【速報】大坂なおみ全米OP優勝。ニューヨークタイムス記事

大坂なおみの記事がさっそくNYTに出てたので、Deepl翻訳貼っときます。なおみの一つ下の記事は、ムーラン問題。世界最大市場となった中国。利益を取るか正義を取るか。

ニューヨークタイムス大坂なおみ



大坂なおみ、社会正義を訴えながら全米オープンのタイトルを獲得

暴力の犠牲者である黒人の名前を冠したマスクをつけた大坂は、7回の勝利のたびにコートでマスクをつけていた。

大坂なおみはちょうど彼女の 2 番目のアメリカ合衆国オープン シングルス タイトルを確保するために戻ってきた。彼女はビクトリア アザレンカとラケットをタップし、審判長に感謝し、WTA ツアーのメディア関係者に今後の約束について相談していた。

その時だけ彼女は勝利を振り返るための瞬間を取った、彼女は2018年にスターになった青いコートに戻り、その表面にそっと落ちて、背中に横たわって、手を折り、目を大きく開いて、彼女は空を見つめて – すべて一人で – 約20秒間。

この3週間のトーナメントでは、彼女が世界で最もタフなテニスプレーヤーだけでなく、最も困難な社会問題にも挑戦したことで、彼女が味わうべき多くのことがありました。

彼女は両方の前線での圧力を処理し、土曜日の厳しい 1-6、6-3、6-3 の勝利と女子テニスで前面に戻ってきた。彼女は、黒人の暴力被害者を称えるために、試合ごとに異なる名前の7つの異なるマスクを着用していました。彼女は、2014年にクリーブランドで白人警官に射殺された12歳の少年、タミール・ライスの名前を冠したマスクをつけてコートを歩いていた。

“ポイントは、人々が話し始めるようにすることだ “と大坂は授賞式で語った。

大坂の勝利は、2018年のニューヨークでの彼女の最初のタイトルランとは根本的に異なる条件で来た。

その決勝では、彼女はアーサー・アッシュ・スタジアムでウィリアムズが椅子の審判カルロス・ラモスと衝突したときに醜くなった騒然としたストレートセットの試合でセレナ・ウィリアムズを破り、ウィリアムズに対して3つの行動規範違反を呼んだ。観客は、ルールがはっきりしておらず、ウィリアムズの扱いに動揺していたため、表彰式ではブーイングを浴びせ、大坂は彼女の初のグランドスラム・シングルスのタイトルを獲得した直後に涙を流しました。

しかし、アッシュスタジアムは土曜日には、ほぼ空だった、それはコロナウイルスのパンデミックのために許可されていないファンが許可されていないこの異常な全米オープンを通してされているように。

大坂はアザレンカとの対戦ではスタートが遅かったものの、徐々に自分の実力を発揮し、第1セットを失った後に全米女子シングルス決勝で優勝した26年ぶりの選手となった。

最後にそれを管理していたのは、1994年にステフィ・グラフを破ったアランサ・サンチェス・ビカリオだった。

大坂選手は全米オープンでは、人種差別や警察からの暴力に反対する声が多く聞かれました。
大坂は全米オープンの多くの時間を人種差別と警察の暴力に反対するためのスピーチに費やした。
日本代表でアメリカを拠点に活動する大坂(22歳)は、グランドスラムのシングルス決勝で3勝0敗。彼女の巨大なサーブ、パワフルなグラウンドストローク、そしてフィットネスの向上により、2018年の全米オープンと2019年の全豪オープンで優勝したとき、彼女は女子ゲームの指揮権を握る準備ができているように見えた。

しかし、彼女はオーストラリアでの優勝直後にコーチのサッシャ・バジンと驚くほど別れ、同じように輝くフォームを取り戻すのに苦労しました。

昨年、全米オープンのタイトルを防衛したとき、大坂は4回戦でベリンダ・ベンシックに敗れました。1月の全豪オープンでは、彼女はエラーだらけの試合をして、3回戦で大坂が2019年の全米オープンでストレートで破ったアメリカ人のココ・ガウフ(当時15歳)に逆転された。

大坂は明らかに混乱していたが、その後、パンデミックのために5ヶ月間のツアーの中断が来た。ハイチ人の父と日本人の母を持つ白人の娘である大坂は、ミネアポリスの集会に参加し、ソーシャルネットワークや他の場所で発言するなど、社会正義運動に深く関与するようになりました。

ニューヨークで行われた2回戦のダブルヘッダーでツアーに復帰してからも、彼女は活動を続けています。彼女は当初、全米オープンの前週に行われたウェスタン&サザンオープンでの準決勝戦を辞退したが、これはプロバスケットボール、野球、サッカーの選手たちが制度的な人種差別や警察からの暴力に抗議していたことに連帯したものだった。

ツアー関係者は、全日のプレーをキャンセルし、大坂は決勝まで進みましたが、アザレンカと対戦する前に左ハムストリングスを痛めて辞退しました。

大坂は土曜日にもハムストリングを痛めていたが、決勝でアザレンカを破って戻ってきた。第1セット、アザレンカが大坂が復帰する前の第1セットを支配していた。ビクトリア・アザレンカは、第1セットの間、大坂が戻ってくる前に支配的に見えました。

大坂が復帰する前の第1セットでは、ビクトリア・アザレンカが優勢に見えた。第1セット、大坂が戻ってくる前の第1セットではアザレンカが優勢に見えた。ベラルーシ出身のアザレンカ(31歳)は、2012年と2013年の全米オープン決勝でセレナ・ウィリアムズに敗れましたが、木曜日の準決勝では38歳のウィリアムズを破るために立ち上がって、土曜日も同様に説得力のあるスタートを切りました。

アザレンカは、ニューヨークに到着する前の約1年間、ツアーマッチで優勝していませんでしたが、彼女はテニス界のアウトサイダーではありません。彼女は2012年と2013年に51週間No.1だったし、ウィリアムズが女子のゲームのトップで自分自身を取り戻す前に、2つの全豪オープンのシングルスのタイトルを獲得し、アザレンカは後退しました。

彼女は怪我をしたり、ボーイフレンドやコーチとの別れを経験したり、そして最もトラウマになったのは、現在3歳になる息子のレオをめぐって、長く苦しい親権争いに巻き込まれたことでした。

アザレンカは、2011年の全豪オープンで優勝したキム・クリエスター以来、初めてグランドスラムのシングルスタイトルを獲得した母親となりました。アザレンカは第1セットを支配し、ほぼすべてのファーストサーブを打ち、ラリーをコントロールしていたので、すぐに勝てるかと思われましたが、第2セットでは、大坂がラケットを投げつけてきました。大坂は、自分のミスが積み重なり、悔しさのあまりラケットを投げてしまったこともありました。

「1時間以内に負けるのは、とても恥ずかしいことだと思った」と大坂は語り、「本当に悪い態度をとるのはやめよう」と自分に言い聞かせていたと説明した。

アザレンカはプレーレベルを維持することができなかったが、決勝が進むにつれ、彼女のムードとゲームは劇的に改善されていった。第2セットを失い、1-4のビハインドで迎えた第3セットでは、アザレンカが5デュースを取ってサーブをキープした後、次のゲームで大坂のサーブをブレークして3-4まで差を縮めた。

しかし、次のゲームではアザレンカのサーブで30-30となったところで、大坂が高速ラリーを制してブレークポイントを奪い、アザレンカがフォアハンドを並べてインサイドアウトのウィナーを狙ったところでコンバージョンしたため、試合は好転した。

大坂はまだメジャー決勝で負けたことがないが、アザレンカの最後のショット(バックハンド)がネットに当たり、13ショットのラリーが終了した。大坂はネット際でアザレンカと一緒にラケットを叩き、仰向けに寝転んだ。

「マッチポイントの後、みんなが倒れているのをいつも見ているんだけど、自分が怪我をするかもしれないと思っていたから、安全にやりたかったんだ」と彼女は説明した。

このように安全を第一に考えた大会では、選手は定期的にウイルス検査を受け、宿泊先と大会会場に制限されているため、適切なアプローチであると思われた。

「今の世界は決して楽な時代ではない」とアザレンカは試合後のスピーチで涙をこらえながら語っていました。「だから、テレビで見ている何百万人もの人たちの前でプレーできることにとても感謝していますが、残念ながらここではできません」と語った。

月曜日にランキング3位に浮上する大坂は、瞬く間に国際スポーツ界の大スターの一人となり、フォーブス誌ではウィリアムズを抜いて、昨年1年間で最も高給取りの女性アスリートとなり、推定3740万ドルの収入を記録した。

彼女と彼女の両親は、彼女のパワーベースラインゲームを開発したウィリアムズ家のテンプレートに従っています。彼女のロールモデルと同様に、彼女はそのゲームがクリックしているときに抵抗するのは非常に難しいです。彼女はニューヨークで彼女の不安定な瞬間を持っていた。彼女の7つの試合のうち4つで3セットを必要とし、準決勝では、新進気鋭のアメリカ人ジェニファー・ブレイディに対する高品質の勝利を含む。

しかし、大坂は新コーチのウィム・フィセットの助けを借りて、最も必要とされる時に最も説得力のあるテニスを披露しました。

大坂はコート上でもコート外でも自分の主張を明確にして、再びチャンピオンになりました。

Naomi Osaka vs Victoria Azarenka | US Open 2020 Final
PC用関連コンテンツ

シェアする