ラグビーに関する5つの疑問。わかりにくい2つのルールなど。

ラグビーワールドカップ、思いのほか面白いですよね。

上の写真は左から順にオッズが低い国です。4組×5チーム=20チームが世界100ヵ国から勝ち上がって参加。各組上位2チームが本選というかトーナメントに進む。実力通りだと日本はベスト8トーナメントに出られない。しばらくハラハラが続きます。

先週、今週とラグビー好き3人と飲んだので、長年のラグビーに関する疑問をぶつけてみました。ぼくはラグビー未経験者です。だけど会社が社会人ラグビーやってるので、通算で20回は観戦にいってます。それでもルールがよくわかってない。

この2週で飲んだ3人は大学ラグビー経験者。3人とも神戸開催の4試合は半休とって見に行くそう。仕事しろよw。ワールドカップは地元優先。今はチケット高騰してますが地元民は先行で3500円ぐらいでチケット取れてます。

明石市民が怒ってたけど神戸市民はチケット優先されたけど、明石市民はあかんかった。兵庫県民にすべきやったと。ウソかほんとかわからんけど、ほんとやったらヒドイよね。




5つの疑問とは以下です。1と2はルールに関することです。長年見ててこれがよくわかってなかった。

1.ボールが外に出た時、どこからどっちのチームが投げるのかわからん

2.なぜボールを落としてもノックオンじゃないの?

3.なぜ南半球は強いのか?

4.なぜ予選組を4チームにして、本選を16強にできないのか?

5.なぜ番狂わせが起きにくいのか?

それでは順にいきます。

ボールが外に出た時、どこからどっちのチームが投げるのかわからん

タッチライン(サイドライン)からボールが外に出ていきますよね。サッカーならボールを出したチームの相手チームが、出た場所からボール投げ入れてゲーム再開。1つのパターンしかないのでわかりやすいです。

しかしラグビーは4つのパターンがある。それを酔っ払いながら居酒屋で聞いてました。家に帰ってググったら、とてもわかりやすくまとめてるサイトがあったw

PKかどうか 蹴った場所 バウンド 投げる場所 どっちのボール
①PK どこでも どちらでもOK 外に出た地点 マイボール
②PK以外 自陣22m内側 どちらでもOK 外に出た地点 相手ボール
③PK以外 自陣22m外側 ワンバウンド 外に出た地点 相手ボール
④PK以外 自陣22m外側 ノーバウンド 蹴った地点横 相手ボール

・PKとはペナルティキックのことです。相手の反則でもらったPKでタッチラインを割ると、マイボールラインアウトで試合を再開できる。

・22mラインとは自陣奥深いところのラインです。攻め込まれてた時のキックは陣地を挽回できる。

なぜボールを落としてもノックオンじゃないの?

単純にボールを落としたらノックオンだと思ってました。なのにノックオンにならないときがある。これが長年の疑問。

聞いてみると前に落とすのがノックオン。後ろに落とすのはノックオンにならない。なので高く上がったボールは、後ろを向いてキャッチするよう、学生時代は指導されてたそうです。なるほど。

なぜ南半球は強いのか?

ニュージーランドにラグビー留学した後輩が語りました。後輩は一流選手じゃないんですが、自分ではそれなりに自信があって、就職後に会社を辞めて自費でニュージーランドに行きました。NZで1年、豪で1年。きっぱりとレベルの違いを受け入れて、再就職していまは同じ会社で働いてます。

「NZは違うんですよ。日本の子どもが野球やサッカーで遊ぶみたいに、ラグビーボールで家の近所で遊んでる。それとどこでも芝生が生えてるのでダイブしやすい。日本は土のグランドばかりなので子供がダイブすると痛い」

すそ野が広くてラグビー人口が多いし、環境もいい。

余談ですが、後輩くんはキウイを皮をむかずにリンゴのように丸かじりします。あれは衝撃でした。「NZの人はみんなそうですよ」だそうです。いやイガイガするでしょw




なぜ予選組を4チームにして、本選を16強にできないのか?

ラグビーってなんで3勝1敗で予選通過できないのか?っていう話です。

サッカーは4チームx8組の32チーム。1組4チームのうち2チームが本選に勝ちあがる。なのであまり勝ってなくても16強のトーナメントには出れる。予選突破確率は2分の1。

一方でラグビーは5チームx4組の20チーム。1組5チームのうち2チームが本選に勝ちあがる。2チームx4組のベスト8が本選トーナメント。厳しいですよね。

なんでサッカーみたいに32チームまで増やさへんの?

試合にならないそうです。強豪国とそれ以外の国のレベルが違いすぎると。基本的に南半球とイギリス絡みの国のスポーツ。上位のベスト8は強い。それに少しの先進国が加わる。

現状の20チームでも大差のゲームスコアになる。なのでこれ以上は増やせない。

ラグビーのトップレベルの選手は年棒が約1.5億円レベルです。一方でサッカー、アメフト、野球、バスケ、テニスなどの一流選手は年棒が数十億円になります。

選択肢の広い国の運動神経いい人たちは、みんなそっちへ流れていきますよね。

なぜ番狂わせが起きにくいのか?

球技の場合、身体に近い、手に近いところはミスが少なくて、番狂わせが起きにくいそうです。これはむかし会社の先輩が語ってました。

先輩は野球のオリンピック銀メダリストです。むかしはノンプロでチームを組んでたので日本代表に選ばれた。

社会人のスポーツ団は引退すると会社でサラリーマンとして仕事します。同じ部署にいた時があって、よく飲みに連れて行ってもらった。

野球でいえば投手は計算できるけど、細長いバットをコントロールするのは難しい。打線は水物です。

サッカーは足でするから、よく番狂わせがおこる。

ラグビーの不確定要素は、楕円の球がどっちに転ぶかと天候要因ぐらいか。湿気でボールがコントロールできないとか言ってましたよね。

今日の1曲はユーミンのこの歌♪ いい歌ですよね。

そういえば先週、ニューバランス574のオールブラック発見しました。

574が好きで2足履いてるんですが、そろそろ黒&グレーが買い替え時。このカラーリングが復活したのは3~4年ぶり。売り切れるとまた4年ほど待つ必要があるので買っとこうかな。




シェアする

フォローする