無印良品リュックを買ったら、3年前とだいぶ変わってたので比較する。

無印リュック

3年前にMB氏が無印良品のリュックを絶賛してました。

『オシャレなデイパックとしてロングセラーなコムデギャルソン・オムプリュスのデイパック。これは2万円もする。ポリエステル素材のリュックとしては高い。無印のは3000円。アパレルスタッフに絶大な人気を誇り、MB氏のまわりだけでも男女問わず10人が愛用。

・形がこれ以上ないほどキレイ。
・素材が超タフで長く使える。
・ファスナーの配置がよく使いやすい。
・クセがないので、ジャケットxシャツx細身パンツのビジネスカジュアルにも合う』

3年間愛用すると、なんかくたびれてきました。紺色コーデ用に次はネイビーを買おう。



3年前の無印良品リュックとの変化点

まず値段が違います。前は3900円ぐらい。今は2990円。安くなった。右が旧型。左が新型。

①リュックの生地が分厚くなった。これはさわればすぐにわかるレベル。あと形が変わった。

無印良品リュック比較

②肩ひもの芯材が分厚くなった。肩の負担を軽くする「特許6445744号」取得。左が新型。

無印良品リュック比較

③サイドポケットがついた。傘、ペットボトルが入る。

無印良品リュック比較

④新型の背面クッションが快適。旧型はクッションなしのペラなのでモノが背中にあたる。それとカバン内部にPCポケットがついた、旧型にはなかった。

無印良品リュック比較

⑤これが一番よかった。背面サイドファスナーに財布とかワイヤレスイヤホンケース入れると旧型は背中にゴツゴツ当たって不快でした。背面サイドファスナーにモノをいれるとクッションの外側かと思い込んでましたがクッションの内側でした。なのでクッションが効いて背中にモノの膨らみがあたらない。

無印良品リュック比較

詳細は公式の開発秘話をご覧ください。

⇒ https://lab.muji.com/jp/ideapark/128/

1つだけ難点というか。3年前とルックスが変わりました。サイドポケがついたので横にぽってりした。サイドポケないほうがシンプルで縦にシュっとしてよかった。まぁ慣れの問題とは思いますが。調べると本家ギャルソンのほうがズングリむっくり横幅が広いです。

ギャルソン(サイズ小) 39cm x 35cm x 17cm
無印良品の新型 43cm x 32cm x 14cm

ネットで拝借したギャルソンのリュック画像。横にぽってりしてる。

ギャルソンのリュック

ギャルソンのリュック22年版のM。サイズは40cm x 33cm x 16cmに変化。楽天市場の貼っときます。価格はむかしより高くなってる。

無印のリュックも楽天市場の貼っときます。サイズは43cm x 32cm x 14cmで変化なし。価格はギャルソンの10分の1です。

無印の22年版リュックも買ってしまった。左が最新の22年版。カラーは生成り。白シャツとか紺ブレにあうよ。白紺黒は服に合わせて変えると楽しいです。

無印良品リュック

レスポンシブ広告

シェアする

『無印良品リュックを買ったら、3年前とだいぶ変わってたので比較する。』へのコメント

  1. 名前:のべる・K 投稿日:2020/02/21(金) 23:18:34 ID:e3e707aad

    無印はいいものがたくさんありますね(笑)。
    私はよくそこで、お菓子と飲料水を買ったりします。

  2. 名前:don 投稿日:2020/02/22(土) 12:03:00 ID:023887d26

    そうなんですか。ご愛用されてますか。
    こんどお菓子を買ってみようかな。