MixedUpEverythingというバンド、売れそう。

Mixed Up Everything

オーストラリア、メルボルンの4人組兄弟バンド。

たぶん多くの人が見た瞬間に思うこと。あ、これ売れるやん。

ハードロック系ではグレタヴァンフリード以来の衝撃です。彼らも兄弟バンドでした。アメリカのザ・ピーターセンズも家族バンド。最近いいなと思ってブログで紹介したバンドがすべて家族兄弟バンドとなってしまった。

まずはこの動画見てください。

RAINBOW – Temple Of The King

ALICE IN CHAINS – Would?

BLUR – Song 2

カバーばっかりやけど、ええ感じでしょう。

MixedUpEverythingのメンバー構成と年齢

  • Kevin Dhima – Drums 19才
  • Blake Dhima – Guitar 17才
  • Koby Dhima – Bass, Vocals 16才
  • Todd Dhima – Vocals, Guitar 20才



オフィシャルサイトのDeepl翻訳

MIXED UP EVERYTHINGは、オリジナル曲を書き始めた頃から2016年に結成されたメルボルン出身のオーストラリアのハードロックバンド。バンドはトッド・ディーマ、ケビン・ディーマ、ブレイク・ディーマ、コビー・ディーマの4人兄弟で構成されている。

3歳から6歳の子供たちが、両親の前でテニスラケットを持って、ドラムスティックでお母さんのクッションを叩きながら、オフスプリング、チリ・ペッパーズ、U2、ボン・ジョヴィ、オードリーブ、ブリンク、グリーン・デイ、マッチボックス20になりすまして、「ロックスター」を演じていたことから始まりました。8歳の時、トッドは初めてギターを手にし、父親の友人だったジョンという男から初めて正しいコードを学びました。一年後、ケヴィンは初めてエレクトリック・ドラム・キットを手に入れ、二人は学校だけでなく個人的にも音楽のレッスンを受け始めました。彼らの最初のパフォーマンスは小学校で行われ、Smoke On The Water、You Really Got Me、You Give Love A Bad Name、Sunshine Of Your Loveなどの恥ずかしくて言えない曲を披露した。

ブレイクが初めて左利きのアコースティック・ギターを手にし、コビーがキーボードを弾き始めるまでにはそう時間はかかりませんでした。ママはケビンに “どんな音楽を弾くの?”と尋ねた。と聞かれたケヴィンは3歳の時にベビートークで “Mixed Up Everything “と答え、バンド名は固まってしまった。

時間が経ち、彼らの自信が高まるにつれ、ミックスド・アップ・エヴリシングは彼らの才能と音楽をストリートに持ち出し、メルボルン中の多くの野外会場でバスキングを行い、メルボルンのバーク・ストリート・モールの常連となった。彼らはまた、ヨーロッパを横断する旅に出て、夕食のために文字通り歌って、クラブやパブで演奏するようになりました。彼らはどこで演奏しても大観衆を魅了した。

ミックスド・アップ・エブリシングはYouTubeのチャンネルに自分たちのカバーをアップロードし始め、メタリカ、ニルヴァーナ、3ドア・ダウン、ストーン・テンプル・パイロッツ、パール・ジャム、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、スコーピオンズ、ブッシュ、アリス・イン・チェインズ、ブリンク182、そしてもちろんザ・オフスプリングのカバーをほぼ完璧にカバーし、自分たちの才能と多才さをアピールしていた。

最初の適切な「認知度」は2012年に彼らのお気に入りであるThe Offspringから来ている。想像できるかもしれませんが、オフスプリングの曲を見事にカバーした若い “whipper snappers “たちのシェアやコメントがソーシャルメディア上を “覆った “のです。同年、ケヴィンはNo Doubtがファンに向けて行ったドラムコンテストに参加し、彼らの曲「Push and Shove」のドラムパートをカバーしました。優勝者にはバンドのサイン入りドラムキットが贈られることになっていた。ケビンはベストを尽くしましたが、No Doubtのドラマーであるエイドリアン・ヤングによると「…コインのトスのような接戦だった」とのことです。ケヴィンはドラムキットを手に入れることはできなかったが、バンド全員のサイン入りスネアスキンを手に入れ、今でも彼のドラムキットの上の壁に飾ってある。

彼らの驚くべき努力は、決して気づかれることはありませんでした。それ以来、彼らはフー・ファイターズ、メタリカ、オフスプリング、スコーピオンズ、ストーン・テンプル・パイロッツ、ベルベット・リボルバー、ティー・パーティー、コーン、そしてオーストラリア、そして世界中の多くのラジオ局、新聞、ウェブサイトから高い評価を得ています。最近では、いくつかのカバービデオがバイラルになったことで、彼らのソーシャルメディアのアカウントが「爆発的に」増えました。世界中の人々が彼らのビデオを共有しているのは、彼らの才能、強い労働倫理、本物の音楽と本物の楽器への明らかな愛情を高く評価しているからだ。

しかし、Mixed Up Everythingは、自分たちの好きなミュージシャンの曲をカバーするだけの才能ある子供たちの集まりとして知られることを拒否している。彼らは大きな夢を抱いており、アリーナを完売させ、大きなフェスティバルのヘッドラインを務めるオリジナル・ロック・グループとして知られるようになりたいと考えている。

デビューアルバム『Ex-Nihilo』は2017年末にリリースされ、2020年初頭のリリースに向けてフォローアップも順調に進んでいる。3人のレフトとトッドは、チャートのトップを目指し、ケツを蹴り、名を落とすことを目指している。

AmazonMusic貼っときます。ニルヴァーナ、レッチリ、フーファイっぽい音。上2つはシングルで、一番下のが3年前のフルアルバム。まだキッズバンドですがなかなかの完成度。

PC用関連コンテンツ

シェアする