クリムゾンタイドの応援歌は、アメリカの六甲おろしか

Dixieland Delight 4k 60fps

クリムゾンタイドご存じでしょうか?

アメフトで全米最多優勝チーム。創部1892年、平均観客数10万人の人気チームです。

フォレストガンプで、トムハンクスが活躍したアメフトチームといえばイメージわくでしょうか? チーム名はアラバマ・クリムゾンタイド。

潜水艦映画で「クリムゾンタイド」というのが1995年にありましたが、あれは潜水艦の正式名がアラバマ号だったので、クリムゾンタイドにされました。

日本だと正式艦名「広島」の愛称が「カープ」になるようなかんじ。

クリムゾンタイドは「デキシーランド・デライト」って歌が応援歌なんですが、まるで甲子園の「六甲おろし」のようにスタジアム全体で歌っています。

コロナですが、マスクもせずに10万人がシャウトしてる。そういや甲子園も最近は満員ですけどマスクしてるんですよね。日本はいつになったらマスクフリーにするんだろ。

ちなみに六甲おろし。阪神ファンはみんな歌詞を覚えています。なので点が入るたびに自然発生的に歌って。歌い終わると万歳三唱して周りの人とハイタッチする。いっぱい点取ってくれるとみんなで何度も喜んで、高揚感と一体感でその日は幸せになります。

以下に「デキシーランド・デライト」の和訳を。何気ない日常の幸せを歌った楽曲です。



ALABAMA|Dixieland delight 和訳

Rollin’ down a backwoods, Tennessee by-way,
One arm on the wheel.
Holdin’ my lover with the other,
A sweet, soft, southern thrill.
Worked hard all week; got a little jingle,
On a Tennessee Saturday night.
Couldn’t feel better, I’m together,
With my Dixieland Delight.

テネシーの裏道を走りながら
片手でハンドルを握り
もう片方の腕で ぼくの恋人を抱きしめる
甘くやわらかな 南部のときめき
一週間 懸命に働き 小さな喜びを手に入れた
テネシーの土曜の夜
最高の気分で 一緒さ
アメリカ南部の喜び

Spend my dollar, parked in a holler,
‘Neath the mountain moonlight.
Hold her up tight,
Make a little lovin’,
A little turtle dovin’.
On a Mason-Dixon night.
Fits my life, oh so right,
My Dixieland Delight.

少しのカネで 渓谷に駐車して
山の月明かりの下で
彼女をしっかり抱きしめて
少し愛しあって
いちゃいちゃして
境界線の夜
ぼくの人生にぴったり
アメリカ南部の喜び

White-tail buck deer, munchin’ on clover,
Red-tail hawk sittin’ on a limb.
A chubby old groundhog, croakin’ bullfrog,
Free as the feelin’ in the wind.
Home grown country girl, gonna give me a whirl,
On a Tennessee Saturday night.
Lucky as a seven, livin’ in heaven,
With my Dixieland Delight.

クローバーをむしゃむしゃ食べるオジロジカ
赤い尾の鷹が 枝にとまっている
ぽっちゃりしたリスや ウシガエルもいる
風のように自由だ
故郷の女の子は ぼくを誘惑する
テネシーの土曜の夜
幸運のセブン 天国に住んでる
南部の喜びと一緒に

Spend my dollar, parked in a holler,
‘Neath the mountain moonlight.
Hold her up tight, make a little lovin’,
A little turtle dovin’.
On a Mason-Dixon night.
Fits my life, oh so right,
My Dixieland Delight.

少しのカネで 渓谷に駐車して
山の月明かりの下で
彼女をしっかり抱きしめて
少し愛しあって
いちゃいちゃして
境界線の夜
ぼくの人生にぴったり
アメリカ南部の喜び

Spend my dollar, parked in a holler,
‘Neath the mountain moonlight.
Hold her up tight, make a little lovin’,
A little turtle dovin’.
On a Mason-Dixon night.
Fits my life, oh so right,
My Dixieland Delight.

少しのカネで 渓谷に駐車して
山の月明かりの下で
彼女をしっかり抱きしめて
少し愛しあって
いちゃいちゃして
境界線の夜
ぼくの人生にぴったり
アメリカ南部の喜び

Rollin’ down a backwoods Tennessee by way,
One arm on the wheel.
Holdin’ my lover…

テネシーの裏道を走りながら
片手でハンドルを握り
もう片方の腕で

チア目線のバージョンも貼っときます。ほんまアメのねえちゃん達は陽気です。

Dixieland Delight in Bryant Denny Stadium during the Alabama and Tennessee game

アラバマというロックバンドについて

たぶん日本ではアラバマファンは極少なので、少しだけ解説しておきます。

アラバマはアルバム総売上8000万枚ぐらいです。比較対象としてレッチリ、ニルヴァーナ、ポリス、ジャーニーが約8000万枚ぐらい売っています。ZZトップは5000万枚。TOTOで4000万枚ぐらい。アラバマって日本じゃ知名度低いけど、じつは結構売れています。

ぼくは83年の「南風」からファンになって、90年代前半まではすべてのアルバムを購入していました。アラバマで最初に好きになった曲が、このデキシーランド・デライト。アルバム「南風」で一番いい楽曲です。

何がよかったかというと、フィドルソロが斬新でした。「カントリーロック」というジャンルを世界に広げたのはイーグルス。これをうまく継承したのがアラバマでした。イーグルスの解散時期とアラバマのブレイクが重なった。

時代的にはデュラン・デュランやカルチャークラブが女の子に人気で、中高男子はスーパーギタリストのハードロックに夢中でした。

当時はクラスの半分以上が洋楽を聴いていた時代です。みんなにアラバマの素晴らしさを啓蒙していたのですが、反応はイマイチでした。笑

刺激が薄かったのかもしれません。シングルチャートでは目立たないし。

あれから40年。当時アラバマに否定的だった友人たちに言いたい。「な、おれが言うたとおりエエ歌やったろ。40年後でも歌い継がれてるやん。歴史が証明したで」って。

サブスク聞いてたら、今風リミックスのデキシーランドデライトあったので貼っときます。

Dee Jay Silver – Dixieland Delight (Dee Jay Silver Mix) (Audio)

レスポンシブ広告

シェアする