t know anything but I know I miss you

Betty, I know where it all went wrong
Your favorite song was playing from the far side of the gym
I was nowhere to be found, I hate the crowds, you know that
Plus, I saw you dance with him
You heard the rumors from Inez
You can’t believe a word she says
Most times, but this time it was true
The worst thing that I ever did
Was what I did to you

But if I just showed up at your party
Would you have me?
Would you want me?
Would you tell me to go fuck myself
Or lead me to the garden?
In the garden would you trust me
If I told you it was just a summer thing?
I’m only seventeen
I don’t know anything but I know I miss you

I was walking home on broken cobblestones
Just thinking of you when she pulled up
Like a figment of my worst intentions
She said “James, get in, let’s drive”
Those days turned into nights
Slept next to her but
I dreamt of you all summer long

Betty, I’m here on your doorstep
And I planned it out for weeks now but, it’s finally sinking in
Betty, right now is the last time
I can dream about what happens when you see my face again
The only thing I wanna do
Is make it up to you

So, I showed up at your party
Yeah, I showed up at your party
Yeah, I showed up at your party
Will you have me?
Will you love me?
Will you kiss me on the porch in front of all your stupid friends?
If you kiss me
Will it be just like I dreamed it? Will it patch your broken wings?
I’m only seventeen
I don’t know anything
But I know I miss you
Standing in your cardigan
Kissing in my car again
Stopped at a streetlight, you know I miss you

ベティ 担任を変えた理由を勝手に推測するのはやめよう
でも、私のせいだと思う
ベティ、ある時スケートボードに乗って君の家の前を通った時
息ができないほどだった
イネスから噂を聞いたでしょ?
彼女の言うことは信じられない
いつもは信じられないけど 今回は本当だった
私がした最悪のことは
君にしたことだ

でも、もし私があなたのパーティーに現れたら
あなたは私を待っていますか?
あなたは私を必要としますか?
クソ食らえと言ってくれるの
それとも庭に連れて行ってくれる?
庭では私を信じてくれる?
ただの夏の出来事だと言ったら?
私はまだ17歳
何も知らないけど 君が恋しい

ベティ、どこで失敗したか知ってるよ
君の好きな曲が体育館の遠くから流れていた
私はどこにもいなかった 人混みが苦手
その上、彼と踊っているのを見た
イネスから噂を聞いた
彼女の言うことは信じられない
いつもはそうだけど、今回は本当だった
私がした最悪のことは
君にしたこと

でも、もし私があなたのパーティーに現れたら
あなたは私を待っていますか?
あなたは私を必要としますか?
クソ食らえと言ってくれる
それとも庭に連れて行ってくれる?
庭では私を信じてくれる?
ただの夏の出来事だと言ったら?
私はまだ17歳
何も知らないけど 君が恋しいのはわかる

壊れた石畳を歩いて帰っていた
あなたのことを考えていたら 彼女が車を停めた
私の悪意の産物のように
彼女は言った “ジェームス、乗って、ドライブしましょう”
その日は夜になった
彼女の隣で寝たけど
夏の間ずっと君の夢を見ていた

ベティ、私は君の家の玄関にいるよ
何週間も前から計画していたけど、やっと実感が湧いてきたわ
“ベティ 今が最後だ
あなたが私の顔を再び見たときのことを夢見ることができるわ
私がしたいのは
あなたに埋め合わせをしたい

“だから私は君のパーティに現れた
“君のパーティーに現れた
“君のパーティーに現れた
あなたは私を待っていますか?
私を愛してくれますか?
愚かな友人たちの前で キスしてくれる?
もしキスしてくれたら
夢見ていた通りになるの?壊れた翼を修復してくれるの?
私はまだ17歳
何も知らないけど
でも、あなたに会いたいのはわかる
あなたのカーディガンを着て立ち
また車の中でキスをして
街灯で止まっている君は、私が君を失ったことを知っている。

LAタイムズのこの曲の考察(Deepl翻訳)

LGBTQ+コミュニティは、ジェームズという人物の視点で語られたアルバムの14曲目「Betty」について、多くの意見を持っています。一部のファンは、スウィフトが17歳の少年の視点で曲を書いたと考えているが、クィアのファンはそれを買っていない。テイラー・アリソン・スウィフトは、ジェームズ・テイラーという一人の人物にちなんで名づけられています。だから彼女がジェームズとして歌うときは、ジェームズの話をしているときで、彼女自身の話をしていることになります。

補足するとテイラーの両親はジェームス・テイラーの大ファンだったので、彼女の名前をテイラーにしました。

ソングミーニングの解釈(Google翻訳)

「ベティ」は、「イネス」から聞いたかもしれない「ベティ」の噂について説明している「ジェームズ」の観点からです。これは、17歳の不貞の少年から、子供っぽい高校生の少女への謝罪です。スウィフトは彼女の田舎のルーツを使用し、彼女の南部のアクセントは歌を通して真実です。鼻歌と素朴なギターが入った久しぶりの曲。これは人々が一緒に歌うことができる曲であり、彼女の古い音楽スタイルのハイライトです。

peace

Taylor Swift – peace (Official Lyric Video)

Our coming of age has come and gone
Suddenly this summer it’s clear
I never had the courage of my convictions
As long as danger is near
And it’s just around the corner, darlin’
‘Cause it lives in me
No, I could never give you peace

But I’m a fire and I’ll keep your brittle heart warm
If your cascade ocean wave blues come
All these people think love’s for show
But I would die for you in secret
The devil’s in the details
But you got a friend in me
Would it be enough
If I could never give you peace?

Your integrity makes me seem small
You paint dreamscapes on the wall
I talk shit with my friends
It’s like I’m wastin’ your honor

And you know that I’d
Swing with you for the fences
Sit with you in the trenches
Give you my wild, give you a child
Give you the silence that only comes when two people understand each other
Family that I chose now that I see your brother as my brother
Is it enough?
But there’s robbers to the east
Clowns to the West
I’d give you my sunshine
Give you my best
But the rain is always gonna come
If you’re standing with me

But I’m a fire and I’ll keep your brittle heart warm
If your cascade ocean wave blues come
All these people think love’s for show
But I would die for you in secret
The devil’s in the details
But you got a friend in me
Would it be enough
If I could never give you peace?
Would it be enough
If I could never give you peace?
Would it be enough
If I could never give you peace?

私たちの成人式は終わってしまったけど
この夏、突然、明らかになった
私には信念を貫く勇気がなかった
危険が近くにある限り
それはすぐそこにあるのよ、ダーリン
それは私の中にあるから
あなたに安らぎを与えることはできないけど

でも私は火だから君の脆い心を暖めてあげるよ
もしあなたのカスケード・オーシャンウェーブ・ブルースが来たら
愛は見せかけだと思っている人が多いけど
密かにあなたのために死ぬよ
悪魔は細部に宿る
でもあなたには私という友人がいる
それは十分でしょうか
あなたに安らぎを与えられなくても?

あなたの誠実さが私を小さく見せる
あなたは壁に夢の風景を描く
友達とくだらない話をしている
私はあなたの名誉を無駄にしているようなもの

あなたは私が知っている
あなたと一緒にフェンスに向かって振って
塹壕の中で君と一緒に座る
私の野生をあなたに、子供をあなたに
二人の人間がお互いを理解した時にだけ生まれる静寂を与えよう
私が選んだ家族……あなたの弟を私の弟として見ている今
これでいいの?
でも東には強盗がいて
西には道化師がいる
私はあなたに私の太陽の光を与えるだろう
私のベストをあげる
でも、雨はいつもやってくる
もしあなたが私と一緒に立っているなら

でも私は火だから君の脆い心を暖めてあげるよ
もし君のカスケード・オーシャンウェーブ・ブルースが来たら
愛は見せかけだと思っている人ばかりだけど
でも私は秘密裏にあなたのために死ぬ
悪魔は細部に宿る
でもあなたには私という友人がいる
それは十分でしょうか
あなたに安らぎを与えられなくても
それは十分でしょうか
あなたに安らぎを与えられなくても

ソングミーニングの解釈(Google翻訳)

「peace」には、ハートビートのように不審に聞こえる単一の繰り返しトーンがあります。「平和」は愛情と躊躇の両方であり、調和の表面の下に何かが潜んでいます。これはハイステークスのラブストーリーです。スウィフトは自分の名声がどんな関係にとってもリスクであることを知っていますが、自分自身が自分の愛の征服の多くを台無しにしたような気がします。「危険が近づいています」。これは、曲のハートビートが消えることがないため、曲全体で感じられます。次の愛が彼女の「平和」をもたらすかどうか彼女が心配するとき、これはスウィフトの心の騒ぎです。



hoax

Taylor Swift – hoax (Official Lyric Video)

My only one
My smoking gun
My eclipsed sun
This has broken me down
My twisted knife
My sleepless night
My winless fight

This has frozen my ground
Stood on the cliffside
Screaming, “Give me a reason”
Your faithless love’s the only hoax
I believe in
Don’t want no other shade of blue
But you
No other sadness in the world would do

My best laid plan
Your sleight of hand
My barren land
I am ash from your fire

Stood on the cliffside
Screaming “Give me a reason”
Your faithless love’s the only hoax
I believe in
Don’t want no other shade of blue
But you
No other sadness in the world would do

You know I left a part of me back in New York
You knew the hero died, so what’s the movie for
You knew it still hurts underneath my scars
From when they pulled me apart
You knew the password, so I let you in the door
You knew you won, so what’s the point of keeping score?
You knew it still hurts underneath my scars
From when they pulled me apart
But what you did was just as dark
Darling, this was just as hard
As when they pulled me apart

My only one
My kingdom come undone
My broken drum
You have beaten my heart

Don’t want no other shade of blue
But you
No other sadness in the world would do

私の唯一のもの
私の決定的な銃
私の日蝕の太陽
これで私は壊れてしまった
私のねじれたナイフ
眠れない夜
私の勝ち目のない戦い

これは私の地面を凍らせた
崖っぷちに立って
“理由を教えて “と叫びながら
君の不実な愛は唯一のデマだ
私が信じるのは
碧並はもういらない
でも、あなた
世界中のどんな悲しみも

私の最高の計画
あなたの手のひらで
私の不毛の地
私はあなたの火から出た灰

崖っぷちに立って
“理由を教えて “と叫ぶ
あなたの信仰心のない愛は唯一のデマ
信じている
青い影は欲しくない
しかし、あなたは
世界中のどんな悲しみも関係ない

私の一部をNYに置いてきたことを知ってる?
主人公が死んだの知ってて 何のための映画なの?
私の傷の下がまだ痛いのを知っている?
引き離された時から
パスワードを知っていたから 入れてあげたのよ
勝ったことを知っていたのに、何の意味があるの?
私の傷跡の下がまだ痛いのを知ってる?
引き離された時から
しかし、あなたがしたことは闇のようなものだった
ダーリン、これも同じくらい大変だった
彼らが私を引き離した時のように

私の唯一のもの
私の王国は崩壊した
私の壊れたドラム
あなたは私の心を打ち負かした

他の青色はいらない
あなただけ
世界中のどんな悲しみも

ソングミーニングの解釈(Google翻訳)

「hoax(デマ)」は完全にあなたをgutsにするタイプの失恋です。これはあなたを完全に破壊し、何も残さずに内部を空にした曲です。これはスウィフトが壊れて殴られたと感じている曲です。これは、スウィフトがブレークポイントに到達し、バレルの底にぶつかるポイントです。パンデミックがすべての人に打撃を与えているので、スイフトの痛みが最も明白なのはここです。彼女は続ける理由を探し続けているが、それは難しい。すべての最善の敷設計画は粉々になっています。しかし結局のところ、彼女が望んでいるのは、彼女にそんな痛みを引き起こした人だけです。

LAタイムズのアルバムに関する考察(Deepl翻訳)

テイラーはジョー・アルウィンと別れた。「Folklore」に収録されている曲の多くは、悲しい曲です。悲しい曲はしばしば別れや終わった関係をほのめかすテーマを扱っている。そのためファンは『フォルクローレ』に収録されている別れの曲を、テイラーの私生活を連想し、長年のボーイフレンドであるジョー・アルウィンと別れたのではないかとパニックに陥っている。アルバム発売後に行ったテイラーのフォローアップ声明をこのような文脈で解釈している。

(関連記事)

テイラースウィフト 新作「evermore」全15曲を和訳
https://book-jockey.com/archives/12074

レスポンシブ広告

シェアする