なぜマスコミは反日報道をするのか?|【公安情報】の書評と要約

日本は平和ボケしてます。
日本のまわりの国は、日本を悪者に仕立て上げている。悪意を持って。

日本を歴史戦で永遠に追い込むために、中国は「社会科学院」という歴史ねつ造機関をつくり、南北朝鮮は「世界抗日連合」という機関をつくり、世界中の反日組織と連携して、日本を貶めています。

なぜそんなひどいことするのか?自国の利益のためです。ただそれだけ。

現在の日本国内の反日団体や企業なんかは、本書でご確認ください。今回の読書メモは、根本的な原因についてまとめてみました。長くなるので、3点に絞って箇条書きスタイルにした。

・なぜマスコミは反日報道するのか?
・在日朝鮮人を許せるか?日本での蛮行。
・中国の反日の原点は?



なぜマスコミは反日報道するのか?

・源流は戦後GHQが規定した「プレスコード」。報道規制のこと。

・GHQにより30項目の検閲指針があった。GHQ批判、極東軍事裁判批判、SCAPが日本国憲法を起草したことの批判、アメリカへの批判、ロシアへの批判、朝鮮人への批判、中国への批判、連合国への批判・・・等々。

・戦後の日本メディアは、30項目は絶対に報道できなかった。アメリカへの批判は元より、朝鮮批判、中国批判もタブー扱いだった。

・GHQはあらゆる分野で、三国人である在日朝鮮人を利用した。

・報道新聞各社に在日朝鮮人をそれとなく潜り込ませ、スパイの役割をさせた。

・現在では、在日朝鮮人のマスメディア中枢への浸食は最終段階(詳細は本書にて)。

・GHQは日本政府に対する批判を奨励した。

・中国やロシアに捕まって洗脳された日本軍兵士は、帰国後反日活動した。心理学上、拷問されると自己崩壊から逃れるため、加害者の立場に自分を置く。

・敗戦利得者の存在。保守側のまともな人材は全員公職追放。残った反日左翼思想の者がマスコミ、学者、有識者として世論を誘導した。

・米国は日本空襲や原爆の残虐さを薄め、その事実を正当化するため、南京大虐殺を中国と共同してねつ造。

・朝鮮半島の奴隷化や植民地化などの言葉も、米国が作った虚構。

・ルーズベルトは1943年カイロ会談で、朝鮮半島を日本が奴隷化したと糾弾。国際会議で日本を悪者にするため、その発言を繰り返した。

在日朝鮮人を許せるか?日本での蛮行

GHQは在日朝鮮人連盟を結成させ、戦勝国とした。GHQは「朝鮮人は日本の奴隷から解放された。朝鮮人は連合国民であり戦勝国民だ」と発言。

・GHQは在日朝鮮人連盟に対し、「奴隷扱いした日本人に仕返しするのが義務だ」と述べた。

・在日朝鮮人はその言葉を妄信し、日本人に暴力を振るう。

・連合国人に対し日本の警察は逮捕権を行使できず、司法も裁判権はなかった。

・GHQによる連合国人への特権は、朝鮮人にも与えられた。

・逮捕もできず、朝鮮人批判は報道規制でいっさい書くことができない。

・全国で一斉に始まった朝鮮人による強姦、恐喝、誘拐、土地の略奪。

・あらゆる極悪社会犯罪のほとんどに、在日朝鮮人が関与した。

GHQは日本人の居住区に、朝鮮人が縄を張って奪い住むことも容認した。

駅前の一等地のパチンコ店など朝鮮系企業が存在するのは、こういう背景がある。

・こうして在日朝鮮人富裕層が生まれた。

・直江津事件、浜松事件などは報道もできず、日本の近代史や教科書にも載らない。

・徐々に朝鮮人を奴隷扱いしたというGHQのウソが行きわたり、同様に強制連行や従軍慰安婦までもが、いかにも事実のように歪曲された。

・闇市を牛耳る朝鮮人に警察が介入。怒った朝鮮人は警察署を襲撃。このとき警察を助け援護したのは任侠ヤクザ。

・連合国としては、南北朝鮮がいつまでも反日でいてくれることが必要。自身のアジアでの存在価値が生まれる。

・アメリカが必要とするときに、在日朝鮮人が日本の足を引っ張る。

・アメリカが慰安婦問題に執拗に関与するのは、このような理由がある。

朝鮮人は武装解除された日本軍の武器を盗み、約3万人の朝鮮人が「朝鮮進駐軍」を名乗る。

彼らは無差別に日本人を殺害した。GHQの記録では4000人以上の日本人が殺された。

・集団暴行、集団強姦、無銭飲食はあたり前。

・GHQの検閲30項目にあったので、朝鮮人の犯罪はほとんど記録に残せなかった。

朝鮮進駐軍は、国有地、駅前一等地を略奪。金品略奪、食料や商品も根こそぎ奪って、すべて闇市で売りさばき暴利で財を成した。このカネで日本中にパチンコや風俗が増えた。

この不法占拠の土地が登記されて現在に至る。

・在日朝鮮人は戦後は日本国籍を捨て、三国人としての立場を利用して略奪した。日本人として扱われることを拒否した。

・今になって当時を知る人がいなくなって、日本人と平等に扱えというのは虫が良すぎる。



中国の反日の原点は?

・中国共産党が1994年8月23日に発表した「愛国主義教育実施綱要」には、明確な反日の原点が掲げられている。

中国共産党はこの綱要をもとに1995年から青少年を対象にして、徹底した反日教育を施すようになった。

・毛沢東による文化大革命で数千万の自国民を殺した事実より、日本がそれ以上の極悪非道な国でなければならない。

・だから南京で30万人が殺害された。日中戦争で数百万人以上が日本軍に殺された。というねつ造をする。それを今さら変えるわけにはいかない。日本が悪、共産党が善という構図を作り、学校やメディアを通じて徹底的に周知した。

・現在でも中国共産党は、抗日戦争について学校で長い時間をかけて授業をする。日本で数ページで終わる内容が、事実でもないことまで事細かく書かれている。

・学校の教科書はすべて書きかえられ、日本軍のでっちあげによる残虐行為が取り上げられる。小学校の教師は、授業で日本軍の残虐行為を語るときに、感極まって泣き崩れるそうだ。壮絶な話に興奮した生徒たちは泣き叫び、教科書を黒板に叩きつけ、机をひっくり返し、集団ヒステリー状態に陥ることもある。

・しかしそれが収まった後には、教室には恍惚とした一体感と、日本に対する激しい憎悪が生まれる。

・中国での愛国教育とは、共産党を愛そうという教育。中国は共産党のおかげで発展した。共産党が日本と戦って人民を解放したという筋書き。日本を徹底的な悪者に仕立て上げることで、共産党を礼賛する教育を推進した。中国の反日は根深い。

たった一発の銃弾で♪
戦争は始まり 強姦 殺人へとつながる♪
たった一度のキスで 愛も始まる♪

ストーンズで、ギミ・シェルター♪

ストーンズのエンジニアであるグリン・ジョンズ曰く、ストーンズの最高傑作。
ぼくはベガーズ・バンケットだと思うけど。

PC用関連コンテンツ

シェアする