お金の川柳ベスト16~「マネー川柳/オリックス編」より

オリックス川柳は、2004年にはじまって次回で10回目。10年という節目で、傑作をあつめて1冊の本にしたようです。応募総数92万句、そのなかから精選した200句です。

川柳と俳句の違い、あらためて調べてみると以下の違いでした。境界はあいまいですが。
・季語の有無:俳句は必須
・切れ字の有無:や、かな、けり、は俳句は重要視されるが、川柳は重要視されない
・自然と人事:俳句は自然や四季を詠む、川柳は人事や社会風刺を題材とする
・文語体と口語体:俳句は文語、川柳は口語。これは切れ字の影響で

この本から気に入った句を以下に。
大賞の句はピンときませんでした。時事的な句は風化します。

そういえば、村上春樹がエッセイを書くときの極意は以下の3つだと。

・人の悪口は書かない
・言い訳や自慢をなるべく書かない
・時事的な話題は避ける




「牛丼の 違いが分かる 秋さびし」

「お金では かえないコトに 金がいる」

「わびしさを 英語でだます ワンコイン」

「猛暑日の 名残を残す 電気代」

「運の無い 人で支える 宝くじ」

「子に投資 元本割れは DNA」

「小遣いを 減らせば帰宅 早すぎる」

「いい人と 言われるたびに 減るお金」

「心配は 老後じゃなくて 半年後」

「はえば立て 立てば待ってる 教育費」

「大切に しても出て行く 娘とお金」

「給料を 妻からもらう 給料日」

「草食と 言われる息子 金を食う」

「元カレの 気持ちが並ぶ オークション」

「妻の愚痴 減って感じる 真の底」

「花よりも ものの値段で 四季を見る」

きみは最高級のアパートに住んでいる♪
ハニー カネのために何をしてるんだ♪

AC/DCでWhat do you do for money honey♪

PC用関連コンテンツ

シェアする