【レイトフォーザスカイ】全8曲を和訳。Deepl翻訳やけど

70年代を代表する詩人、Jackson Browne。

彼の3枚目のアルバム「Late For The Sky」はロック史に残る名盤です。

2020年。多くの人がコロナに罹患しました。3月にジャクソン・ブラウンが新型コロナ陽性を公表。71才と高齢だったので心配しました。

12月20日にアップされた動画です。元気な姿を見せてます。

Jackson Browne performs “Late For The Sky” on Cyndi Lauper & Friends Home for the Holidays 2020

超名盤なのにネット上にアルバム全訳がないことに気付いたので、アルバム全8曲の和訳を掲載します。Deepl翻訳をベースに「てにをは」直し程度ですが。ご参考まで。

Late For The Sky レイト・フォー・ザ・スカイ

The words had all been spoken
And somehow the feeling still wasn’t right
And still we continued on through the night
Tracing our steps from the beginning
Until they vanished into the air
Trying to understand how our lives has led us there

言葉はすべて語られていた
そして何となく、その感覚はまだ正しくなかった
そして私たちは夜通し続けた
始まりからの歩みをたどることを
それらが空中に消えるまで
私たちの人生がどのようにそこに導かれてきたのか理解しようとした

Looking hard into your eyes
There was nobody I’d ever known
Such an empty surprise to feel so alone

あなたの目をじっと見つめる
今まで誰もいなかった
こんなに孤独を感じる空虚な驚き

Now for me some words come easy
But I know that they don’t mean that much
Compared with the things that are said when lovers touch
You never knew what I loved in you
I don’t know what you loved in me
Maybe the picture of somebody you were hoping I might be

今の私には、いくつかの言葉が簡単にくる
しかし、私はそれらがそれほど意味を持たないことを知っている
恋人同士が触れ合った時に言われることに比べて
あなたは 私があなたの中で何を愛しているのか知らなかった
私は あなたが私の中で何を愛していたのかわからない
たぶんあなたが 私がそうなることを期待した誰かの写真

Awake again I can’t pretend and I know I’m alone
And close to the end of the feeling we’ve known

再び目を覚まし 振りをすることができず 一人だとわかる
そして、私たちが知っている感覚の終わりに近い

How long have I been sleeping
How long have I been drifting alone through the night
How long have I been dreaming I could make it right
If I closed my eyes and tried with all my might
To be the one you need

どれくらい寝ていたのか
どのくらいの間  一人で夜を漂っていたのだろうか
どのくらいの間 私はそれを正しくすることを夢見てるのか
目を閉じて全力でやってみたら
あなたの必要とするものになれるかもしれない

Awake again I can’t pretend and I know I’m alone
And close to the end of the feeling we’ve known

再び目を覚まし 振りをすることができず 一人だとわかる
そして、私たちが知っている感覚の終わりに近い

How long have I been sleeping
How long have I been drifting alone through the night
How long have I been running for that morning flight
Through the whispered promises and the changing light
Of the bed where we both lie
Late for the sky

いつから寝ていたのか
どのくらいの間  一人で夜を漂っていたのだろうか
朝のフライトのため どれだけ走っただろう
私たち二人が横たわるベッドの ささやきの約束と変化する光を通して
飛行機に遅れる



Fountain Of Sorrow 悲しみの泉

Jackson Browne – 03 Fountain of Sorrow, June 26, 2010

Looking through some photographs I found inside a drawer
I was taken by a photograph of you
There were one or two I know that you would have liked a little more
But they didn’t show your spirit quite as true

引き出しの中で見つけた写真をいくつか見る
あなたの写真に惹きつけられた
あなたが好きだった写真が1つか2つあった
しかし、それらはあなたの心を見せてくれなかった

You were turning ‘round to see who was behind you
And I took your childish laughter by surprise
And at the moment that my camera happened to find you
There was just a trace of sorrow in your eyes

後ろに誰がいるか確認するために あなたは振り向いていた
そして私はあなたの驚きによる子供じみた笑い声を撮った
私のカメラがあなたを見つけた瞬間に
あなたの目には悲しみの痕跡があった

Now the things that I remember seem so distant and so small
Though it hasn’t really been that long a time
What I was seeing wasn’t what was happening at all
Although for a while, our path did seem to climb
But when you see through love’s illusions, there lies the danger
And your perfect lover just looks like a perfect fool
So you go running off in search of a perfect stranger
While the loneliness seems to spring from your life
Like a fountain from a pool

今、私が覚えていることはとても遠くて小さいように思える
そんなに久しぶりではなかったけど
私が見ていたのは、何が起こっていたのかではなかった
しばらくの間、私たちの道は登っていくように見えたけど
しかし、愛の幻想を見透かしたとき、そこには危険が潜んでいた
そして、あなたの完璧な恋人は完璧な馬鹿にしか見えない
だから、あなたは完璧な他人を探しに逃げ出した
寂しさは自分の人生から湧き出てくるようだ
プールの泉のように

Fountain of sorrow, fountain of light
You’ve known that hollow sound of your own steps in flight
You’ve had to hide sometimes, but now you’re all right
And it’s good to see your smiling face tonight

悲しみの泉、光の泉
あなたは自分の足音を知っていた
隠れなければならないこともあったが、今はもう大丈夫
そして、今夜はあなたの笑顔を見ることができてよかった

Now for you and me it may not be that hard to reach our dreams
But that magic feeling never seems to last
And while the future’s there for anyone to change, still you know it seems
It would be easier sometimes to change the past
I’m just one or two years and a couple of changes behind you
In my lessons at love’s pain and heartache school
Where if you feel too free and you need something to remind you
There’s this loneliness springing up from your life
Like a fountain from a pool

今、あなたと私のために、私たちの夢に到達することはそれほど難しいことではない
しかし、その魔法のような感覚は決して続かないようだ
未来は誰もが変えられるが、あなたはまだそれを知っているようだ
時には過去を変えた方が楽なこともある
たった1年か2年で数回の変化をあなたの後ろで見た
恋の痛みと心の学校での私のレッスンで
あなたがあまりにも自由に感じ、あなたがあなたを思い出すために何かが必要な場合
あなたの人生から湧き出るこの孤独がある
プールからの噴水のように

Fountain of sorrow, fountain of light
You’ve known that hollow sound of your own steps in flight

悲しみの泉、光の泉
あなたは自分の足音を知っていた

You’ve had to hide sometimes but now you’re all right
And it’s good to see your smiling face tonight

あなたは時々隠れなければならなかったが、今は大丈夫だ
そして、今夜はあなたの笑顔を見ることができてよかった

Fountain of sorrow, fountain of light
You’ve known that hollow sound of your own steps in flight
You’ve had to struggle, you’ve had to fight
To keep understanding and compassion in sight
You could be laughing at me, you’ve got the right
But you go on smiling so clear and so bright

悲しみの泉、光の泉
あなたは自分の足音を知っていた
苦労して戦ってきたんだから
理解と思いやりを忘れないために
あなたは私を笑ってるかもしれません あなたは正しい
でも、あなたはとても明るくて 澄んだ笑顔を浮かべている

Farther On もっと先に

Jackson Browne “Farther On” Live Denver USA 2012 Full HD

In my early years I hid my tears
And passed my days alone
Adrift on an ocean of loneliness
My dreams like nets were thrown
To catch the love that I’d heard of
In books and films and songs
Now there’s a world of illusion and fantasy
In the place where the real world belongs

幼い頃は涙を隠していた
そして、一人で日々を過ごした
孤独の海を漂う
私の夢は網を投げられたように
聞いたことのある愛をキャッチするために
本や映画や歌の中で
今は幻想と幻想の世界が広がっている
現実世界が属する場所では

Still I look for the beauty in songs
To fill my head and lead me on
Though my dreams have come up torn and empty
As many times as love has come and gone

それでも私は歌の中の美しさを探す
私の頭を満たし、私を導くために
夢が破れて空っぽになっても
愛が何度も来ては消えていくのと同じくらい

To those gentle ones my memory runs
To the laughter we shared at the meals
I filled their kitchens and living rooms
With my schemes and my broken wheels
It was never clear how far or near
The gates to my citadel lay
They were cutting from stone some dreams of their own
But they listened to mine anyway

優しい人たちに私の記憶は流れる
食事会での笑い声に
私は彼らのキッチンとリビングルームを満たした
私の計画と壊れた車輪で
どのくらいの距離なのかは明らかではなかった
城塞への門があった
彼らは石から自分の夢を切り取っていた
しかし、彼らはとにかく私の話を聞いてくれた

I’m not sure what I’m trying to say
It could be I’ve lost my way
Though I keep a watch over the distance
Heaven’s no closer than it was yesterday

何が言いたいのかよくわからない
道に迷ったのかもしれない
距離を置いて見守っているが
天国は昨日より近くない

And the angels are older
They know not to wait up for the sun
They look over my shoulder
At the maps and the drawings of the journey I’ve begun

天使の方が年上
彼らは太陽を待ってはいけないことを知っている
彼らは私の肩越しに見ている
私が始めた旅の地図と図面で

Now the distance leads me farther on
Though the reasons I once had are gone
I keep thinking I’ll find what I’m looking for
In the sand beneath the dawn

今や距離は私をさらに遠くへと導く
かつての理由は消えてしまったが
自分の探しているものを見つけようと思い続けている
夜明けの砂の中で

But the angels are older
They can see that the sun’s setting fast
They look over my shoulder
At the vision of paradise contained in the light of the past
And they lay down behind me
To sleep beside the road till the morning has come
Where they know they will find me
With my maps and my faith in the distance
Moving farther on

しかし、天使は年上である
日が沈むのが早いのが分かる
彼らは私の肩越しに見ている
過去の光の中に含まれる楽園のビジョンで
そして、彼らは私の後ろに横たわった
朝が来るまで道のそばで眠ること
彼らが私を見つけることを知っているところで
私の地図と遠方への信仰をもって
先へ先へ

The Late Show ザ・レイト・ショー

Jackson Browne – The Late Show (Late For the Sky – 1974)

Everyone I’ve ever known has wished me well
Anyway that’s how it seems, it’s hard to tell
Maybe people only ask you how you’re doing
‘Cause that’s easier than letting on how little they could care
But when you know that you’ve got a real friend somewhere
Suddenly all the others are so much easier to bear

知り合いの誰もが 私が良くなることを望んでいる
とにかくそうみえるけど わかりにくい
人はあなたがどうしているかを聞くだけかもしれない
彼らが気にしてないことを 打ち明けるより簡単だから
でも、どこかにあなたの本当の友達がいると知ったら
急に他のすべての人は耐えやすくなる

Now to see things clear it’s hard enough I know
While you’re waiting for reality to show
Without dreaming of the perfect love
And holding it so far above
That if you stumbled onto someone real, you’d never know
(You’d never know)
You could be with somebody who is lonely too
(Sometimes it doesn’t show)
He might be trying to get across to you
(Words can be so slow)
When your own emptiness is all that’s getting through
There comes a point when you’re not sure why you’re still talking
I passed that point long ago
(Long ago)
Now I’m so tired of all this circling
And all these glimpses of the end
(You know it’s useless to pretend)
That’s all the voices say:
“You’ll go right on circling
Until you’ve found some kind of friend”

今は物事をはっきりさせるのは難しいが
現実が現れるのを待っている間に
完璧な愛を夢見ることなく
そして、それをはるか上に維持してる
誰かに出くわしたとしても、それを知ることはない
(あなたは知らないだろう)
あなたも寂しい人と一緒にいられるかもしれない
(表示されないこともある)
彼はあなたに伝えようとしているのかもしれない
(言葉ってこんなに遅いんだ)
自分の空虚さが全てのものを通しているとき
なぜまだ話をしているのかわからない時がある
私はずっと昔にそのポイントを過ぎた
(ずっと前に)
今、私はこのすべてのサークルにとても疲れている
そして、これらのすべての終わりの垣間見ることができる
(ふりをしても無駄だとわかっている)
声はそれだけ
“あなたはこのまま周回する 友達を見つけるまで”

I saw you through the laughter and the noise
You were talking with the soldiers and the boys
While they scuffled for your weary smiles
I thought of all the empty miles
And the years that I’ve spent looking for your eyes
(Looking for your eyes)
And now I’m sitting here wondering what to say
(That you might recognize)
Afraid that all these words might scare you away
(And break through the disguise)
No one ever talks about their feelings anyway
Without dressing them in dreams and laughter
I guess it’s just too painful otherwise

笑い声と雑音の中からあなたを見た
兵士や少年たちと話していた
彼らがあなたの疲れた笑顔を奪い合う間に
私はすべての空のマイルを考えました
あなたの瞳を探して過ごした年月も
(あなたの瞳を探して)
そして今、私はここに座って何を言ったらいいのか悩んでいる
(あなたが知っているかもしれない)
これらの言葉があなたを遠ざけるかもしれないことを恐れている
(そして偽装を突破する)
感情を語らない人はいない
夢と笑いで飾らずに
そうでないと痛すぎるんだよ

Look…
It’s like you’re standing in the window
Of a house nobody lives in
And I’m sitting in a car across the way
(Let’s just say)
It’s an early model Chevrolet
(Let’s just say)
It’s a warm and windy day
You go and pack your sorrow
The trash man comes tomorrow
Leave it at the curb and we’ll just roll away

見て…
窓の中に立っているような感じで
誰も住んでいない家の
向かいの車に座っていて
(とりあえず言う)
初期モデルのシボレー
(とりあえず言う)
暖かくて風の強い日が続いている
あなたは哀しみを詰め込んでいく
ゴミ集めは明日来る
縁石に置いておけば、私たちはただ転がり去るだけ



The Road And The Sky 道と空

The Road and the Sky (2014 Remaster)

When we come to place where the road and the sky collide
Throw me over the edge and let my spirit glide
They told me I was going to have to work for a living
But all I want to do is ride
I don’t care where we’re going from here
Honey, you decide

道と空がぶつかる場所に来たら
私を端に投げ飛ばして、私の魂を滑らせて
彼らは私に生活のために働かなければならないと言う
でも私がしたいことは乗ることだけ
ここからどこへ行くのか気にしない
ハニー、あなたが決めて

Well I spend my time at the bottom of a wishing well
And I can hear my dreams singing clear as a bell
I used to know where they ended and the world began
But now it’s getting hard to tell
I could be just around the corner from Heaven or a mile from Hell

願い事の底で時間を過ごしている
夢の歌声が鐘のようにはっきりと聞こえてくる
それらがどこで終わり、世界が始まったか 私は知っている
しかし、今では、それを伝えるのが難しくなってきている
私は天国の角にいるかもしれないし、地獄から1マイルかもしれない

I’m just rolling away from yesterday
Behind a wheel of a stolen Chevrolet
I’m going to get a little higher
And see if I can hot-wire reality

昨日から転がしているだけ
盗まれたシボレーのハンドルの後ろに
もう少し高くなってもいいかな
そして、私は現実にエンジンをかけることができるか確認して

Now can you see those dark clouds gathering up ahead?
They’re going to wash this planet clean like the Bible said
Now you can hold on steady and try to be ready
But everybody’s gonna get wet
Don’t think it won’t happen just because it hasn’t happened yet

暗黒の雲が前に集まっているのが見えるか?
彼らはこの惑星をきれいに洗おうとしている 聖書が言ったように
これで安定した状態を維持し、準備ができるようになる
しかし、誰もが濡れるだろう
まだ起きていないからといって、起きないと思うなよ

I’m just rolling away from yesterday
Behind the wheel of a stolen Chevrolet
I’m going to get a little higher
And see if I can hot-wire reality

昨日から転がしているだけ
盗まれたシボレーのハンドルの後ろに
もう少し高くなってもいいかな
そして、私は現実にエンジンをかけることができるか確認して

For A Dancer ダンサーに

For A Dancer- Jackson Browne & David Lindley

Keep a fire burning in your eye
Pay attention to the open sky
You never know what will be coming down
I don’t remember losing track of you
You were always dancing in and out of view
I must have thought you’d always be around
Always keeping things real by playing the clown
Now you’re nowhere to be found

あなたの目に火を灯し続けて
開いた空に注意を払って
何が落ちてくるかわからない
私はあなたを見失ったことを覚えてない
視界に入っても入らなくても、いつも踊ってたね
いつもそばにいると思っていたに違いない
ピエロを演じることで常に現実を維持している
今や君はどこにもいない

I don’t know what happens when people die
Can’t seem to grasp it as hard as I try
It’s like a song I can hear playing right in my ear
That I can’t sing
I can’t help listening
And I can’t help feeling stupid standing ‘round
Crying as they ease you down
‘Cause I know that you’d rather we were dancing
Dancing our sorrow away
(Right on dancing)
No matter what fate chooses to play
(There’s nothing you can do about it anyway)

人が死んだらどうなるかわからない
頑張っても把握できないようだ
耳元で流れている歌のようなもの
私が歌えないこと
聞かずにはいられない
周りに立っているのが馬鹿らしくて仕方がない
泣くのは、彼らがあなたを楽にするように
私たちが踊っている方がいいと思っていることを 知っているから
私たちの悲しみを離れて踊る
(踊ることに賛成)
どんな運命の選択をしても
(どうせ何もできない)

Just do the steps that you’ve been shown
By everyone you’ve ever known
Until the dance becomes your very own
No matter how close to yours
Another’s steps have grown
In the end there is one dance you’ll do alone

表示されている手順を実行するだけ
あなたが知っているすべての人によって
ダンスがあなた自身のものになるまで
どんなにあなたに近くても
別のステップが成長する
最後には一人で踊ることになる

Keep a fire for the human race
Let your prayers go drifting into space
You never know what will be coming down
Perhaps a better world is drawing near
And just as easily it could all disappear
Along with whatever meaning you might have found
Don’t let the uncertainty turn you around
(The world keeps turning around and around)
Go on and make a joyful sound

人類のために火を絶やさないで
あなたの祈りを宇宙に漂わせて
何が降りてくるかわからない
もしかしたら、より良い世界が近づいているのかもしれない
そして、おなじようにすべてが簡単に消えるかもしれない
あなたが見つけたかもしれないどんな意味と一緒に
不確実性に振り回されるないで
(世界がぐるりと回り続ける)
喜びの声をあげて

Into a dancer you have grown
From a seed somebody else has thrown
Go on ahead and throw some seeds of your own
And somewhere between the time you arrive
And the time you go
May lie a reason you were alive
But you’ll never know

あなたは成長したダンサーに
他の誰かが投げた種から
先に進んで 自分の種を投げてみてください
そして、あなたが到着するまでの間のどこかで
そして、あなたが行く時間は
あなたが生きていた理由があるかもしれない
しかし、あなたは決して知らない

Walking Slow ウォーキング・スロウ

Walking Slow (2014 Remaster)

Walking slow down the avenue
Through my old neighborhood
Don’t know why I’m happy
I’ve got no reason to feel this good
Maybe it’s because I’m all alone
And I’ve got no place to go
And everywhere I look I see
Another person I’ll never know

大通りをゆっくり歩く
昔のご近所を通って
なぜ幸せなのかわからない
こんなにいい気分になる理由がない
一人ぼっちだからかもしれないけど
そして、私は行くところがない
どこを見ても
私が知らない他人

I got a thing or two to say
Before I walk on by
I’m feeling good today
But if die a little farther along
I’m trusting everyone to carry on

言いたいことがある
歩いて行く前に
今日は気分がいい
しかし、もう少し先に死ぬなら
みんなを信じて続けよう

Pretty little girl…
Running up and down the street with no shoes on
I got a pretty little girl of my own at home
Sometimes we forget we love each other
And we fight for no reason
I don’t know what I’ll do if she ever leaves me alone

可愛い女の子…
靴を履いていないのに道を走っている
自宅に可愛い自分の娘がいる
時には私たちはお互いを愛していることを忘れてしまうことがあります。
そして、我々は理由もなく戦う
彼女が出て一人になったらどうしよう

I got a thing or two to say
Before I walk on by
I’m feelin’ good today
But if I die a little farther along
I’m trustin’ everyone to carry on

言いたいことがある
歩いて行く前に
今日は気分がいい
でも、もう少し先に死ぬなら
みんなを信じて続けよう

I’m puttin’ down my left foot
I’m puttin’ down my right foot

左足を下ろして
右足を下ろして

I got a thing or two to say
Before I walk on by
I’m feelin’ good today
But if I die a little farther along
I’m trusting everyone to carry on

言いたいことがある
歩いて行く前に
今日は気分がいい
でも、もう少し先に死ぬなら
みんなを信じて続けよう



Before The Deluge ビフォー・ザ・デリュージ

Jackson Browne with David Lindley – 06 Before The Deluge, June 26, 2010

Some of them were dreamers
And some of them were fools
Who were making plans and thinking of the future
With the energy of the innocent
They were gathering the tools
They would need to make their journey back to nature
While the sand slipped through the opening
And their hands reached for the golden ring
With their hearts they turned to each other’s heart for refuge
In the troubled years that came before the deluge

中には夢想家もいた
愚か者もいた
誰が計画を立てていたのか、未来を考えていたのか
無邪気なエネルギーで
道具を集めていた
彼らは自然に戻る旅をする必要がある
砂が開口部をすり抜けていく間に
そして彼らの手は黄金の指輪に伸びた
互いの心の中に逃げ場を求めて
大洪水の前の苦難の時代には

Some of them knew pleasure
And some of them knew pain
And for some of them it was only the moment that mattered
And on the brave and crazy wings of youth
They went flying around in the rain
And their feathers, once so fine, grew torn and tattered
And in the end they traded their tired wings
For the resignation that living brings
And exchanged love’s bright and fragile glow
For the glitter and the rouge
And in the moment they were swept before the deluge

喜びを知っている者もいた
痛みを知っている者もいた
彼らの中には、その瞬間だけが重要だったのだ
勇気と狂気に満ちた青春の翼の上で
雨の中を飛び回り
そして、その羽は、かつてはとても立派だったが、破れてぼろぼろになった
そして最後には疲れた翼を交換した
生きることがもたらす諦念のために
そして、愛の輝きと儚さを交換した
きらめきとルージュのために
そして、その瞬間、彼らは大洪水の前に流された

Now let the music keep our spirits high
And let the buildings keep our children dry
Let creation reveal its secrets by and by
By and by…
When the light that’s lost within us reaches the sky

さあ、音楽で気分を高揚させよう
建物が子供たちを濡らさないように
創造の秘密を解き明かす
傍らで、傍らで…
私たちの中で失われた光が空に届くとき

Some of them were angry
At the way the earth was abused
By the men who learned how to forge her beauty into power
And they struggled to protect her from them
Only to be confused
By the magnitude of her fury in the final hour
And when the sand was gone and the time arrived
In the naked dawn only a few survived
And in attempts to understand a thing so simple and so huge
Believed that they were meant to live after the deluge

怒っている人もいた
地球が悪用されたことで
彼女の美しさを力に変える方法を学んだ男たちによって
そして、彼らから彼女を守ろうと奮闘した
勘違いされるだけ
最後の時間の彼女の怒りの大きさによって
そして、砂がなくなり、時が来たとき
裸の夜明けに数人だけが生き残った
単純で巨大なものを理解しようと
大洪水の後に生きる運命を信じた

Now let the music keep our spirits high
And let the buildings keep our children dry
Let creation reveal its secrets by and by
By and by…
When the light that’s lost within us reaches the sky

さあ、音楽で気分を高揚させよう
建物が子供たちを濡らさないように
創造の秘密を解き明かす
傍らで、傍らで…
私たちの中で失われた光が空に届くとき

PC用関連コンテンツ

シェアする

『【レイトフォーザスカイ】全8曲を和訳。Deepl翻訳やけど』へのコメント

  1. 名前:ヒサ 投稿日:2020/12/24(木) 19:32:35 ID:419a6538b

    大変お久しぶりです。
    だいぶ前にお引っ越しされていらっしゃったんですね。
    ご挨拶が遅くなって大変申し訳ありませんでした。

    この記事は読書の感想と違うので、ちょっと驚きましたけど、
    いろいろと深く掘り下げていらっしゃるのですね。
    勉強になりました(笑)
    大変な世の中になっていますけど、お体にはお気をつけて
    元気に頑張ってください!

  2. 名前:don 投稿日:2020/12/27(日) 11:23:36 ID:961fb095b

    ヒサさん、ご無沙汰しています。
    10年ほど書評サイトやってると、飽きてくることもあります。
    肉ばっかりはあきるみたいな。
    あきが来ないように、いろいろと手を出してます。

    しかし、ほんとに大変な世の中になりましたね。
    会社(仕事)も大丈夫かなってかんじです。
    お互い、精一杯生きていきましょう。