【伝え方が9割/佐々木圭一】要約まとめ

全206pが1時間10分ぐらいで読めます。夜の7時から読み始めて8時10分で読み終わりました。難しい本は1時間で30p~50p。軽めの経済本や小説が1時間で80p~100p。だいたいこのパターンで精読してるのですが、1時間で200pというのは、よっぽど読みやすいという事なんでしょう。

中身がスカということではなく、読者に読みやすい構成や文章を提供しているという事です。そのあとじっくりプロ野球が見れてよかった。有意義な一日でした。



近所の本屋のビジネス本ランキングで今日は1位でした。息が長い。図書館でも人気でようやく回ってきました。著者は人気コピーライターで作詞家。上智大学大学院から97年博報堂に入社。米国でも2年ほど仕事をして、国際的な広告賞を何点かとってるようです。

この本は大きく分けると、

①人にモノを頼むときにノーをイエスにする伝え方
②人を感動させて動かす言葉の作り方

について書かれています。生きていくためには、どんな資格よりもまず伝え方を学ぶべきだと。

人にモノを頼むとき

1.自分の頭の中をそのままコトバにしない
デートしてほしい⇒デートしてください×

2.相手の頭の中を想像する(7つの切り口)

・相手の好きなこと
デートしてください⇒驚くほど美味いパスタはどう?

・嫌いなこと回避
芝生に入らないで⇒芝生に入ると農薬の臭いがつきます

・選択の自由
デートしてください⇒驚くほど美味いパスタの店と、石釜フォカッチャの店とどちらがいい?

・認められたい欲を満たす
残業お願いできない?⇒きみの企画書が刺さるんだよ。お願いできない?

・あなた限定
自治会のミーティングに来てください⇒ミーティング、他の人が来なくても、斉藤さんだけは来て欲しい。

・チームワーク化
勉強しなさい⇒いっしょに勉強しよう

・感謝
領収書おとしてください⇒いつもありがとう。領収書お願いできますか?

3.相手のメリットと一致するお願いをつくる⇒上記



人を感動させる強いコトバをつくる

1.サプライズ法:
①伝えたい言葉を決める

②適したサプライズワードを入れる
「語尾に !」:好き⇒好き!
「びっくり、~」:今日はいい天気⇒びっくり、今日はいい天気
「そうだ、~」:京都、行こう⇒そうだ 京都、行こう
「ほら、~」
「実は、~」
「凄い、~」
「信じられない、~」
「あ、~」:小林製薬⇒あ、小林製薬

2.ギャップ法:
①最も伝えたいコトバを決める

②伝えたいコトバの正反対のワードを考え前半にいれる

・考えるな、感じろ  by燃えよドラゴン

・事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ  by踊る大捜査線

・死ぬことに意味を持つな、生きるんだ  by金八先生

・お前のためにチームがあるんじゃねえ、チームのためにお前がいるんだ byスラムダンク

・No1にならなくていい、もともと特別なオンリーワン by世界に一つだけの花

・高く固い壁と、それに当たって砕ける卵があれば、私は常に卵の側に立つ by村上春樹

・これは私の勝利ではない、あなたの勝利だ  byオバマ

3.赤裸々法:
①最も伝えたいコトバを決める

②自分のカラダの反応を赤裸々にコトバにして前半に入れる

・くちびるが震えてる。あなたが好き

・何も考えられない。お腹がすいた。

・上を向いて歩こう 涙がこぼれないように by坂本九

・息を切らしてさ 駆け抜けた道を byミスチル

4.リピート法:
①最も伝えたいコトバを決める

②くり返す

・人民の、人民による、人民のための政治 byリンカーン

・遠く 遠く 離れゆく エボシライン~ by希望の轍

・まいにち まいにち ぼくらは鉄板の~ byおよげたいやきくん

5.クライマックス法:
①いきなり伝えたい話をしない

②クライマックスワードからはじめる

・ここだけの話ですが、~

・誰にも言わないでください、~

・これだけは忘れないでください、~

(関連記事)

「伝え方が9割 2」

https://book-jockey.com/archives/6886

PC用関連コンテンツ

シェアする