【2018年前半の最重要アルバムベスト100】より36枚

ミュージックマガジン上半期ベストアルバム特集号から。

みなさんは今年、お気に入りのアルバムはありましたか?

「新しいのぜんぜん聞いてないよ」って人、多そうですが。

ミュージックマガジンの選ぶ18年上期ベストアルバム

ぜんぶで100枚ですが、洋邦混合です。上位(解説欄が大きいもの)から36枚を以下に。アマゾンミュージックにあるものは、すべてきいてみました。ざっとですが。

トップページはやっぱXXXステンタシオンでしょうね。シンガー寄りでドレイクを後継するラッパーだと思ってました。他界は残念です。葬式のビデオが悪かったのかなぁ・・

カミラ人気はアンチトランプに持ち上げられすぎと思いません?この6枚の中では個人的にはアイム・ウイズ・ハーの1stが好みです。ディキシー・チックスの名盤ホームみたいなアルバム。それとなんといっても小袋君。宇多田のプロデュースで話題。ファルセットは平井堅かとおもった。洋楽ファンはニヤッとするアルバム。1曲目と6曲目はダフトパンクのジョルジオモルダーかと思ったし、フランクオーシャンのナイキみたいな天国ボイスは聴こえるし、プリンスみたいな歪んだギターはあるし。ネタ元を想像しながら聞くのがおもしろかった。

はってるアマゾンは、アマゾンミュージック会員はクリック即聴けます。聴き放題アルバム。会員登録は以下からできます。

ここのベストは「ライ」です。レディオヘッドの2016年のアルバムとか、シュガーロスっぽいかんじの雰囲気にビートが効いてるというか。ライクーダーの新作はまだアマゾンミュージックにありません。

ここはRRNOWがいい。ロバート・グラスパーにしてはわかりやすい。

ここはキューバのバタ・ドラム部門で優勝した経歴を持つブレンダとか、カタルーニャの声シルビアがいい。いわゆるワールドミュージック。

いかがでしたでしょう?お気に入りの作品はありましたか?1枚づつスポティファイとかアマゾンの聴き放題サービスで音源確認するのが楽しいです。新しい出会いがあるかも。

▼広告▼


最近おもしろくないビルボードチャート

ここ数年、ヒットチャートがおもしろくないです。

ビルボードアルバムチャートベスト10。18年8月のチャートはラップが8枚にサントラ2枚とか。18年9月のチャートはラップ7枚にアイドル3枚とか。カントリーも1~2枚は入ってきますが、定常的にチャートの7割がラップになってしまった。

そういや大坂なおみも、セリーナとの決勝前に「ニッキーミナージュのクイーンと、エミネムのカミカゼ聴いてた。ラップが好き」とかいってました。9月15日付チャートでカミカゼは1位、クイーンは7位です。

シングルチャートはもっとひどいよ。18年7月ごろだったか、ビルボード・シングルチャート(US)でベスト20位のうち12曲が「ドレイク」だった。こんなこと全盛期のマイケルやプリンスでもなかった。ビートルズのリアルタイムは経験してないけど、ここまでひどくなかったはず。

いやたしかにドレイクは素晴らしい。ラッパーの中ではシンガー寄りで声もいい。そこは頭1つ抜けてます。それにしても多様性がなくなった。

ドレイクって1年ほど前までユーチューブにほとんど楽曲出さなかったでしょ。サザンオールスターズや山下達郎みたいに。それでみんなスポティファイに集中した。だから売れてると思ってました。スポティファイ1500回再生でCD1枚セールスカウントなので。

ドレイクが17年に稼いだ金は103億円。ここ数年毎年そんな感じ。それにしてもアルバム出しすぎです。ユーチューブにアップすると消費されるのも早くなって、一気にあきられる。

むかしプリンスがレーベルともめたのは、レーベルが3年に1枚ぐらいしか発表するなと言ったから。プリンスは作った曲をどんどん発表したかった。いまのドレイクのように。でもそうするとすぐにあきられる。

しかしドレイクに触発されて、ビーフしてるプッシャTの親玉カニエまで作品を精力的に出しだした。エミネムすら1年ピッチで突然の新作出すし。

みなさんの音楽の情報源は何ですか?

ひとしきりヒットチャートへの不満を書きましたが、みなさんは音楽情報どこで仕入れてますか?うちは半分音楽ブログみたいなものなので、新ネタが必要です。個人的に定期チェックしてるのは以下。

①ビルボードアルバムチャート(サイト)
https://www.billboard.com/charts/billboard-200
数日前に、チャートを発表するブログなんかもあります。

②ビルボードシングルチャート(サイト)
https://www.billboard.com/charts/hot-100
これはユーチューブで毎週まとめられたチャートをチェックするのがいいです。「Music Charts JP」とかお気に入り登録して、リビングのTVでファイアTVでみるのがいいかも。

③スポティファイシングルチャート(サイト)
https://spotifycharts.com/regional
ここも偏ってるんですよね・・VIRALチャートのほうが先鋭です。

④スペシャカウントダウン50(ケーブルテレビ)
https://www.spaceshowertv.com/program/chart_ranking/space_shower_countdown50.html
日本の音楽チャートでは、FMラジオ系に近くていい。エムオンTVとかアイドルばっか。

⑤J-WAVEのチャート(サイト)
https://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/chart/main.htm
ここのチャートもスペシャに近い安心感。先鋭なところはないけど。

⑥毎月のミュージックマガジンで新作チェック(本)
やっぱ本はいいです。紹介するアルバムがちょっと先鋭&マニアック。

⑦ロッキンオン.COMのディスクレビュー(サイト)
https://rockinon.com/disc?category=2
先鋭でもないしダルくもない。中庸でいい。ここ見てストリーミングでチェックするのが、ぼくら一般人の王道かも。

⑧NMEジャパンの新着音楽情報(サイト)
https://nme-jp.com/
洋楽の最新情報。ネタ元にしてる人多いとおもう。

上記で得た情報をもとに、いいアルバムを探します。むかしはユーチューブでチマチマ探してましたが、いまやストリーミング時代。月額1000円ほどで4千万曲聴き放題。気に入ったアルバムあれば、さっとチェックしてます。洋楽新作なら8割以上ある。コストがかからないので、アルバム1枚聴きとおすことが少なくなったけど。

「お!これいいやん」というアルバムは、スマホにダウンロードして通勤で聴きます。何度も聞く作品は、これまた少ないですが。

▼広告▼


個人的な2018年上期ベストアルバム

邦楽のベスト3はPerfumeの新作、サチモスの新作、水曜日のカンパネラの新作でした。実験的サウンドとか音楽的価値とかじゃなくて、たんにヘビロテしたかどうか。「cero」がアマゾンミュージックにないので聴けてないですが。なんでアップしないんだろう。

パヒューム新作のリード曲♪ 新作いいです。BABYMETALの2ndが出たときみたいに、ずーっと聴いてます。前作がローリングストーン誌年間ポップアルバムで16位でしたが、この新作はベスト5ぐらいの出来でしょう。英語圏で日本語作品が上位に食い込むのは困難ですが、サウンドは世界的に評価されていいと思う。まさにフューチャーポップ。個人的に18年ここまででベスト作品。

新作の1曲目。2曲目がボルテージ。黄金の並び。フジロックはイマイチでした。ボーカルが痛い人というのがバレてきた。バンドのつくる音楽は多様性があるし、まだまだ底は見えてない。今後もバンドとして伸びしろがあるかと。

J-POPにこの子を超えるタレントがいない・・魅力的な子です。

洋楽ベスト3はマイケルマクドナルド約10年ぶりの新作、ビーチボーイズ&ロイヤルフィルの共演作、オリヴィア・チェイニーの2ndです。

マイケル・マクドナルド。渋め。マイケルマクドナルドは、「思慕」で初めて聴いた時のようなかんじです。サウンドが落ち着いてる。ジャクソン・ブラウンもそうですが、マイケル・マクドナルドも声のキーが低くなった。それでもいい作品です。今年いちばん安心して聴ける作品。

これまでのMONO音源もステレオになってうれしい。やっぱビーチボーイズは最高です。

今年一番の掘り出し物。オリビア・チェイニーの2作目。レディースオブザキャニオン(3枚目)までのジョニミッチェルと同じ感じ。サイコーです。電気も水も来てない北ヨークシャーの山間にある18世紀のコテージに、古いピアノと薪ストーブを持ち込んで曲作りを行った。演奏はオリビアとプロデューサー兼エンジニアのトーマス、長年彼女と仕事をしてるジョーダンの3人のみ。ミニマルな音。

番外編で今年のベスト動画

今年一番よくみてる動画。レッチリのアンプラグド。晩酌時にTVで何度も見てしまう。

(関連記事)
【音楽業界の動向とカラクリがよくわかる本/大川正義/17年12月初版】
https://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2018-04-07

トラップ(音楽)とは?【USヒップホップの現在】要約まとめ
https://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2017-08-29

【誰が音楽をタダにした?/スティーブン・ウィット/16年9月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2017-04-18

【クリスマスソング洋楽ベスト10(渋め)】おすすめ名曲、和訳&解説
https://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2017-12-19

▼広告▼


シェアする

フォローする

『【2018年前半の最重要アルバムベスト100】より36枚』へのコメント

  1. 名前:raccoon 投稿日:2018/09/13(木) 23:20:59 ID:33c79fb1d

    新しい曲は、さっぱり聴いていないです。

    紹介していただいたビルボードのシングルチャートは、面白いですね。 タイムマシンのようです。
    例えば、1984年の今日にすると、「Missing You」が1位、「Let’s Go Crazy」が2位、3位が「She Bop」
    いずれも、好きでよく聴いた曲でした。

    30年以上前はね、好きでテレビ、ラジオ、カセットで聴いたものですが・・。

    私が、よく観るサイトは、TAP the POP http://www.tapthepop.net/
    です。興味深いコラムが読めます。 新しい曲はないですが(笑

  2. 名前:don 投稿日:2018/09/14(金) 12:44:01 ID:a17b08248

    raccoonさん、こんにちは~
    ほんとだ!過去チャート見れるんですね。知らなかった(笑)。
    最新チャートチェックしか、してなかったです。

    タップザポップいいですよね。
    検索してると何度かこのサイトの記事にあたったことがあります。
    みなさんいい記事書かれてる。