ワードプレスでFatal error: Allowed memory sizeのエラーが出た。エックスサーバー。

Fatal error。それは致命的なエラー。

なんか恐ろしい。素人ですが、なんとか直りました。

今回はワードプレスでブログ書いてる人で、サーバーがエックスサーバーな人向けの記事です。まず結論。

エックスサーバーで以下の処置すると直った

①サーバーパネルにログイン

②「php.ini設定」をクリック

③ドメイン名を選択(直したい自分のサイト名)

④下段のその他設定までスクロール

⑤設定を以下にしました。

Fatal error: Allowed memory size

修正したのは以下です。

設定 初期値 修正後
memory_limit 200M 400M
post_max_size 30M 50M
upload_max_filesize 30M 50M



Fatal error: Allowed memory sizeになった経緯

[エラー] BackWPup ログのメールが最近よく来ます。

気持ちわるいので直そうとググると、PHP(プログラム言語)のバージョンを上げるとエラーが出なくなると。

エックスサーバーのサーバーパネルで、PHPのバージョンを上げました。

すると特定ページを編集しようとすると以下のメッセージが出るようになった。

『Fatal error: Allowed memory size of 268435456 bytes exhausted (tried to allocate 167936 bytes) in /home/●●●/●●●.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 1989』

PHPのバージョンを元に戻すと、エラーは出なくなる。

特定ページとは、固定ページ「本/過去記事一覧」です。

ほかのページは、編集ボタン押してもエラーが出ない。なぜかこのページだけ。

本のまとめ約900記事にリンク貼ってます。これが重いのか。このページを分割することも考えましたが、固定ページの設定方法を忘れてしまったw 実力不足です。

それでググるとwp-config.phpに「define('WP_MEMORY_LIMIT''64M');」を追記するとよい、という記事がヒットする。

しかしwp-config.phpがどこの場所にあるか、さっぱりわからんw

その他の方法として、プラグインがメモリを食うので、減らすべき適正値は15個ぐらいというのがあり、16個あったので1つ減らしました。でも直らなかった。これ以上減らすのはムリ。

もっとググると、エックスサーバーは「php.ini設定」を修正すればいいと。これや!

設定数値までは書いてなかったので、だいたいの数値入れときました。

数値を上げる副作用についてググった。他のリソースを食うので、上げすぎは良くないそうです。なので小出しに上げました。

その後、PHPのバージョン上げましたが、エラー出なかった。これで[エラー] BackWPup ログも来なくなるはず。

ここまでトライアンドエラーで、半日つぶれてしまった。あ~疲れた。

Try and Love Again ♪

Try and Love Again (2013 Remaster)

PC用関連コンテンツ

シェアする