カワハギ刺身(姿造り)の値段相場はいくらなのか?

たまには「グルメブログ」みたいな記事を。

みなさんは、どんな白身魚がお好きですか?

ヒラメ、フグ、タイ、カワハギ、コチ、オコゼ。白身の刺身で思いつくのは、このへんでしょうか。

フグは高いし宴会用。ヒラメは大好きですが1匹はデカすぎ。タイも同じく。刺身は盛り合わせっていうのはなんか味気がなくて、一匹ど~んと出てきた方が雰囲気あって好きなんです。

コチやオコゼは接待店じゃないと出てこないし、高級魚すぎる。となるとコンパクトサイズで、フグとちがってキモも味わえるカワハギがいい。2人で食べてもそんなに高くないし。

今日は、なじみの居酒屋の料理をご紹介。カワハギのお造り。カワが硬くて皮をはぐのでカワハギ。顔が皮剥がれてちょっとグロw




だいたい予約して行くんですが、
「なんか、ほしいものありますか?」
「そうやねえ、カワハギのつくりが食べたい」
「煮つけやったら安いけど、つくりは結構高いですよ」
「そう?そんなら大将にお任せしとく。なんか安くてうまいやつ」

これいくらやと思います?
大将曰く「仕入れが1200円。300円だけ料理代もらって1500円にしときます」

姿造りは1人800円x人数を目安にしてるそうです。それで出せる安くていいサカナがあったら出してくれる。

仕入れは相場だと思います。刺身で食べれる近海ものは、魚屋さんでだいたい3000円/キロぐらい。魚は1匹4~500gなので、1200円ぐらいは妥当。カワハギお造りは、3000円/1匹ぐらいで出す店が多いと思う。もちろん板前さんの仕事が丁寧な高級店は、もっと高いです。それこそピンキリ。

キモは煮つけが美味い。アラの煮つけもいっしょに出してくれた。これはサービス。いつもサービスしてくれるわけではないけど、気がむいたら安くしてくれる。

さしみは日本酒で。肝とアボガド&生ハムはアルパカ赤ワインで。アルパカは1本1000円。酒屋の2倍価格で提供してくれる。

週一で通ってるので、大将に無理いって置いてもらった。値付けはぼくが提案した。個人的には日本中の居酒屋に、1本1千円でアルパカ置いてほしい。間違いない味やし。大将曰く、よく売れてるそうです。まあアルパカあったらみんな飲むわな。安いし美味いし。




フランスパンの上にアボガド、生ハム、トマトがのる。これが濃厚で美味い。たいていのワイン好きは絶賛する。要予約の人気メニューです。これは4個で600円。

この日は2人で5800円。レンチャンだったので酒は抑え気味。
アルパカワイン750mlx1本 1000円
生酒2合x1本 600円
ビール大びんx2本 1200円

カワハギ刺身&キモ煮付け 1500円
アボガド&生ハム 600円
鳥肝煮付け 400円
おでん4個 400円

合計5700円  ん?100円あわんけど、良しとしよう。

踊ろよ、フィッシュ♪ 石田ゆり子が若い!




シェアする

フォローする