「普通の結婚が、なぜできないの?」要約まとめ

結婚相談所の代表、婚活アドバイザーが書いた本。

婚活アドバイザーとして多くの男性、女性と会ってるので双方のニーズがよくわかってる。

子どもが草食系なのでちょっと心配して読んでみました。

読んでみると女性へのアドバイスが多い本だった。

一言でいうと世の婚活女性に対して「自分のことを棚に上げて高望みするな」と説いてます。

今回のまとめは、30代半ば以上の婚活女性が読むとかなり不快になると思うので、ぜひこのまま他サイトへ移動願います。リラックスタイムに不快なものを読む必要はない。




年収500万円の男性は普通じゃない

著者のところにくる婚活女性が求める「普通の年収」は、500万円以上だったり600~700万円だったりが多い。

しかし年収500万円の男性は、じつは「普通」のレベルを超えている。

明治安田生命の調査。20代、30代の未婚男性の年収を発表。

年収400~500万円未満は20代男性で6.0%。30代男性で19.1%。

年収500~600万円未満の30代独身男性はわずか6.2%しかいない。

「年収500万円は普通」とはいえない。わざわざ婚活しなくても引く手あまたなので、婚活市場にいないと心得ておくこと。

「普通の年収」の基準を改めない限り、「普通の男」と出会える確率は消費税率以下。

面談で著者がデータで説明しても、600万円以上を希望する強者が4割もいる。

求めていい年収は、自分と同等か若干上ぐらいにすべき。

※ちょっと本書の表現がわかりにくかったのでググりました。
未婚男性で年収400万円以上は、20代15%、30代37%しかいない。
〇20~50代全体でも400万円以上の年収のある未婚男性は、たった28%。3割に満たない。
〇上記は全国平均。もちろん地域差はある。東京と沖縄とか。
⇒400万円未満の未婚男性が大多数を占める世の中になったということ。

結婚相談所の女性の年齢の本当の上限

婚活アドバイザーとして日々男性と面談する。「何歳くらいまでの女性がご希望ですか?」と質問する。だいたいが「20代が希望です」との回答。婚活男性は統計を取る必要もないほど「20代」を希望する。

「でもご自身の年齢もありますよね」と切り返すと、少し考えた後で「32歳までですね」と返ってくる。そこで年齢はストップする。

美魔女とか大人女子とかいう言葉がメディアで踊っているが、たいていの男性からは無関心。それが男性の「普通」。

ブライダル業界では「32歳」でラインを引くのが一般的。「ゼクシィ」でも33歳以上の女性を対象にした「ゼクシィプレミア」という別雑誌がある。あの「ゼクシィ」ですら32歳と33歳の間には、明確な線を引いている。

男性会員からみて、女性の若さというのは絶対的な武器。




20代は3歳上に喜ばれ、30代は5歳上に喜ばれる

31歳の女性が34歳の男性を希望しても、この年齢差ではマッチングしなくなる。女性は30代に入ると、男性の対象年齢を「自分より5歳上」に上げなければならない。

抜け道としては、ルックスに自信がある人は合コンや婚活アプリを使う。合コンは最初に年齢を確認せず会う。婚活アプリは男性曰く「年齢よりルックスを見る」そう。

ただしアプリは相談所と違い、結婚に直結しない。結婚相談所は結婚を前提にした活動なので、男性の本音は結婚相談所に集まるし、だからこそ成婚の確率も高い。

普通の男とは何か?

普通の男とは、「普通のおじさん」という意味。

女性が「この人、素敵だわ~」となる男性は、一握りもいない。その中で、少しでも自分に価値観が似ているとか、通じるものがある人を探していくしかない。

学生時代はイケメンもいたかもしれない。その見た目は若さで補えていた。

女性にはっきりと言っておきたいのは、太ったり、脂っぽくなったり、髪が薄くなったりしたおじさんこそ、その年代でいう「普通のルックス」だ。

あなたが「私は普通か、それより少し上くらいかな」と思っているなら、そんな普通のおじさんこそ、あなたと同等のルックス。

あるトップ営業マンの話。彼は客の自宅に行く仕事なので、夫婦をたくさん見ている。「どの夫婦も、だいたい見た目のレベルは釣り合っている」

ただし美女と野獣カップルは、たまにいる。夫が医者か弁護士かというケース。

一方でその逆パターン。美男と普通女子のペアは「ほぼあり得ない」そう。

婚活でモテるファッション

単純です。

ヘアはセミロングが結婚への最短ルート。

「アナウンサーのファッション」がご縁を引き寄せる。

「パステルカラー&コンサバティブ」。




女性が自分の婚活市場での価値を知るマトリクス表

ある結婚相談所が顔認証システムを使い、美人と結婚の関係を調べた。顔の魅力を自動的に判別して、10段階で評価する。

意外かもしれないが、9~10点評価と、1~2点評価の女性の婚姻率は、ほぼ変わらなかった。要するに「どれだけ自分を知ってるか」が結婚をできるか、できないかを分けている。

1~2点の女性は、自分をきちんと理解できているので高望みしない。9~10点の女性はだれがどう見ても美人。そのため最適な結婚相手を見つけやすい。

逆に3~8点の女性は中途半端な立ち位置。自分の価値を見誤ってしまいがち。縁を逃し結婚に至れない人が目立つゾーン。

ディスカバリーチャンネルの実験も興味深い。出演した男女の顔に点数をつける。結果は参加者は自分と同じ点数の人とカップルになっていた。

たとえば自分が5番目の女性だったら、1番手の男性を狙っても、その男性は1番手か2番手の女性としか成立しない。

以下に婚活市場(女性)の自分の立ち位置がわかるマトリクスを貼っときます。自分の位置を客観的に確かめてください。やり方は右側で自分のルックスを測る。〇が5個ならB。左側で年齢とルックス(ABCD評価)が交わるところが、婚活市場での価値。35歳以上は含まれない。

結婚式の日に祈った♪

これからは 持ってないものを欲しがらず♪

与えられたものだけを 手にすることを♪

(関連記事)

【熟年婚活/家田荘子】要約まとめ
https://donhenley.blog.ss-blog.jp/2017-09-02

【モテる構造/山田昌弘/16年11月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2017-01-10

【美女の正体】要約まとめ~下村一喜 の名言12選
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2016-08-03

【結局、人は顔がすべて】要約まとめ~サラリーマンはなぜヒゲを生やさないのか?
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2017-03-07

【夫に死んでほしい妻たち/小林美希/16年3月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2016-06-14




シェアする

フォローする

『「普通の結婚が、なぜできないの?」要約まとめ』へのコメント

  1. 名前:サンフランシスコ人 投稿日:2019/11/02(土) 00:49:49 ID:a5b357fe8

    「2人とも国立ですが、授業料は60万円前後で…」

    サンフランシスコで、20代の年収2000万円は普通…..

  2. 名前:don 投稿日:2019/11/02(土) 10:13:45 ID:4e9091fc0

    ということは、女性はみんなシスコに行けばいいんだ。
    そうすれば幸せになれるかも。日本人は若く見られるし。

  3. 名前:サンフランシスコ人 投稿日:2019/11/23(土) 04:19:18 ID:5baad1943

    年収2000万円….不動産を買えない….

  4. 名前:don 投稿日:2019/11/24(日) 10:22:17 ID:70701b1b6

    難しいですよね。
    サラリーが高い地域は、生活費も高い。