山口百恵の現在~「時間の花束(キルト作品集)」より

1973年~1980年という、わずか8年の活動期間。

日本の芸能史上、最重要人物となった山口百恵さん。伝説を超え神話になった。

『1980年10月5日、日本武道館で開催されたファイナルコンサートでは、ファンに対して「私のわがまま、許してくれてありがとう。幸せになります」とメッセージを言い残し、そして最後の歌唱曲となった「さよならの向う側」で堪えきれずに、涙の絶唱となった。歌唱終了後ファンに深々と一礼をした百恵は、マイクをステージの中央に置いたまま、静かに舞台裏へと歩みながら去っていった』

1980年11月19日、21歳で三浦友和と結婚。その後きっぱりと表舞台から引退。後継者として出てきた松田聖子の人生とは対照的です。

以下に本書から山口百恵さんの言葉を。




本書からの山口百恵さんの言葉

・暮らしの中に「手仕事」の時間があることをとても幸せに思っています。

・キルトに出会って32年。これまでの人生の半分を超えました。

・キルトの先生から「いずれ作品集のような形で発表したら?」と言われ、夫にその話をすると、「30年以上続けてきたことだし、還暦のいい記念になる。やってみたらいいんじゃない」

・夫と相談をして、この作品集の出版にあたって生まれる利益があるならば、東日本大震災や、あれから日本各地で起きた災害などで、わずかでもお役に立てるように、寄付をさせていただこうと思います。

・キルトを長く続けている人は、家族との生活が一番で、キルトは2番目または3番目に位置付けているから継続できているのだと、周りを見渡し、自分の今までを振り返って確信しています。

・布って癒しだとおもう。触っているだけで、何か心が落ち着くし、布ものが膝の上にポンとあるだけで、すごく気分がいい。

・あるテレビで見た、ご年輩の男性の言葉が、とても心に残っています。「すべての人生において、人は人に種を蒔くために生まれてきた」「重要なことは人生に計画を立てないこと。心が人生を示してくれる」。計り事ではなく、偶然を楽しむことが、思いがけずに人としての至福を与えてくれる。私もそんなふうに愉しみ、何かしら人のために種を蒔ける人になれたら、と思っています。

・洋裁も和裁も得意だった母。何かの折に「教えて」と言ったとき、「いやよ」と応えた母。「親子・兄弟はわがままが出るから、ものを教え合わない方がいいの」(三浦友和への)半纏をつくる私の姿を見て、できるとは思ってなかった針仕事を始めたことを、実はとても喜んでくれていました。

・長男の入園のときに、ワクワクどきどきしながらバッグと体操着袋をつくりました。次男を連れて園に送って行き、長男が玄関で靴箱に靴をしまうと、まだ入園していない次男も靴箱に靴を入れようとします。それで同じバッグと体操袋をつくり、気持ちだけでも入園させてあげました。今、これらのキルトを見ると、当時一緒に歩いていた子どもの頭の位置が、自分の体のどの位置にあったかなどの背の高さや、その時の気温や季節の匂いまで鮮明に思い出し、我が家の在りし日を偲ばせる愛しいキルトになりました。

作品ごとに三浦百恵さんのコメントがついていますので、これまでの彼女の人生が透けてみえるような作品集です。ご興味ある方はぜひご一読を。

読んで思ったこと。理想の夫婦なんですが、山口百恵さんも素晴らしいですが、三浦友和さんも真摯な人だったということ。付き合ったらちゃんと結婚して浮気ひとつしない。

以下に本書からの作品3つと、山口百恵さんの近影を3つ。




山口百恵さんのキルト作品と近影

武道館ラストコンサートの言葉どおり、みなを裏切らず幸せに生きているのがうれしいです。

神話となったマイクを置くシーン。このあと一切テレビに出ていない。

PC用関連コンテンツ

シェアする

フォローする

『山口百恵の現在~「時間の花束(キルト作品集)」より』へのコメント

  1. 名前:サンフランシスコ人 投稿日:2019/12/08(日) 07:22:11 ID:5f7b41c27

    山口百恵…..懐かしいですね….

  2. 名前:don 投稿日:2019/12/08(日) 14:19:47 ID:e88526bb0

    引退して39年ですから。

  3. 名前:青山実花 投稿日:2019/12/08(日) 21:45:22 ID:b1d67086e

    おお!読まれたのですね。
    私も読んでみたいのですが、
    図書館にあるかしら・・・

    ・・・と、今検索したら12人待ちでした。
    予約入れました^^

  4. 名前:don 投稿日:2019/12/09(月) 12:23:28 ID:b601dd7cf

    12人ですか。まずまずですね。
    わりと早く回ってきそうです。

  5. 名前:Mimiko 投稿日:2019/12/10(火) 00:45:58 ID:4ea205a91

    百恵ちゃん、私も若き頃から大好きでした。
    百恵・友和コンビの映画も全部観に行きました。
    あの頃からずっと理想のカップルで、今も素敵ですね。

    さて、【今度こそ最後】?!の、KISS の来日公演が近づいてきまして、私は「ホンマにこれで最後かな~」と思いながらも観に行きます。

  6. 名前:don 投稿日:2019/12/10(火) 12:26:35 ID:ba9267dba

    まだ70歳と若い方ですからね。
    とはいえ記事を読むと、重装備なので重くて体力的にしんどいとか。
    見たいミュージシャンが高齢化して、若手はあまり見たいのが無くてというジレンマです。